キリガ3種(2013年3月15日)

巷では春羽化蝶も出始め、徐々に春の様相を呈しつつあるが、もう少しだけ冬の話題。
今冬は主フィールドでシモフリトゲエダシャク♂を初めて見つけたので、昨年は遠征先でも見ることのなかった♀を探して主フィールドをメインに歩いた。そのため昨年もさんざん見たフユシャク類を今年もたくさん見ることになった。
たまには違う蛾も見たいと思うが、そうは言っても同じ時期に見られる蛾はキリガくらいで、実際のところ首尾よくキリガを見つけてもそんなに嬉しいかというとそうでもなかったりする。
なかにはケンモンミドリキリガのような派手なタイプもいるにはいるが、今冬見られたキリガはヨスジノコメキリガ、キバラモクメキリガ、スモモキリガの3種類だけだった(3月15日現在)。
ヨスジノコメキリガは1月1日、初詣に出かける途中にちょっとだけ立ち寄った公園のトイレにいた(写真1)。
ヨスジノコメキリガは拙宅の近所でも何度か見かけている。
前翅に4本の筋があり、前翅外縁がノコ目になっているキリガということなのだろう。

▼写真1 ヨスジノコメキリガ(2013年1月、杉並区)
d0303129_2034384.jpg


キバラモクメキリガは2月7日、公園外れの民家外壁にとまっているのを見つけ、近くの枯葉上に移動させて撮影した(写真2〜4)。

▼写真2 キバラモクメキリガ(2013年2月、武蔵野市)
d0303129_2036283.jpg


▼写真3 同上、ちょっと突ついて触角を出してみた
d0303129_20364254.jpg


▼写真4 同上、ひっくり返してみた
d0303129_2037660.jpg


前翅に木目があり、腹部先端が黄色いキリガということなのだろう。実際、翅を丸めてじっとしていると木っ端にしか見えない。
キバラモクメキリガの成虫は昨年3月にも見ている。幼虫は他の公園で何度か見たことがあるので、都内でもそこそこ生息しているようだ(写真5、6)。

▼写真5 キバラモクメキリガ若齢幼虫(2012年5月、港区)
d0303129_20374115.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真6 キバラモクメキリガ終齢幼虫(2011年5月、杉並区)
d0303129_2037578.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

スモモキリガは3月5日、公園内の広場の地面に落ちていた(写真7)。まったく動きがなく、死んでいるように思われたが、写真を撮ったあとに踏まれないよう木柵近くに移動させておいたところ、翌日見てみると姿が見えなかったので、まだ生きていたのかもしれない。
3月8日には別個体を公園内のトイレで見つけている(写真8)。

▼写真7 スモモキリガ(2013年3月5日、武蔵野市)
d0303129_20383198.jpg


▼写真8 スモモキリガ(2013年3月8日、武蔵野市)
d0303129_20385389.jpg


スモモキリガの成虫は初めて見たのだが、幼虫は昨年5月に都区内の公園で見かけている(写真9、10)。何の葉にいたか確認していなかった。幼虫の植樹はクヌギ、コナラ、サクラ、リンゴ、スモモなどとなっている。スモモを食べるからスモモキリガということか。

▼写真9 スモモキリガ幼虫(2012年5月、港区)
d0303129_20391122.jpg

▼写真10 同上
d0303129_20392947.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

上記3種のうち、成虫を一番良く見かけるのがヨスジノコメキリガなのだが、どういうわけか幼虫はまだ見たことがない。
ネットで検索するとほとんど真っ黒のイモムシのようだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-03-15 20:41 | | Comments(2)

Commented by itotonbosan at 2014-01-03 16:48 x
明けましておめでとうございます。
キバラモクメキリガは枝のように見えます。
枝に見えるように工夫している努力に感心させられます。
Commented by みき♂ at 2014-01-03 19:14 x
itotonbosan様
明けましておめでとうございます。
キリガ類は冬にも見られるので嬉しいですね。
itotonbosan様のサイトも拝見しました。
蛾がたくさん載っていて興味深いです。
今後とも宜しくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード