早春の甲虫たち(2013年4月8日)

4月も中旬以降になるといろいろな甲虫が活動を始めるようだ。
それでも3月〜4月上旬まではまだまだ少ない。
早春の甲虫と言えば、甲虫界のスプリング・エフェメラルとも言うべきトラフコメツキだ。
今年は主フィールドで4月5日初見となった(写真1)。実際にはもう少し早く出ていたようだが、このところ遠征続きで主フィールドに出たのが久し振りだった。
偶然2012年も4月5日が初見になっている。
トラフコメツキは主フィールドはもちろん、近所の公園でもよく見られる。
今年はこのトラフコメツキよりもだいぶ前に、丘陵方面にミヤマセセリなどを見に行ったおりにオオシモフリコメツキを見つけている(写真2)。
角度によって赤銅色に輝きとても綺麗に見えたが、ちょっと眼を離した隙に見失ってしまった。枯葉の中に紛れてしまったのかもしれない。

▼写真1 トラフコメツキ(2013年4月5日、井の頭公園)
d0303129_1232416.jpg


▼写真2 オオシモフリコメツキ(2013年3月20日、東京都)
d0303129_12325645.jpg


この時期に見かける甲虫では、他にハムシ類が挙げられる。
あまり良い写りではないが、上記のオオシモフリコメツキと同じ日に見つけたのがフジハムシ(写真3)、それより前、拙宅の最寄りの公園で見つけたのがイタドリハムシ(写真4。写真5は丘陵方面の草原にて)、4月になってギフチョウを見に行った神奈川県で見つけたのがキクビアオハムシである(写真6)。
コメツキムシもそうだが、ハムシも種類が多くて同定は難しい。上記3種はその中では比較的分かりやすい種だ。
キクビアオハムシは神奈川県の標高約500メートルくらいの山中で見つけた。
ちょうど1年前、同じような場所で黄色いハムシを見つけたのを思い出した。
撮った時には、こんな黄色いハムシ、すぐに分かるだろうと思ったのだが、あにはからんや、一生懸命調べたものの結局名前は分からなかった(写真7)。体長は約7ミリである。

▼写真3 フジハムシ(2013年3月20日、東京都)
d0303129_12335233.jpg


▼写真4 イタドリハムシ その1(2013年3月18日、杉並区)
d0303129_1235095.jpg


▼写真5 イタドリハムシ その2(ノートリミング、2013年3月28日、東京都)
d0303129_12353615.jpg


▼写真6 キクビアオハムシ(2013年4月4日、神奈川県)
d0303129_12355433.jpg


▼写真7 不明のハムシ(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_1236154.jpg

※写真7はニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO+Kenko 1.4× TELEPLUS MC4

神奈川県にあるこの里では、他にも甲虫の姿を見つけている。
いずれも昨年の画像だが、ハネカクシの一種(写真8、9)とハサミムシの一種(写真10)をその中から紹介しよう。
(注−−ハサミムシは鞘翅目ではなく革翅目に属するので、厳密に言うと甲虫ではないようだ。)
ハネカクシはヒメクロハネカクシに似ているようだがあまり確信はない。と言うよりまったく自信がない。
ハネカクシは甲虫の中でも種類がもっとも多いらしいが(1500種以上?)、その一方で資料が乏しい。
ハサミムシの方はエゾハサミムシで合っていると思う。
ハネカクシは山麓にあるトイレの壁を歩いていたもので、もう少し綺麗に撮りたかったがカメラを向けると後翅を出し、飛んで行ってしまった。
ハムシといい、ハネカクシといい、名前のはっきりしない種を載せるのはいささか癪に障る。
それでも後翅を出したハネカクシの写真はちょっと珍しいのではないかと思って載せてみた。

▼写真8 ハネカクシの一種(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_12363399.jpg


▼写真9 同上 後翅を広げる(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_1236464.jpg


▼写真10 エゾハサミムシ(2012年4月13日、神奈川県)
d0303129_12365110.jpg

※写真8〜10はニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO+Kenko 1.4× TELEPLUS MC4

ハサミムシは山麓でも同じ種を見かけたが、写真の個体はバスの乗り継ぎ地点の地面で撮ったものだ。
コンクリートの地面が背景ではやや面白みに欠けるが、かなり活発に歩き回っていて、山麓で撮った写真はあまり芳しくなかった。
同じ里には昨年4月18日にも出かけている。その時にはハッカハムシやセンチコガネなども見かけた。
これら美麗な甲虫についてはまたいずれ別項を設けたい。

参考サイト:虫Navi
撮影機材:※印以外はニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-04-08 12:59 | 甲虫 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード