丘陵のヒョウモンチョウ類(2013年10月1日)

9月30日はイトトンボ狙いで丘陵方面へプチ遠征。
9月に2度目の丘陵遠征だが、懸念した通り、アオイトトンボはまったく見られなかった。
昨年は9月20日にかなりたくさんのアオイトトンボを見つけ、10月に入ってもまだ見られた。
今年は春先に湿地が干上がっていたので心配していた。アオイトトンボの後にはオオアオイトトンボも出るはずなので、10月に入ったらまたチェックしてみたい。
イトトンボ類は見られなかったが代わってたくさん見られたのがヒョウモンチョウ類。

写真1は公園入口でお出迎えしてくれたルリタテハ。
近くのクヌギに2〜3匹きていたようだ。柵の外から撮ったためにかなり離れていたが、この個体は新鮮に見えた。

▼写真1 ルリタテハ 開翅(2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_249169.jpg


写真2はツマグロヒョウモン♀。
草むらで産卵場所を探しているように見えた。

▼写真2 ツマグロヒョウモン♀ 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2493032.jpg


写真3、4はクモガタヒョウモン♂。
この丘陵では初めて見た。公園入口付近のコセンダングサと思われる花でしばらく吸蜜していた。
さすがに新鮮ということはないものの、痛みの少ない個体だった。

▼写真3 クモガタヒョウモン♂ その1a 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2493477.jpg

▼写真4 クモガタヒョウモン♂ その1b 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2494379.jpg


写真5、6はウラギンヒョウモン。
どこか山の方から飛んできたのだろうか。
昨年10月には小金井公園でウラギンヒョウモン♀を見かけているので、この丘陵地にいてもそれほど驚くにはあたらないか。
これも草むらで産卵場所を探しているように見えたが、翅がかなり痛んでいて♂か♀かはっきり分からない。

▼写真5 ウラギンヒョウモン その1a(2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_250530.jpg

▼写真6 ウラギンヒョウモン その1b 半開翅(2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2501362.jpg


写真7〜9はメスグロヒョウモン。
♂はノハラアザミと思われる花で、♀はタカアザミで吸蜜していた。
♂は何匹か見られたが、いずれもかなり痛んでいた。それに比べると♀の方は翅はやや痛んでいたものの、しっとりと綺麗な色合いを保っていたように思う。

▼写真7 メスグロヒョウモン♂ 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2501341.jpg

▼写真8 メスグロヒョウモン♀ その1a 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2502381.jpg

▼写真9 メスグロヒョウモン♀ その1b 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_250309.jpg


写真10〜13はオオウラギンスジヒョウモン♀。
オオウラギンスジヒョウモン♀も2個体見られた。
今年は初夏に都内で見ることができなかったので、この時期にしては綺麗な個体に出会えて良かった。
オオウラギンスジヒョウモン♀は、どこか色っぽい感じがするのは私だけだろうか。
この個体はノハラアザミと思われる花で長いこと吸蜜していた。デジタル一眼でひとしきり撮った後、コンパクトデジカメで接写してみた(写真12、13)。

▼写真10 オオウラギンスジヒョウモン♀ その1a 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2504315.jpg

▼写真11 オオウラギンスジヒョウモン♀ その1b(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2504920.jpg

▼写真12 オオウラギンスジヒョウモン♀ その1c 開翅(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2511157.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

▼写真13 オオウラギンスジヒョウモン♀ その1d(ノートリミング、2013年9月30日、東京郊外)
d0303129_2512031.jpg

※写真13はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

この他にミドリヒョウモン♂も見られたが、かなり痛んでいたので割愛する。
この日は蝶の写真を150枚くらい撮った。ルリタテハの2枚を除くと、すべてヒョウモンチョウ類という珍しい日だった。

参考文献:『フィールドガイド 日本のチョウ』(日本チョウ類保全協会編、誠文堂新光社)

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
[PR]

by mikiosu | 2013-10-01 02:52 | | Comments(2)

Commented by puntamama at 2013-10-01 21:09
こんばんは!
たくさんのヒョウモン蝶に逢えたのですね @@
個人的にはメスグロヒョウモンのメスが羨ましいです ^^;
先日逃げられたばかりなので (笑)

イトトンボは残念ですね・・・
やっぱり梅雨時に雨が極端に少なかったのが原因でしょうか?
大きな池や沼は大丈夫でしたが
私の湿地ポイントも干上がってしまって・・・
カワトンボ系が全く見られずに終ってしまいました (涙)
とこかで生き延びていて欲しいですね!
Commented by みき♂ at 2013-10-01 22:46 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
ヒョウモンチョウ類は秋にも色々見られて楽しいです。
アオイトトンボ、今年はどうも不作のようです。
また近々リベンジに行きたいと思ってますが…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード