岩手のチョウセンアカシジミ その1(2013年7月7日)

7月6日、紆余曲折の末、岩手県までチョウセンアカシジミを見に行くことになった。
話せば長くなるので詳細は割愛するが、かいつまんで説明するとこうだ。
ん? 説明はいらない? まあそう言わずに付き合ってください(笑)。

岩手在住の高校時代の同級生から(以下友人と略)、7月6日にチョウセンアカシジミの観察会があるとメールがきたのが7月4日。
悩んだが場所は行きにくいし、天候もどうも良くない。友人も予定があって案内はできないと言う。
…遠くに遠征しなくても行けるところで見られる蝶を丁寧に撮ればいいもん! と思ったのが7月5日。
予定が変わって車で案内できるようになったと友人からメールがきたのが7月5日の夜。
慌ててネットで天気予報をチェックする。かなり微妙だ。
それでもこういうチャンスはなかなかない。
チャンスは前髪を掴め! とこれまでも何度も思ったものだ。
急遽行くことにして、詳細を検討する。
チョウセンアカシジミの観察会は13時から。
東京から駆けつけて、現地駅に着くのは12時10分。友人によると十分間に合うと言う。
7月6日、朝6時過ぎに自宅を出発。最寄りの駅で新幹線の乗車券を買うと、特急券は立席特急券というのしか買えなかった。これの意味がよく分からず、東京駅の窓口で、自由席特急券と違うのかと尋ねる。
どうやら列車は全席指定で、しかも満席。自由席というのはないらしい。
東京から盛岡までは2時間ちょっと。いつもならそれくらい立っていてもなんてことはないが、前夜寝たのが3時過ぎ、起きたのが5時過ぎなのでちょっと辛いところだ。
すると、窓口のお姉さんが、ちょうどキャンセル空きが1席あるという。
助かった。これで座って行けることになった。今日はツイてる?
東京駅7時32分発車。盛岡駅には9時59分到着だ。
9時半頃までは曇り模様だったが、9時50分くらいから雨が降り始め、盛岡駅に着くと大雨だ(苦笑)。
しかし、岩手は広い。盛岡は内陸、目指す場所は沿岸なのでまだ希望はある。
私は晴れ男を自認しているので、この時点で友人にメールを送り、現地駅に着いたとき、もし雨が降っていたら晴れ男の名を返上すると書き送る(笑)。
現地駅まで2時間あまりかかるローカル線に乗り換えたのが10時過ぎ。
11時まではまだかなり雨が降っていたが、11時半には空が明るくなり始め、現地駅に着くと、曇天ながら時折日が差す天気になった。
晴れ男健在だ(笑)。
友人の車に乗り込んだのが12時半頃、チョウセンアカシジミ観察会の場所には13時ちょっと過ぎに到着した。

かいつまんで説明したつもりだが、やっぱり長くなった。
話はこれくらいにして、肝心のチョウセンアカシジミをご覧いただこう。

写真1は私にとって初撮りのチョウセンアカシジミ。
川沿いのデワノトネリコの葉上にとまっていた。かなり遠かったが、とにかく早く1枚だけでも撮っておきたくて、遠いのも構わずに撮ってみた。

▼写真1 チョウセンアカシジミ その1 初撮り(ノートリミング、2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14463635.jpg


写真2、3は同一個体。観察ポイントのデワノトネリコの葉上にとまっていた。

▼写真2 チョウセンアカシジミ その2a(ノートリミング、2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14471183.jpg

▼写真3 チョウセンアカシジミ その2b(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14472272.jpg


写真4〜6は同一個体。デワノトネリコの若い枝を長いこと歩き回っていた。
写真5、6では口吻を伸ばしている。

▼写真4 チョウセンアカシジミ その3a(ノートリミング、2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14473670.jpg

▼写真5 チョウセンアカシジミ その3b(ノートリミング、2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14472947.jpg

▼写真6 チョウセンアカシジミ その3c(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14465318.jpg


写真7は川辺の葉上にとまっていた個体。
写真8〜10はデワノトネリコの葉上で撮ったもの。すべて別個体と思う。

▼写真7 チョウセンアカシジミ その4(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_1447238.jpg

▼写真8 チョウセンアカシジミ その5(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14482872.jpg

▼写真9 チョウセンアカシジミ その6(ノートリミング、2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14482113.jpg

▼写真10 チョウセンアカシジミ その7(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14483187.jpg

▼写真11 チョウセンアカシジミ その8(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_1448293.jpg


観察会の講師が案内してくださった観察ポイントでは思った以上にたくさんの個体が見られた。
それでも毎年参加しているという方は、例年より少ないと言っておられた。
(明日につづく)

おまけ画像。この日親切に案内してくれた友人の飼い犬・マロン君。とても大人しいいい子だった。私は猫派なので犬種はしらない(笑)。
◎今日のワンコ(2013年7月6日、岩手県宮古市)
d0303129_14485788.jpg


撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-07-07 14:57 | | Comments(4)

Commented by himeoo27 at 2013-07-07 19:59
岩手県産のチョウセンアカシジミは健在のようで
安心しました。オレンジの輝きも綺麗です。
Commented by maximiechan at 2013-07-07 20:53
つべこべ話は好きです。
思い入れとか撮影の苦労とかついつい書いてしまいます。
さて、チョウセンアカシジミ初撮影おめでとうございます。
明日は翅表が出てくるのかな?
いずれにしても期待しています。
Commented by みき♂ at 2013-07-07 23:12 x
himeooさん、コメントありがとうございます。
沿岸部では2011年の大震災の影響で個体数も減ったようですが、一昨年に比べると昨年はやや回復したそうです。
Commented by みき♂ at 2013-07-07 23:16 x
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
つべこべ話が私のブログの肝だと思っているので嬉しいです(笑)。
チョウセンアカシジミは是非とも見たいと思っていたので、
たくさんの個体に出会えてとても嬉しい一日となりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード