春のトンボたち(2013年4月18日)

成虫で越冬するオツネントンボ類を除けば、トンボが出るのは早くても4月下旬〜5月上旬と踏んでいたが、ちょっと甘かったようだ。
今年のトンボが出る前に「トンボの季節に先駆けて−−トンボ編」「同−−イトトンボ編」と題して昨年撮影したトンボの紹介を目論んでいたのだが、時期を失してしまった。
もうトンボが出ていたのだ。
4月13日、ギンイチモンジセセリを探して郊外の河川敷を歩いていると、トンボが足元から飛んで逃げるのを2〜3度見かけた。
今年はまだトンボを見かけていなかったので、何とか1匹くらい撮影したいと追いかけてみたところ、あまり遠くまで飛んで行かない個体がいた。
草の上にとまったところを撮ってみるとダビドサナエ♀だった(写真1、2)。
一応飛べる状態ではあったようだが、とまったところを見ると翅の畳み方も変だし、複眼の色もまだ出ていない。多分羽化間もない個体なのだろう。
念のため昨年撮った個体と比べてみる(写真3)。
昨年は5月11日が初見だったが、それほど熱心に探していた訳でもないので、今年の初見が早いとは一概に言えないかもしれない。
ダビドサナエはなかなか愛嬌のある顔をしている(写真4)。(写真4はダビドサナエ♀ではなく、クロサナエ♀の間違いのようだ)
ダビドサナエ♂の腹部には♀のように黄色い斑紋が入っていないので判別できるようだ(写真5)。
(写真5もダビドサナエ♂ではなく、クロサナエ♂のようだ)

▼写真1 ダビドサナエ♀ 羽化間もない個体?(ノートリミング、2013年4月13日、八王子市)
d0303129_2185770.jpg

▼写真2 同上(2013年4月13日、八王子市)
d0303129_219712.jpg

▼写真3 昨年のダビドサナエ♀(2012年5月11日、裏高尾)
d0303129_2191844.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真4 昨年のダビドサナエ♀ 顔面(2012年5月26日、奥高尾)(→クロサナエ♀に訂正)
d0303129_2193973.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真5 昨年のダビドサナエ♂(2012年5月26日、奥高尾)(→クロサナエ♂に訂正)
d0303129_2202067.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

4月17日には、春の大物蛾とトンボとの出会いを期待して郊外の里山に出かけてみた。
大物蛾には出会えなかったが、トンボにはたくさん出会えた。たくさんと言ってもほとんどはシオヤトンボだった(写真6〜8)。
♂は縄張りを張って飛び回っている個体が多く、のんびりひなたぼっこしているのは♀が多かった。
トンボの♂は未成熟の間、♀と同じような色をしている種がある。このような場合、腹部先端の形状などで判別するが、よく観察しないとはっきりとは分からない場合が多い。
写真8はシオヤトンボの♀と思うが、写真9はどうもシオカラトンボの♀のようだ(通称ムギワラトンボ)。→(写真8は未成熟のシオヤトンボ♂と思われる)
撮った時には気が付かなかったが、家でよく写真を吟味すると、腹部の幅、模様が微妙に異なるし、腹部先端の形状も違っている。色もシオヤトンボ♀は先端が黒っぽく、シオカラトンボ♀は明らかに白い。
この2種は胸部(翅胸)の模様でも判別できるようだ。また、シオヤトンボは♂♀ともに翅の基部が濃い橙色をしていることも識別ポイントになる。
こんなにたくさん識別ポイントがあるのに、野外で撮った時には気が付かなかったのだから、一見似ているとはいえ、うっかりにもほどがある。
トンボの同定も意外に難しいものだ。ごく普通種と言えるシオヤトンボとシオカラトンボの判別でさえなかなかややこしいのだから、他の種の難しさは推して知るべし…ということ。
それでも、いろいろなポイントで識別できるようになると、少しは正確に同定できるようになるのだろう。何事も経験を積むことが大事だ。
(注−−この記事を一旦アップしてから後で気が付いたが、縁紋の色も違うようだ。シオヤトンボの縁紋は黄褐色で、シオカラトンボは黒だ)

▼写真6 シオヤトンボ♂(ノートリミング、2013年4月17日、あきる野市)
d0303129_2203246.jpg

▼写真7 同上(2013年4月17日、あきる野市)
d0303129_2205114.jpg

▼写真8 シオヤトンボ♀(2013年4月17日、あきる野市)(→未成熟のシオヤトンボ♂に訂正)
d0303129_220237.jpg

▼写真9 シオカラトンボ♀(2013年4月17日、あきる野市)
d0303129_2203542.jpg


前述のように、昨年ダビドサナエを初めて見たのは5月11日だが、5月7日には既にカワトンボを見ていた。
今年はまだ今のところカワトンボの発生は確認できていない。
カワトンボはすぐに逃げるのが癪に障るので、昨年も一昨年もそれほど熱心に撮っていなかった(笑)。そのため手元にあまり良い写真がない。今年は少し気合いを入れて撮ろうと思っている。

※1 その後本稿に掲げた写真4、写真5がダビドサナエではなくクロサナエの間違いではないかということに気が付いた。本文中も青字で訂正しておく(2013年4月23日)。
※2 その後本稿に掲げた写真8が、シオヤトンボ♀ではなく、未成熟のシオヤトンボ♂の間違いではないかということに気が付いた。本文中も青字で訂正しておく(2013年5月17日)。

参考文献:『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
[PR]

by mikiosu | 2013-04-18 23:23 | 蜻蛉 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード