丘陵の蝶たち(2013年3月29日)

3月20日にミヤマセセリ、3月22日にコツバメを撮影できたまでは良かったのだが、その後はさっぱり。3月26日の裏高尾遠征も空振りに終わって、まだ3月なのに何だか焦りを感じる。
昨年は3月27日にミヤマセセリ初撮りだった。今年は発生自体が早かったように思う。そうなると早く撮らないと新鮮な個体が少なくなってしまうような気がして仕方がない。
実際には羽化する時期にも個体差が多少あるだろうから、そんなに焦ることもないはずなのだが、前回コツバメを撮ってから一週間、早くコツバメに再会したくてうずうずする。
そんなわけで、前日までの予報に反して好天になった3月28日、今月3度目の丘陵遠征をした。
同じように好天だった3月26日はかなり寒かったのだが、28日は気温も上昇して蝶日和な感じ。期待に胸を膨らませて丘陵を歩く。
3月20日にミヤマセセリを数匹見かけた公園入口付近では、この日も数匹見られた。20日と異なるのは♀が出迎えてくれたこと(写真1)。なかなか近づけなかったが、取りあえず2〜3枚抑える。
公園に入ってすぐに何枚か撮れると安心感がありますな(笑)。
この日は♂数匹、♀2匹の写真が撮れた。♀はいずれも近づけなかった。♂の写真(写真2)と並べてみる。ミヤマセセリ♀は前翅の白帯が♂より明瞭なのが特徴なのだが、地色もやや濃く見える。
概して♂の方が美しいことの多い蝶の世界にあって、ことミヤマセセリに関しては♀の方がメリハリがあって綺麗に感じる。

▼写真1 ミヤマセセリ♀(2013年3月28日、東京都)
d0303129_2221853.jpg


▼写真2 ミヤマセセリ♂(2013年3月28日、東京都)
d0303129_2223655.jpg


この日は出かける前からコツバメ>トギレフユエダシャク♀>ミヤマセセリ♀という優先順位を心に描いていたが、結局撮れたのはミヤマセセリ♀だけだった。
2箇所ほど想定していたコツバメが撮れそうなポイントも、いずれも空振りに終わってしまった。
コツバメの代わりにキアゲハが撮れた。新鮮な個体に見えたが、写真をチェックすると尾状突起が欠けていた(写真3、4)。まあ、キアゲハも今年初撮りなので良しとしよう。

▼写真3 キアゲハ その1a ヒメオドリコソウにて(2013年3月28日、東京都)
d0303129_2225043.jpg


▼写真4 キアゲハ その1b(2013年3月28日、東京都)
d0303129_223479.jpg


散策路脇の笹の葉上にはヒオドシチョウがとまっていた(写真5)。ルリタテハも何匹か見かけたがいずれも近づくとすぐに逃げてしまう。それに比べてヒオドシチョウはどっしり構えている印象だ。

▼写真5 ヒオドシチョウ(ノートリミング、2013年3月28日、東京都)
d0303129_2232251.jpg


日当りの良い広場脇の土手で見られたベニシジミ、ヤマトシジミ♀を何枚か撮っておく(写真6、7)。
3月22日には♂しか見かけなかったヤマトシジミだが、ここにきて♀も発生したのだろう。この日は交尾シーンも見られた(写真8)。

▼写真6 ベニシジミ(2013年3月28日、東京都)
d0303129_2232985.jpg


▼写真7 ヤマトシジミ♀(2013年3月28日、東京都)
d0303129_2234240.jpg


▼写真8 ヤマトシジミ交尾シーン(左が♂、右が♀。2013年3月28日、東京都)
d0303129_2235187.jpg


さて、次はいつ遠征できるだろうか。今度こそコツバメと再会したい。
コツバメが撮れたら、コツバメ特集にする予定だ(笑)。

撮影機材:ニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-03-29 02:37 | | Comments(2)

Commented by あかね at 2013-03-29 21:32 x
みき♂さま
こんばんは!
またまた同じ所を歩いていたようですね!!
あの花園にキアゲハが居ましたね
良い角度ではなかったのですが私もパチリしてきました。
あちこちでコツバメが飛んでいましたが気温が高かった為か
止まる事が無く一度だけ撮影可能な場面があったきりです
昨日は狸まで姿を見せてくれました
今年はコツバメが多いいように思えますが??
Commented by みき♂ at 2013-03-29 22:52 x
あかね様、コメントありがとうございます。
いやはやコツバメ見たさに丘陵方面、裏高尾方面と足しげく遠征しておりますが、その後全く出会えません(涙)
何度も撮られているあかね様にあやかりたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード