春のカミキリムシたち(2013年6月9日)

4、5月に撮影した甲虫類のうち、トラカミキリ類以外のカミキリムシを紹介していなかったので、まとめて掲載したい。
写真1はムネアカクロハナカミキリ。のっけから名前に自信がないが(苦笑)、よく似たクロハナカミキリは高標高地に生息するらしいので、ムネアカクロハナカミキリなのだと思う。♀は前胸部が赤くなるが、♂は黒いので外見でクロハナカミキリと見分けるのは難しいらしい。
この日は郊外の里山のハルジオンに来る姿が2〜3匹見られた。

▼写真1 ムネアカクロハナカミキリ♂(2013年5月5日、東京郊外)
d0303129_214255.jpg


写真2は都区内の公園でも見られるアトジロサビカミキリ。

▼写真2 アトジロサビカミキリ(2013年5月12日、東京近郊)
d0303129_2143356.jpg


写真3はベニカミキリ。都内でも郊外ではよく見られるようだ。

▼写真3 ベニカミキリ(2013年5月15日、東京郊外)
d0303129_2144155.jpg


写真4はゼフィルス狙いで出かけた神奈川県の公園で見つけたヒメヒゲナガカミキリ。

▼写真4 ヒメヒゲナガカミキリ(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_2145394.jpg


写真5、6はツマグロハナカミキリ。
写真5は郊外の公園で、写真6は丘陵方面で見つけたもの。
鞘翅がなめし革のようだった。こういう質感の甲虫は結構好きだ。

▼写真5 ツマグロハナカミキリ 背面(2013年5月23日、東京郊外)
d0303129_215792.jpg

▼写真6 ツマグロハナカミキリ 側面(2013年5月28日、東京郊外)
d0303129_2151725.jpg


写真7はホタルカミキリ。ツマグロハナカミキリと同じ郊外の公園で見つけた。

▼写真7 ホタルカミキリ(2013年5月23日、東京郊外)
d0303129_2152927.jpg


写真8は郊外の里山で見つけたキクスイカミキリ。ホタルカミキリとちょっと似ている。これだけは4月の撮影である。

▼写真8 キクスイカミキリ(2013年4月17日、東京郊外)
d0303129_2153998.jpg


写真9はゴツい体格のゴマフカミキリ。やや標高の高い林道のガードレールで見つけた。

▼写真9 ゴマフカミキリ(2013年5月24日、東京郊外)
d0303129_2155219.jpg


写真10は郊外の林縁で見つけたトビイロカミキリ。

▼写真10 トビイロカミキリ(2013年5月24日、東京郊外)
d0303129_216871.jpg


写真11、12は中国原産の外来生物であるラミーカミキリ。これは都内でもあちこちで見られるようだ。
イラクサ科のカラムシ、ヤブマオの葉上などによくいる。写真11は郊外の里山でヤブマオの葉上にいたのを撮ったもの。ラミーカミキリは結構敏感で、近づくと飛んで逃げたり、死んだ振り(?)をして葉上からぽろりと落ちて姿をくらますことが多い。
写真12だけは6月の撮影。こちらは神奈川県の公園で撮った。

▼写真11 ラミーカミキリ(2013年5月27日、東京郊外)
d0303129_2161819.jpg

▼写真12 ラミーカミキリ(2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_2162895.jpg


今年は蝶・蛾に加えてトンボを熱心に撮っていて、甲虫類はそれほど熱心に撮っている訳ではないが、都内でも郊外の里山や丘陵方面では5月中からカミキリムシの姿は結構見られるようだ。
以前紹介したトラカミキリ類の小さなものは(体長10ミリ以下)、動きも速くて撮りにくい場合が多いが、体長15ミリを超えると比較的動きも少なく撮りやすい印象がある。
カミキリムシにも美麗な模様を持つものが少なくないので、今後もチャンスがあれば積極的に撮って紹介したいと思う。

参考サイト:虫Navi、ほか
撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-09 23:55 | 甲虫 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード