コツバメ現わる!(2013年3月23日)

つい先日スプリング・エフェメラル第一弾としてミヤマセセリを紹介したばかりだが、コツバメも出ていると聞いて、慌てて同じ丘陵に出かけてみる。
私にとって、昆虫写真を撮りはじめてからやっと3度目の春である。
最初の春はミヤマセセリやコツバメなんてまだ名前も知らなかった(ような気がする)。
二度目の春の昨年はミヤマセセリにはそこそこ出会えたのに、コツバメには4月中旬に1匹出会えただけ。一生懸命撮ったつもりだったが、あまり良い写真は撮れていない。
今年こそコツバメの写真をたくさん撮りたいと思っていたので、気合いが入る。
11時前にフィールドに到着。先日ミヤマセセリ♂を何匹か見かけた場所をチェックすると、この日はあまり飛んでいない。遠くを飛んでいる個体が1匹見えただけ。
コツバメはどこにいるのか分からない。
取りあえずいつも散策するルートをゆっくり歩きながら、葉上をチェックして廻る。
コツバメは縄張りを持ち、葉上や枝先にとまって占有行動をするからだ。他の蝶が縄張り(テリトリー)内に入ってくると矢のように飛んでいってこれを追い出そうとする。
そのため葉上や枝先にとまっていることをテリ張りと呼んだりするようだ。蝶の中にはこういう行動をする種がいくつかある。
したがって、葉先などにとまってテリ張りしているコツバメを見つけたら、一度飛ばれても戻ってくる可能性が高い。
そういうことを念頭に置きながら蝶の姿を探した。
もう少しで、こんな小さい蝶、見つかるかい!
と思いそうになった頃、とうとう見つけた。
とある谷戸の奥で、テリ張りしているらしい個体がいた。
念のためやや離れた場所から何枚かシャッターを切る。
少しずつ近づくと、やはり飛ばれてしまったが、案の定ほどなく同じ場所に戻ってくる。
撮っては飛ばれ、戻ったところを撮っては飛ばれを繰り返して、何枚かまずまずの写真が撮れた(写真1〜3)。

▼写真1 コツバメ その1a(ノートリミング、2013年3月22日、東京都)
d0303129_3501396.jpg


▼写真2 コツバメ その1b(2013年3月22日、東京都)
d0303129_351748.jpg


▼写真3 コツバメ その1c(2013年3月22日、東京都)
d0303129_3511932.jpg


コツバメは早春の蝶なので、暖かい太陽の光を効率よく浴びるために、太陽の角度に合わせて身体を傾けてとまるとも言われている(写真4)。

▼写真4 身体を斜めにしてとまるコツバメ(同一個体、2013年3月22日、東京都)
d0303129_351565.jpg


本当にそうなのだろうか。身体を温めるためなら、翅を広げた方が良さそうに思えるが、この蝶は常に翅を閉じている。翅を広げると体温を奪われるのかもしれないが、では同じ時期に出るミヤマセセリはどうなのかということになる。
いずれにしてもコツバメには不思議な魅力がある。焦茶色の地味な小さい蝶で、表翅を見せることもない。それなのになぜか人気がある。
小さくてシンプルで、なおかつ精悍な感じがする。翅と同じ焦茶色の眼に白い縁取りも良い感じだ。

前回訪ねた折りには♂の姿しか見られなかったミヤマセセリの♀らしき個体もこの日は見られた(写真5)。

▼写真5 ミヤマセセリ♀(2013年3月22日、東京都)
d0303129_3525569.jpg


もう少し近づきたかったが、どこからかハチかアブのようなものが飛んできてミヤマセセリを飛ばしてしまった。あいつ、今度会ったらタダじゃおかんぞ(笑)。
この日はさらに、ヤマトシジミ♂(写真6)、ムラサキシジミ、ヒオドシチョウ(写真7)など今年初見の蝶を立て続けに見ることができた。

▼写真6 ヤマトシジミ♂(2013年3月22日、東京都)
d0303129_3531571.jpg


▼写真7 ヒオドシチョウ(2013年3月22日、東京都)
d0303129_3535531.jpg


撮影機材:ニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-03-23 03:59 | | Comments(2)

Commented by おはる at 2013-03-23 09:47 x
コツバメの写真、とてもきれいですね。
コツバメはミヤマセセリより見つけにくく、しかもよい条件では撮れたことがありません。すばらしいです。
Commented by みき♂ at 2013-03-23 15:59 x
おはるさん、コメントありがとうございます。
いつも素晴らしい写真を撮られるおはるさんにお褒めいただき、恐縮です。
フィールド上では「よし、撮れた!」と思っても、家に帰ってパソコン上で確認すると「うーん、もう少しかあ」と思ったりします。
今年はあと2〜3回はこの蝶に出会いたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード