コミミズク&ミミズク(2013年12月15日)

コミミズク&ミミズクと言ってもフクロウではなく、昆虫の方だ。
主フィールドにいると聞いて2〜3年前から何とか見たいと思っていたコミミズクの幼虫にやっと出会うことができた(写真1〜3)。
10月下旬に東京郊外でも見かけたのだが、その時にはカメラを構えただけで手すりから落ちて見失ってしまった。
この日は寒いせいか柵の上でじっとしていた。
小さくてなかなかうまくピントが合わない。こういう時こそコンパクトデジカメの広角接写が良いと思われるのだが、デジタル一眼+マクロレンズの方がまだ綺麗に撮れていた。
コンパクトデジカメで撮った写真は柵の方にピントが合ってしまうのか後ピンばかりだった(泣)。
写真3は自分の身体で太陽光をさえぎって撮ったもの。こうして見るとかなり緑色がかって見える。

▼写真1 コミミズク幼虫 その1a(ノートリミング、2013年12月13日、東京近郊)
d0303129_41392.jpg

▼写真2 コミミズク幼虫 その1b(2013年12月13日、東京近郊)
d0303129_41441.jpg

▼写真3 コミミズク幼虫 その1c(2013年12月13日、東京近郊)
d0303129_41757.jpg


11月にはミミズクも見かけた(写真4〜6)。
この個体は耳状突起が小さいので♂なのだろう。成虫は何度か見かけたことがあるが、主フィールドでは初めて見た。

▼写真4 ミミズク♂ その1a(2013年11月28日、東京近郊)
d0303129_41916.jpg

▼写真5 ミミズク♂ その1b(ノートリミング、2013年11月28日、東京近郊)
d0303129_42622.jpg

▼写真6 ミミズク♂ その1c(2013年11月28日、東京近郊)
d0303129_421461.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

今年の春先にはミミズクの幼虫も見かけている(写真7〜9)。
幼虫の方は成虫に比べてかなり平べったく、よく注意して見ないと枯葉の切れ端がくっついているように見えなくもない(笑)。
それでも動くとちゃんと脚も見えた(写真8)。

▼写真7 ミミズク幼虫 その1a(2013年3月2日、東京近郊)
d0303129_411998.jpg

▼写真8 ミミズク幼虫 その1b(2013年3月2日、東京近郊)
d0303129_424839.jpg

▼写真9 ミミズク幼虫 その1c(ノートリミング、2013年3月2日、東京近郊)
d0303129_42039.jpg

※写真7〜9はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

寒い時期はフユシャク探しがメインになるが、こうした昆虫も時折見られるのでフィールド観察は面白い。
来春にはコミミズクの成虫も見てみたいものだ。

そういえば、今年の春先に掛川花鳥園に行った際、ワシミミズクを見たのを思い出した。
せっかくなのでその時に撮った写真を1枚追加しておく。
この子はベンガルワシミミズクとのことだ。
ミミズクの耳のように見える部分は羽角というらしい。昆虫のミミズクという和名は耳状突起がこれに似ているから付けられたそうだ。

▼ベンガルワシミミズク(2013年3月10日、静岡県・掛川花鳥園)

d0303129_338365.jpg

※ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-12-15 04:04 | その他 | Comments(2)

Commented by himeoo27 at 2013-12-15 17:41
虫屋の私には、「コミミズク&ミミズク」と言うと
こちらの昆虫達が中心と勝手に思い込んでい
ます(笑)。
それにしても、珍妙な形状ですね!
Commented by みき♂ at 2013-12-15 23:44 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
コミミズク幼虫、せっかく出会えたのにうまく撮れず消化不良でした(苦笑)。
今度出会ったらもうちょっと何とかしたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード