過去の蝶から−−ギフチョウ2012年(2013年4月3日)

スプリング・エフェメラルと呼ばれる蝶たちの中にあっても、ギフチョウは特別な存在だ。
スプリング・エフェメラルは春の妖精とも言われるが、ギフチョウは妖精よりさらに上の『春の女神』と言う名を欲しいままにしている。
関東で唯一ギフチョウが見られる場所が神奈川県にある。
既に今シーズンもギフチョウの発生期になっているのだが、今年はまだギフチョウを見に行っていない。
昨年は3月下旬から気温が上がらず、4月になってもギフチョウを見に行くのに良い日がなかなか訪れなかった。
やっと満を持して行ったのが2012年4月9日である。
拙宅からは電車とバスで行く。現地の最寄り駅で朝8時発のバスに乗るために、自宅を朝6時前に出たのだった。
実際にはもっと遅くても間に合うのだろうが、何しろ8時のバスの次は10時40分になるので、万が一にも遅れたくない。午前中はこの2本しかバスはないのだ。
しかもこのバスに乗れば現地に着く訳ではなく、途中で別のバスに乗り換えなければならない。このアクセスのせいで、神奈川県でギフチョウが見られると分かっていても余程の好き者でなければおいそれとは行けないのだ(笑)。
昨年4月9日、13日、18日と計3回同地に遠征した私は「余程の好き者」を通り越してしまったかも…。
3度行った中ではやはり最初に行った4月9日が一番印象に残っている。初めてだからというのもあるが、蝶の出方がこの日が一番良かったように思う。
現地の山麓でオオイヌノフグリに来ていたギフチョウを初撮りしたのが朝8時50分(写真1)。うっかりするといつもなら寝ている時間だ(苦笑)。

▼写真1 ギフチョウとオオイヌノフグリ(ノートリミング、2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_23405141.jpg


取りあえず写真は撮れた。時間はたっぷりあるので山頂まで登ってみる。山の中腹でもひらひら舞う姿が幾度も見られたが、飛翔写真はうまく撮れなかった。
中腹の地面でひと休みする姿は何枚か撮れた(写真2、3)。

▼写真2 地面にギフチョウ その1a(2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_2341829.jpg


▼写真3 地面にギフチョウ その1b(2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_442643.jpg


登山中や山頂ではあまり良い写真が撮れないと、山麓で花に来るギフチョウを狙う方たちもたくさんおられる。
写真4〜6はいずれも山麓をうろうろして撮った写真だ。

▼写真4 ギフチョウとカタクリ(2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_23412258.jpg


▼写真5 ギフチョウと梅の花(2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_23413698.jpg


▼写真6 ギフチョウとアセビ(2012年4月9日、神奈川県)
d0303129_23414960.jpg


現地でバスを待っている時に話した方は、「今年(2012年)は桜の開花が遅れているので、梅の花に来る姿を撮ってみようと思ってきた」と言っておられた。梅の花に来る姿を撮れたのはラッキーだったのかもしれない。
四日後の4月13日、また同じ時間帯に遠征する。
4月9日にはまだあまり咲いていなかった桜の花もようやくほころび、桜に来る姿もなんとか撮れた。
写真7〜9はいずれも山麓で撮影したもの。

▼写真7 地面にギフチョウ(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_2342364.jpg


▼写真8 桜にギフチョウ(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_23421492.jpg


▼写真9 ヒヤシンスにギフチョウ(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_23422615.jpg


4月18日にはあまり良い写真は撮れなかった。
都合三度の遠征でかなりの写真を撮ったのだが、今振り返ってみると満足できるような写真はほとんどなかった。
言い忘れたが、私がギフチョウを初めて見たのが昨年なのだ。
ギフチョウは美しい蝶だと思う。春の女神の名は伊達ではないと思う。
その美しさをそのまま写し取る技量が自分にはないなと痛感した春だった。

あれから1年、またギフチョウの季節がやってきた。今年はもう少し良い写真が撮れたらと思う。

撮影機材:ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO+Kenko 1.4× TELEPLUS MC4

by mikiosu | 2013-04-03 00:24 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード