オツネントンボ&オニヤンマ(2017年9月15日)

9月5日にミヤマシジミを見かけた場所では、オツネントンボがたくさん見られた。

写真1、2はオツネントンボ♀。
♀の尾端はV字型。

▼写真1 オツネントンボ♀ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4562710.jpg

▼写真2 オツネントンボ♀ その1b(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4563896.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

どの個体もなかなか新鮮そうに見える(写真3、4)。
オツネントンボは一年一世代とのことなので、最近羽化したこれらの個体がそのまま越冬するのだろう。

▼写真3 オツネントンボ♀ その2(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4564846.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真4 オツネントンボ♀ その3(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4565785.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

♀が多かったが♂も1匹だけ見つかった(写真5)。
♂の尾端は輪っか状になっている。

▼写真5 オツネントンボ♂(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_457678.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

河川敷を眺めているとオニヤンマが複数飛んでいる。
しばらくするとそのうちの一匹がとまった(写真6)。

▼写真6 オニヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4571573.jpg


拡大してみる(写真7)。

▼写真7 オニヤンマ♂ その1b(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_4572115.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真8は別個体。
複眼は鮮やかな緑色だ。

▼写真8 オニヤンマ♂ その2(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_457318.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真9、10は近所の公園でヘムレンさんが見つけてくれたイトトンボ。
どうもベニイトトンボ♀ではないかと思う。

▼写真9 ベニイトトンボ♀ その1a(2017年9月14日、東京都)
d0303129_4574047.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真10 ベニイトトンボ♀ その1b(2017年9月14日、東京都)
d0303129_4574829.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

観察仲間によるとベニイトトンボやキイトトンボを今年見かけた方がおられるらしい。来年しっかり観察しようと思っていたところ、ベニイトトンボらしい個体が見つかった。来年は初夏の頃からしっかり観察してみたい。

# by mikiosu | 2017-09-15 23:59 | 蜻蛉 | Comments(1)

ルリボシカミキリ&コニワハンミョウ(2017年9月14日)

秋のこの時期は彼岸花にくる黒系アゲハを狙いたい。今季はちょっと思惑もあって何度かチャレンジしている。あまりに撮りすぎて画像の整理が追いつかないのでしばらく他の昆虫の画像でお茶を濁しておきたい(言い訳)。

写真1〜8はルリボシカミキリ。
8月下旬、ヘムレンさんに山梨方面に連れて行ったもらったときに、積んであった材で見つけた。
見つけたときはカップルだった(写真1)。

▼写真1 ルリボシカミキリのカップル(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13164622.jpg


同行のヘムレンさん&おはるさんを呼んでいる間に離れてしまった。
写真2、3は多分♂。

▼写真2 ルリボシカミキリ♂ その1a(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13165378.jpg

▼写真3 ルリボシカミキリ♂ その1b(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_131732.jpg


写真4は多分♀。

▼写真4 ルリボシカミキリ♀ その1a(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13171188.jpg


尾端を見ると産卵管のようなものが見える(写真5、6)。
産卵に適した場所を探しているように見えた。

▼写真5 ルリボシカミキリ♀ その1b(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_1317195.jpg

▼写真6 ルリボシカミキリ♀ その1c(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_1317278.jpg


写真7、8は産卵シーンではないかと思う。

▼写真7 ルリボシカミキリ♀ その1d 産卵行動(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13173589.jpg

▼写真8 ルリボシカミキリ♀ その1e 産卵行動(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13174189.jpg

※写真1〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

甲虫ではないが写真9はツノアオカメムシ。
ツノアオカメムシはなかなか綺麗なカメムシだ。この日は3〜4匹見かけた。

▼写真9 ツノアオカメムシ(2017年8月22日、山梨県)
d0303129_13175139.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10〜12は9月5日の山梨遠征で見つけたコニワハンミョウ。
オニヤンマを見かけて河原に降りると花崗岩を砕いたような白っぽい砂地になっていて、コニワハンミョウがたくさんいた。

▼写真10 コニワハンミョウ その1a(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_13175988.jpg


顔面はあまり鮮明には撮れなかった(写真11)。

▼写真11 コニワハンミョウ その1b(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_1318745.jpg


後方からの写真が一番良く撮れていたかな(写真12)(苦笑)。

▼写真12 コニワハンミョウ その1c(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_1318165.jpg

※写真10〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

コニワハンミョウは2013年に埼玉県のとある河川敷で見ている(過去記事は→こちら)。岩場の間の砂地に多く見られたので、そういう環境が好きなのかもしれない。

# by mikiosu | 2017-09-14 23:59 | 甲虫 | Comments(0)

高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハほか(2017年9月11日)

高原遠征の最後はキベリタテハ…じゃなかった(笑)。
白樺の幹にとまっていたのは…エルタテハだった(写真1)。

▼写真1 エルタテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_25830.jpg


ちょっと拡大(写真2)。
キベリタテハとは…似てないな。

▼写真2 エルタテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_251632.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シータテハは複数見られた。
写真3、4はマツムシソウで吸蜜する個体。

▼写真3 シータテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_252890.jpg

▼写真4 シータテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_253618.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ヒメキマダラヒカゲもマツムシソウで吸蜜(写真5、6)。
ヒメキマダラヒカゲはサラシナショウマにもきていた。サトキマダラヒカゲやヤマキマダラヒカゲと違って花にもくるし、開翅もしてくれるらしい。

▼写真5 ヒメキマダラヒカゲ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_254527.jpg

▼写真6 ヒメキマダラヒカゲ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_255451.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


以下はタテハチョウ以外の蝶。…結局今回もキベリタテハにはフラれてしまった。どうも縁が薄いようである。一応キベリタテハには出会ったことがあることになっている。しかし、私が見たキベリタテハはこんな個体である。いつになったらちゃんとしたキベリタテハに出会えるのであらうか…(遠い目)。

写真7〜9はスジボソヤマキチョウ。
アザミの花に何匹かきていた。

▼写真7 スジボソヤマキチョウ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26481.jpg

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26128.jpg


ヒラタアブとのツーショットも(写真9)。
→スジボソヤマキチョウあらためヤマキチョウ。ヤマキチョウは初撮りになるのだが…。

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その2→ヤマキチョウ(2017年9月5日、長野県)
d0303129_261923.jpg

※写真7〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10は白斑は消失しているがチャバネセセリのようであった。
チャバネセセリは今季初撮り。

▼写真10 チャバネセセリ(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_262997.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

チャバネセセリは高原遠征の帰りに撮ったもの。東京郊外でもこれからたくさん見られるだろう。

(注;ダンダラ様のご指摘により写真9の個体を見直したところ、ヤマキチョウのようであった。本文および写真のキャプションを訂正する。2017年9月16日。)

# by mikiosu | 2017-09-11 23:59 | | Comments(9)