6月のシジミチョウたち−−ウラギンシジミほか(2013年6月17日)

6月に入るとゼフィルス狙いで三日おきに神奈川県まで遠征していた。
ゼフィルス類の撮影はそれなりに収穫があったが、その際に撮った他のシジミチョウたちも紹介したい。

写真1、2はウラギンシジミ。
ウラギンシジミ♀の全開写真は久し振り。何しろ昨年は♀の写真すら撮れなかった。♂は一昨年から何十匹も見かけたというのに(ただし、今年はまだ少ない)。
やや擦れてはいたが、公園手前の紫陽花の葉にとまってしばらくポーズを取ってくれた(写真1)。
写真2は公園内でひと休みしている時に、ベンチに置いたザックに来ていた♂。

▼写真1 ウラギンシジミ♀ 開翅(2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_22163210.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ♂(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2216484.jpg


写真3、4はツバメシジミ♀(同一個体)。ミドリシジミのポイントである池の奥の草むらにきていた。この日ミドリシジミはさっぱりだったので、代わりにサービスしてくれたのかもしれない。

▼写真3 ツバメシジミ♀ その1a(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_221729.jpg

▼写真4 ツバメシジミ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2217045.jpg


写真5〜7はルリシジミ。
写真5は♀。このあと産卵行動が見られた。
写真6は♂。吸水する場所を探していたのか、しばらく地面のあちこちを探っていたようだ。
写真7は誰かがヤマグワの実を地面で潰したらしく、その痕にルリシジミがたくさんきていた。

▼写真5 ルリシジミ♀ 開翅(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22172558.jpg

▼写真6 ルリシジミ♂(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_22174270.jpg

▼写真7 ルリシジミ吸汁集団(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22175444.jpg


写真8、9はベニシジミ。
ベニシジミはどこでも見られる超普通種とはいえ、なかなか侮りがたいものがある。

▼写真8 ベニシジミ開翅&ヒメジョオン(ノートリミング、2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_2218164.jpg

▼写真9 ベニシジミ(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22181670.jpg


写真8のベニシジミが来ている花はハルジオンかヒメジョオンか迷ったが、ヒメジョオンとしておく。
6月に入るとどちらの花も見られるのでややこしい。撮った時にはハルジオンだと思っていたのであまりよく観察しなかった。蕾が垂れているのはハルジオンの特徴だが、花びらの感じと葉のつき方がヒメジョオンのように思われた。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-17 00:01 | | Comments(2)

Commented by himeoo27 at 2013-06-17 20:56
最後のベニシジミの写真綺麗ですね!
紅と緑色の補色関係も素敵です。
Commented by みき♂ at 2013-06-17 23:23 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
ハンノキの下草にベニシジミがとまっていたので撮ってみました。
思いのほか綺麗な個体でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード