上高地の昆虫たち−−タテハチョウ編 その3 ヤマキマダラヒカゲほか(2013年7月26日)

今回の上高地旅行で一番良く見かけたのがヒカゲチョウ類だ。
ヒカゲチョウ、クロヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲ。この4種で何十匹見ただろうか。
ヒカゲチョウ、クロヒカゲは都内でもよく見られるが、ヒメキマダラヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲは都内で見ることはほとんどない蝶だ。
最初のうちこそ熱心に撮ったが、たくさんいるのでそのうちどうでもよくなってきた(苦笑)。
写真1は旅程初日に宿泊ホテルの玄関前で撮ったヤマキマダラヒカゲ。
地面に這いつくばって撮っていると、家人から恥ずかしいからやめてくれと言われてしまった。この蝶は翌朝までこの場所にとまっていたが、朝見てみると、蟻にたかられていた。
写真2は河原で吸水する個体。
写真3はサトキマダラヒカゲと少し紛らわしいが、ヤマキマダラヒカゲと思う。

写真1 ヤマキマダラヒカゲ その1(ノートリミング、2013年7月19日、上高地)
d0303129_20154172.jpg

写真2 ヤマキマダラヒカゲ その2(2013年7月20日、上高地)
d0303129_20162798.jpg

写真3 ヤマキマダラヒカゲ♂ その3(ノートリミング、2013年7月21日、上高地)
d0303129_20163473.jpg


写真4〜6はヒメキマダラヒカゲ。
ヒメキマダラヒカゲだけはなかなか近くに寄らせてくれなかった。

写真4 ヒメキマダラヒカゲ その1a(ノートリミング、2013年7月20日、上高地)
d0303129_20165044.jpg

写真5 ヒメキマダラヒカゲ その1b(2013年7月20日、上高地)
d0303129_20161225.jpg

写真6 ヒメキマダラヒカゲ♂ その2 開翅(2013年7月20日、上高地)
d0303129_20164136.jpg


写真7、8はクロヒカゲ。
写真8の個体は茶店の外にあるテーブルで昼食をとっていると、ツツツと寄ってきて弁当の廻りをうろちょろしていた。試しに指を差し出すと汗を吸い出した。とても小さい個体だった。

写真7 クロヒカゲ♂ その1(ノートリミング、2013年7月20日、上高地)
d0303129_20165258.jpg

写真8 クロヒカゲ♂ その2(ノートリミング、2013年7月20日、上高地)
d0303129_20173067.jpg


写真9、10はヒカゲチョウ。
写真9の個体はとても綺麗だった。このように吸水している個体は♂と考えて良いのだろうか。
写真10は愛機についた汗の痕に口吻を伸ばしていた。そんなにレンズを持つ手が汗ばんでいたのだろうか(苦笑)。

写真9 ヒカゲチョウ♂ その1(ノートリミング、2013年7月21日、上高地)
d0303129_20171364.jpg

写真10 ヒカゲチョウ♂ その2(ノートリミング、2013年7月21日、上高地)
d0303129_20175361.jpg

※写真10はニコンD90 & AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR


写真10の個体はこの後、私のザックにとまったまま数百メートルもついてきた。家人によると、しゃがみ込んで他の蝶を撮っていても離れずにいたらしい。
梓川沿いの散策路を離れてバスターミナルに向かう直前に飛んで行ったようだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
[PR]

by mikiosu | 2013-07-26 00:01 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード