7月のタテハチョウたち(2013年7月18日)

この夏は6月末に埼玉県までオオムラサキを撮りに行ったが、うっかり場所を間違えて放蝶会に参加し損なってしまい、肝心のオオムラサキにはちょっとしか出会えていない。
一昨年は夏の暑い日にも東京郊外の山に何度も出かけたりしたが、今年はどうもそんな元気がない(苦笑)。
昨年何度か出かけた丘陵方面では、思ったようにオオムラサキには出会えなかった。どうも今年も不作のようで、雨にたたられた日は別にしても、二度の丘陵遠征でまったく出会うことなく終わってしまった。
そんなことで、7月のタテハチョウなのにオオムラサキの写真はない。
まったく寂しい限りだ。

写真1はトンボ狙いで出かけた東京郊外の河川敷で見かけたキタテハ。
河川敷にブッドレアの花が咲いていて、そこにきていた。
この河川敷にはコマツナギの花も咲いていた。昔はミヤマシジミもいたのかもしれない。

写真1 キタテハ&ブッドレア(ノートリミング、2013年7月3日、東京郊外)
d0303129_3241788.jpg


写真2は近所の公園で見つけたルリタテハ。
ルリタテハは都区内の公園でもよく見かける蝶だ。幼虫の食草はホトトギスなどユリ科の植物。ホトトギスの花はあちこちの公園で植栽されているようなので、よく見かけるのはそのせいなのだろう。

写真2 ルリタテハ(ノートリミング、2013年7月8日、都区内の公園)
d0303129_3235292.jpg


7月上旬は暑くてとてもフィールド散策など覚束なかったが、中旬にはいくらか暑さも和らぎ、16日にはオオムラサキ狙いで丘陵方面に出かけてみた。
この日多かったのがコジャノメとクロヒカゲ、それとマイマイガだった(苦笑)。今年はマイマイガの成虫の姿がかなり多く見られた。
写真3〜5はコジャノメ。
眼状紋が妙にくっきり見えた気がする。コジャノメは第二化(夏型)なのだろう。同じ公園で5月上旬に見かけたコジャノメ第一化(春型)とは随分と違って見える(2013年5月6日付け「丘陵のコジャノメほか」参照)。
コジャノメの眼状紋周辺の白さが、春と夏でこんなに異なるとは今まで気が付かなかった。

写真3 コジャノメ♂(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_324773.jpg

写真4 コジャノメ♀ その1a(ノートリミング、2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3242095.jpg

写真5 コジャノメ♀ その1b(ノートリミング、2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3243046.jpg


写真6〜8はクロヒカゲ。
クロヒカゲも意識して見比べてみると、眼状紋の変異が結構ある。

写真6 クロヒカゲ(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3243366.jpg

写真7 クロヒカゲ その1a(ノートリミング、2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3251839.jpg

写真8 クロヒカゲ その1b(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_325304.jpg


写真9は新鮮に見えたツマグロヒョウモン♂。
この日はヒョウモンチョウ類も少し期待していたが、もう夏眠に入ってしまったのか、オカトラノオの花はまだたくさん咲いているのに、メスグロヒョウモンにもオオウラギンスジヒョウモンにも出会えなかった。今年はまだミドリヒョウモンも見ていない。

写真9 ツマグロヒョウモン♂(ノートリミング、2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_325945.jpg


写真10〜12はおまけ画像のゴイシシジミ。
ゴイシシジミだけは今年は随分と見かける。
同一個体だが、写真11では脚で触角を磨くような仕草をしていた。前脚ではなく中脚を使っていたようだ(写真12)。
…何だか可愛い(笑)。

写真10 ゴイシシジミ その1a(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3251824.jpg

写真11 ゴイシシジミ その1b(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_3252619.jpg

写真12 ゴイシシジミ その1c(2013年7月16日、東京郊外)
d0303129_1595668.jpg


今月は7月6日に岩手までチョウセンアカシジミを撮りに行って以降、これといった収穫がないのが実情だ。このままではちょっと寂しいブログになってしまうが、私にとって今年最大の山場が今週末にある。
家人との旅行なのであまり好き勝手に歩き回る訳にはいかないが、19日から二泊三日の上高地旅行がひかえている。
私はまだ高山蝶を一種も見たことがない。この旅行でどんな蝶に出会えるかとても楽しみだ(ワクワク)。

参考文献:『フィールドガイド 日本のチョウ』(日本チョウ類保全協会編、誠文堂新光社)

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-07-18 03:28 | | Comments(12)

Commented by LUFFYY at 2013-07-18 04:57
上高地旅行楽しみですね。
是非色々な蝶に会えることを
祈念いたします。
Commented by みき♂ at 2013-07-18 11:42 x
LUFFYYさん、コメントありがとうございます。
かなり前から予約していたので天気は運任せでしたが、悪くなさそうで楽しみです。
なんだか小学生の頃の遠足前夜のような気分です(笑)。
Commented by あかね at 2013-07-18 17:54 x
みき♂さま
こんにちは!
暑い暑いと言っている内にオオムラサキもそろそろ終わりですね!!
上高地旅行楽しみですね
高山蝶・・何がいるでしょうか??
いい出会いをしてきてくださいね
丘陵でお目にかかったら来年に向けて
いい情報を・・・と思っていますが
Commented by みき♂ at 2013-07-18 19:15 x
あかねさん、コメントありがとうございます。
オオムラサキ、今年もあまり良い写真は撮れないまま終わりそうです。
今度良いポイントを教えてください。いつも教えてもらってばかりですいません。
高山蝶…オオイチモンジとコヒオドシあたりに出会えると嬉しいですね。
Commented by おはる at 2013-07-18 23:19 x
上高地旅行の報告を楽しみにしています。
私も8月に日帰りで行く予定です。
避暑兼観光旅行ですが、こちらで見られない蝶が見られたらうれしいです。
Commented by みき♂ at 2013-07-18 23:41 x
おはるさん、こんにちは。
初めての場所で蝶のポイントも知らず、どうなりますか。
少し心配になってきました(笑)。
今回は家族旅行なので、もし撮影がはかばかしくなかったら後日バスツアーで再訪することも考えたりしてます。
まあそうならないよう頑張ってみます。
Commented by yoda-1 at 2013-07-19 22:13
確かにコジャノメの色合いが化数で違っていますね。
私も知りませんでした。
新たな発見はそれは楽しいこともであります。
上高地での幸運をお祈り申し上げます。
Commented by 都市蝶 at 2013-07-19 22:34 x
今月都区内でルリタテハに会われたのですね。私はゴマダラチョウによくしてもらっています。
上高地のご報告を楽しみにしています。
(みっけではコメントありがとうございました)
Commented by みき♂ at 2013-07-21 21:13 x
yodaさん、コメントありがとうございます。
身近な蝶でもまだまだ知らないことがありますね。
上高地の蝶たち、近々アップします。
Commented by みき♂ at 2013-07-21 21:16 x
都市蝶さん、コメントありがとうございます。
7月21日夜20時頃、上高地から帰ってきました。
東京は暑いですね。
これから撮影画像の整理をして、22日夜くらいには第一弾をアップしたいと思っております。
Commented by Sippo5655 at 2013-07-21 22:53
ゴイシシジミのカキカキ、中脚を使ってですか~。
よく観察されていないとわからないことですね。
可愛いです(*´∀`*)
クロヒカゲもムードたっぷり!
しっとりと美しいですね♪
上高地、、憧れの場所です。
素敵な出会いがたくさんありますように・・・!
Commented by みき♂ at 2013-07-22 09:07 x
Sippoさん、コメントありがとうございます。
蝶が複眼や触角を撫でる仕草は時折見られると思いますが、
どの脚を使うのかこれまであまり気にしていませんでした。
上高地でもあるシジミチョウが中脚を使って触角を撫でる仕草が見られましたので、後日アップするつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード