美麗な甲虫たち−−タマムシ篇(2013年6月21日)

美麗甲虫の第二弾はタマムシ類。
日本にはタマムシ類は200種くらいいるそうだ。自分が見たことのあるのは十種類にも満たない。
代表種とも言えるタマムシ(ヤマトタマムシ)は、金属光沢の美しい種だが、大きさでも群を抜いている。タマムシのほとんどは小さく、目にしてもすばしこくてなかなか写真に撮れないことが多い。

写真1、2はヒシモンナガタマムシ。体長は7〜8ミリくらいだ。この個体は東京郊外の林縁で見つけた。
この種は一昨年に主フィールドでも見かけているので、都内でもそれなりに生息していると思う。

▼写真1 ヒシモンナガタマムシ その1a(2013年5月7日、東京郊外)
d0303129_1965420.jpg

▼写真2 ヒシモンナガタマムシ その1b(2013年5月7日、東京郊外)
d0303129_19794.jpg

※写真1、2はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真3はクロナガタマムシ。体長は10ミリ超といったところ。この個体も東京郊外の林縁で見つけた。倒れたコナラの木の上で忙しそうに行ったり来たりしていた。
翅を開いた時に見える腹部が濃い青色で綺麗だが、写真には撮れなかった。

▼写真3 クロナガタマムシ(2012年5月1日、東京郊外)
d0303129_1974952.jpg


写真4〜6はマスダクロホシタマムシ。体長は12〜13ミリくらい。
写真4、5は主フィールドの公園の柵で見つけた。曇天で綺麗に撮るのは難しかった。ストロボ撮影すると翅が赤っぽくなり、綺麗な緑色が出ない。感度を上げて自然光で撮るしかなかった。
写真6は東京郊外の山道脇で見つけた。この個体は鞘翅が右側と左側で色が違って見えた。太陽光線はほぼ真上から当たっていたので、光の角度のせいとも思えないのだが…。

▼写真4 マスダクロホシタマムシ その1a(2012年6月22日、東京近郊)
d0303129_1973380.jpg

▼写真5 マスダクロホシタマムシ その1b(2012年6月22日、東京近郊)
d0303129_1974738.jpg

▼写真6 マスダクロホシタマムシ その2(2013年6月18日、東京郊外)
d0303129_1975651.jpg

※写真6はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真7、8はアオマダラタマムシ。体長は24ミリ。タマムシとしては大きい方ではなかろうか。この個体は丘陵方面の公園内の柵にいたのを見つけた。朝早い時間で、朝日を浴びてキラキラ輝いてとても綺麗だった。その綺麗さがなかなかうまく撮影できず、かなりの枚数を費やした。

▼写真7 アオマダラタマムシ その1a(2012年6月26日、東京郊外)
d0303129_1983675.jpg

▼写真8 アオマダラタマムシ その1b(2012年6月26日、東京郊外)
d0303129_198233.jpg


写真9はウバタマムシ。地味ながら体長約30ミリと大型のタマムシだ。
この個体は早春に丘陵方面で開かれたウォーキングイベントに参加した時、公園内の柵で見つけた。

▼写真9 ウバタマムシ(2012年3月25日、東京郊外)
d0303129_1983474.jpg


写真10〜12はタマムシ。体長は30〜40ミリ。
写真10、11は丘陵方面を歩いている時、頭上を飛んでいたのをタオルで払って地面に落ちたところを撮影したもの。
飛んでいる姿はギラギラしていたが、落ちたのを見ると腹部もギラギラしていて、夏の光を浴びてどこもかしこもギラギラだ。
写真12は主フィールドの公園で、地面で死んでいるのを見つけた。主フィールドでも見られるとは聞いていたが、見たのは初めてだった。今年は生きた個体を見てみたいものだ。

▼写真10 タマムシ その1a(2012年8月22日、東京郊外)
d0303129_1992249.jpg

▼写真11 タマムシ その1b(2012年8月22日、東京郊外)
d0303129_1985948.jpg

▼写真12 タマムシ その2a(2012年8月28日、東京近郊)
d0303129_1994391.jpg

※写真10〜12はニコンD90 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真12の個体は拾って帰り、今は写真13のようになっている。

▼写真13 タマムシ その2b(2012年8月29日、拙宅にて)
d0303129_1995328.jpg

※写真13はニコンD90 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


それにしてもタマムシ類の眼には不思議な静謐さがある。
シジミチョウの黒い眼が可愛いとか、トンボの緑色の複眼が美しいとか、カマキリはどこから見てもこっちを見ているとか、昆虫の眼にもいろいろあるが、タマムシ類は外界を見ている感じがしない。
むしろ見ているものを引きずり込む亜空間のような感じがする。いつかタマムシ類の眼を接写できたらまた取り上げてみたい気がする。

撮影機材:※印以外はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO
[PR]

by mikiosu | 2013-06-21 00:01 | 甲虫 | Comments(4)

Commented by あかね at 2013-06-22 18:38 x
みき♂さま
こんにちは!
玉虫にもこんなに色々居るのですね!!
私はウバタマムシと普通の玉虫以外見たことがありません!
いつ見てもみき♂様の画像は綺麗!!!
Commented by himeoo27 at 2013-06-22 20:37
タマムシはオオムラサキ、ゴマダラカミキリ、
アカボシゴマダラの食樹エノキを好むので
これらの蝶とセットで時々出会います。
本当に美しい甲虫ですね!
Commented by みき♂ at 2013-06-22 21:55 x
あかねさん、コメントありがとうございます。
タマムシはまだバッチリ撮ったことがないので、今年こそはと思っています。
飛翔写真にもチャレンジしたいです。無理かな…。
Commented by みき♂ at 2013-06-22 21:57 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
そういえばオオムラサキもそろそろですね。
昨年は開翅シーンに全然出会えなかったので、今年は全開翅を撮りたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード