5月上旬の甲虫たち(2013年5月19日)

4月中旬以降、甲虫をまとめて紹介する機会がなかったので、最近撮影した甲虫をいくつか紹介したい。
写真1、2は水辺の甲虫ヒゲナガハナノミだ。
東京郊外の里山にサンドイッチなどを持って家人を連れて出かけた5月5日、ヒゲナガハナノミ♂を2年振りに見つけた。
2011年5〜6月に通称・目黒自然教育園(注1)で二度見かけて以来だ。
ヒゲナガハナノミは幼虫が水生なので成虫も水辺で見かける。
まだ見たことのない♀はいないかと探したがこの日は見つけられなかった。
5月15日に再度行ってみると、♀の姿も見つけることができた。
それにしても♀の姿は少ない。♂はこの日も20匹くらいは見かけたように思うが、♀は2匹しか見つけられなかった。

▼写真1 ヒゲナガハナノミ♂(2013年5月5日、東京都)
d0303129_11565838.jpg

▼写真2 ヒゲナガハナノミ♀(2013年5月15日、東京都)
d0303129_11571351.jpg


写真3、4はハンミョウの仲間。
写真3のコニワハンミョウはキバネツノトンボを見に行った埼玉県の河川敷にいた。
写真4のミヤマハンミョウは、初めて行った東京郊外の林道で、ミヤマカラスアゲハがまったく見られず、うなだれて帰る時に地面で見つけた(笑)。

▼写真3 コニワハンミョウ(2013年5月9日、埼玉県)
d0303129_11572464.jpg

▼写真4 ミヤマハンミョウ(2013年5月14日、東京都)
d0303129_11573782.jpg


写真5〜7はトラカミキリ各種。
林縁の葉上にいたトガリバアカネトラカミキリだけは4月下旬の撮影になる(写真5)。
写真6のトゲヒゲトラカミキリは主フィールドの柵の上にいた(写真6)。
ヒメクロトラカミキリはとても小さいカミキリムシだ(写真7)。小さい上に動きが速くて撮るのに苦労した。

▼写真5 トガリバアカネトラカミキリ(2013年4月23日、八王子市)
d0303129_11574775.jpg

▼写真6 トゲヒゲトラカミキリ(2013年5月8日、武蔵野市)
d0303129_11575817.jpg

▼写真7 ヒメクロトラカミキリ(2013年5月14日、東京都)
d0303129_1158425.jpg


写真8、9は初めて見たクチキムシの仲間。
アオバナガクチキは街道脇の斜面に設置された水道管のようなものの上を歩いていた。鞘翅が虹色に見え、何とか撮ろうとしたものの遠い上に動きも速くてあまり良い写真は撮れなかった。それでも色具合と、前胸の形に特徴があるのでアオバナガクチキで間違いないだろう。
キオビホソナガクチキは、その二日後に同じような場所の電柱で見つけた。これは1枚撮ったら逃げられてしまった。

▼写真8 アオバナガクチキ(2013年5月14日、東京都)
d0303129_11583012.jpg

▼写真9 キオビホソナガクチキ(2013年5月16日、東京都)
d0303129_1158335.jpg


写真10、11はコガネムシの仲間。
蛾もそうだが、コガネムシの仲間も♂の方が触角が発達しているらしいので、写真10のウスチャコガネは♂なのだろう。
写真11のクロマルエンマコガネは2年振りに見かけた。しかも主フィールドで見つけたのはちょっと嬉しい。飛び立つところを狙ったがちょっとタイミングが合わなかった。

▼写真10 ウスチャコガネ♂(2013年5月9日、埼玉県)
d0303129_11584282.jpg

▼写真11 クロマルエンマコガネ(2013年5月12日、武蔵野市)
d0303129_11585466.jpg


最後はアオハムシダマシ(写真12)。渓流沿いの堤防の上にいたのを見つけた。

▼写真12 アオハムシダマシ(2013年5月10日、八王子市)
d0303129_11591581.jpg


アオハムシダマシは金銀細工のように煌めいていた。しかし、10ミリ程度とそこそこの大きさはあるのに、綺麗に撮るのは難しかった。美麗な昆虫をそのまま美麗に撮るのは本当に難しい。

※注1;正確には国立科学博物館附属自然教育園、港区にある。

参考サイト:虫Navi、ほか

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
[PR]

by mikiosu | 2013-05-19 12:32 | 甲虫 | Comments(4)

Commented by himeoo27 at 2013-05-19 13:29
金属光沢のカメムシや甲虫の仲間は、
写真にすると上手く色が出せず本当に
苦労しています。
それにしても写真12アオハムシダマシ
は良い色ですね!
Commented by みき♂ at 2013-05-19 15:07 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
金属光沢のある昆虫の撮影は難しいですね。
私もいつも苦労していて没写真の山です(苦笑)。
アオハムシダマシも目にピントが来ていなくて褒められた写真ではありませんが、
鞘翅だけは何とか撮れたのでアップしてしまいました。
Commented by フッカーS at 2013-05-20 02:37 x
やはり郊外は良い虫が居ますね。私の場合、23区内限定で虫撮りをしてますが、ここに掲載された甲虫はクロマルエンマコガネを除いては全て見たことがありません(笑)。飛翔能力が高い虫ならいずれは目にする機会があるかもしれませんが、自然度の低い区内にわざわざ移動してくるかどうか・・・可能性としては低そうです。
区内だけの虫撮りは、欲求不満状態に陥りがちです(笑)。
Commented by みき♂ at 2013-05-20 04:35 x
フッカーSさん、コメントありがとうございます。
フッカーSさんのサイトを拝見していると、区内にも実にいろいろな昆虫がいるものだと、いつも感心してしまいます。
でもたまにはちょっと遠征してみますか?(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード