信州の蝶たち(過去編)(2013年3月25日)

3月13日にブログを開設したはいいが、越冬蝶はもちろんのこと、春羽化蝶、早春のフユシャクまで見かけ、何だか急に忙しくなって色々なことに手が回らなくなってしまった今日この頃である(苦笑)。
そんなおりに昔撮った夏の蝶を紹介するのもなんだが、いつかブログを開設したら紹介したいと思っていた。
天気が良ければ丘陵方面にコツバメでも撮りにいきたいところであるが、生憎今日の東京は天気も良くない。
まあ、そんなわけで2011年に信州方面に家人と旅行に行った時の蝶である。
この頃は既にいろいろな蝶や蛾を撮りはじめていたので、虫撮り旅行というわけではなかったが、信州ならではの昆虫に出会えたら良いなと思っていた。
温泉に入って美味しいものを食べるのが第一目的で、そんなにたくさんの蝶には出会えなかったが、公園ではコマツナギにくるミヤマシジミの姿を見ることができた(写真1〜6)。
信州方面で見られるこの種には、ヒメシジミ、ミヤマシジミ、アサマシジミとあってややこしいが、♂の開翅写真から、ミヤマシジミと判断した。
なお、コマツナギはミヤマシジミの幼虫の食草である。

▼写真1 ミヤマシジミ♂&コマツナギ その1(2011年7月23日、長野県)
d0303129_13455124.jpg


▼写真2 ミヤマシジミ♂&コマツナギ その2(ノートリミング、2011年7月23日、長野県)
d0303129_13455617.jpg


▼写真3 ミヤマシジミ♂開翅(2011年7月23日、長野県)
d0303129_13463542.jpg


▼写真4 ミヤマシジミ♀&コマツナギ その1(2011年7月23日、長野県)
d0303129_13465172.jpg


▼写真5 ミヤマシジミ♀&コマツナギ その2(2011年7月23日、長野県)
d0303129_1347630.jpg


▼写真6 ミヤマシジミ♀開翅&コマツナギ(2011年7月23日、長野県)
d0303129_13473793.jpg


また、わさび農場の用水路脇に咲くエゾムラサキの花には、スジグロチャバネセセリの姿が見られた(写真7〜10)。似た種にヘリグロチャバネセセリというのもあり、経験不足の私には判別が難しいが、多分スジグロチャバネセセリの方だと思う。

▼写真7 スジグロチャバネセセリ♂&エゾムラサキ その1(ノートリミング、2011年7月23日、長野県)
d0303129_13475655.jpg


▼写真8 スジグロチャバネセセリ♂&エゾムラサキ その2(2011年7月23日、長野県)
d0303129_1348973.jpg


▼写真9 スジグロチャバネセセリ♂&エゾムラサキ その3(2011年7月23日、長野県)
d0303129_13483388.jpg


▼写真10 スジグロチャバネセセリ♂(ホテル付近で撮影。2011年7月24日、長野県)
d0303129_13483538.jpg


ちなみに宿泊した高原ホテルの露天風呂にはたくさんの蛾が集まってきていて、数えると50匹以上きていた。
夜更けにカメラを持ち込んで、曇るレンズを拭きながらスカシサン、エゾシモフリスズメをはじめとした蛾を撮影したのが楽しく思い出される(笑)。

撮影機材:ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

by mikiosu | 2013-03-25 14:16 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード