今年のゼフィルス撮り納め?(2013年6月12日)

5月22日、31日、6月3日、6日と行った神奈川県の公園に、9日にまた行ってしまった。
6月3日の早朝にミドリシジミがたくさん見られたようなので、9日は朝4時半頃に自宅を出て、公園には6時半頃到着。やはり2時間くらいかかる。
日曜日ということもあってか、朝早いというのにミドリシジミのポイントには既に数人のカメラマン氏が来ていた。
さあ、今日は撮り放題になっているだろうか。
…びっくりした。
ミドリシジミはまったくいなかった。
天気も良く、撮影日和と思っていたのが、まったくあてが外れてしまった。
それでも時間が早いのであちこち歩き回り、昼までには何とか数個体の写真は撮れた(写真1〜3)。
開翅してくれなかったので確信はないが、写真1、2が♀と思われ、写真3だけが♂だった。

▼写真1 ミドリシジミ♀ その1(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0372281.jpg

▼写真2 ミドリシジミ♀ その2(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_037332.jpg

▼写真3 ミドリシジミ♂(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0383750.jpg


何しろ朝早くから歩き回っているので昼には疲れて撤収した。
午後からのんびり出かけた6日はともかく、3日にはあんなにたくさん見られたミドリシジミが、朝からほとんど見られないとは…。
帰りに寄った写真展会場で地元の方と少し話をすると、前日は蝶の出が良かったらしい。
まったく生き物相手の商売は難しい(いや、商売じゃないから)。
今年はもうミドリシジミを撮ることもないだろうか…。

天気が微妙な情勢になってきた6月10日は遠征せず、のんびり近場の公園に行ってコフキトンボなどを撮っていた。
そういえばこの公園でもミドリシジミが見られるはずだとハンノキをチェックして歩くと、思いがけず見つけた(写真4、5)。
思いがけず、というのは、昨年も何度も探したがまったく見られなかったからだ。

▼写真4 ミドリシジミ♀(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_0381152.jpg

▼写真5 ミドリシジミ♀&ヒメジャノメ(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_0385985.jpg


昨年は都内でミドリシジミが見られそうな公園に何度も出かけたが、いずれも空振りに終わり、結局神奈川県まで脚をのばして撮影したのだった。
昨年の記録を調べてみると、6月中旬までに都内の公園2箇所に計4度行って、見ることができなかった。
2012年6月13日には二箇所を廻っている。その翌日の2012年6月14日に、ミドリシジミがよく見られると評判の神奈川県の公園に行ってみて、プロフィール画像に使用している開翅写真が撮れたのだった。
そんな訳で、今年は最初から都内で撮るのは半ば諦め、神奈川県まで撮りに行っていたのだ。
都内でミドリシジミを撮ったのは2年振りになる。
久し振りに見てみると何だかパッとしない写真だが(苦笑)、一昨年の写真も掲載してみる(写真6、7)。
ミドリシジミを見たのはこれが初めてだったので、こんな写真でも撮れただけで嬉しかった。今思うとかなり距離があったようだ。
飛び立つ時にチラリと見えた表翅から♂のようだった。

▼写真6 一昨年撮影のミドリシジミ♂ その1a(2011年6月15日、東京近郊)
d0303129_0383671.jpg

▼写真7 一昨年撮影のミドリシジミ♂ その1b(2011年6月15日、東京近郊)
d0303129_038481.jpg

※写真6、7はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO


このミドリシジミの写真をしげしげ眺めて、シジミチョウ類は眼が可愛いと思ったのを覚えている。

さて、朝から何だか徒労に終わったような6月9日だが、今季やっと2個体目のウラゴマダラシジミに出会えた(写真8〜10)。

▼写真8 ウラゴマダラシジミ その1a(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0385835.jpg

▼写真9 ウラゴマダラシジミ その1b(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0385325.jpg

▼写真10 ウラゴマダラシジミ その1c(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0392046.jpg


擦れてはいても、これで開翅写真でも撮れれば朝早く行った甲斐もあったというもの。
私としては珍しくこの蝶の前で30分も粘ったが、残念ながら翅は開いてくれなかった。念のために持って行ったLEDライトも試してみたが(ライトを当てると翅を開くと言われている)、効果はなかったようだ。どうやら開翅写真のお楽しみは来年まで持ち越しということになりそうだ。

平地性ゼフィルスを追い求めるのもそろそろ終わりだろうか。
6月のゼフィルスの季節が終わると、何だかひと山越えてしまったような、一抹の寂しさを感じるが、今後はヒョウモンチョウ類とオオムラサキが待っている。
コムラサキも昨年は♀を1匹撮っただけなので、今年は♂の大開翅を是非とも撮りたいものだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-12 00:55 | | Comments(4)

Commented by twoguitar at 2013-06-13 21:18 x
こんばんは。
9日は同じところへ出かけたようなので、またまたどこかですれ違ったかもしれませんね。写真展にも立ち寄りました。
その日はミドリのお出ましがよくなかったようですね。
LEDライトで照らしたり、手乗りを試みたり、雌雄判別をしたり。大変興味深く拝見いたしました。
Commented by みき♂ at 2013-06-13 22:23 x
twoguitarさん、コメントありがとうございます。
9日は思ったより蝶の出がよくなかったですが、それでもいくつか出会いがありました。
私はいつもグリーンのザックを背負っていますので、どこかで見かけたら声をお掛けください。
twoguitarさんのブログをリンクさせていただきました。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by ごま at 2013-06-14 23:40 x
先日はお立ち寄りいただき有難うございました。
お話ができて嬉しかったです。
ミドリシジミは、♀主体ですがまだ見られます。
今日も短時間の観察でしたが5頭確認しました。
流石に♂の綺麗な個体は無理でしょうね。
兵庫に遠征してまして、訪問が遅れました。
Commented by みき♂ at 2013-06-15 01:23 x
ごまさん、こんにちは。
こちらこそありがとうございました。
ミドリシジミ、まだイケマスか。
昨年は初めて行ったのが6月14日でした。
今年はいろいろ早回しになってますね。
兵庫遠征篇、楽しく拝見させていただいております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード