今日もコツバメ、続き(2014年4月4日)

コツバメは個人的に好きな蝶なので、三日連続コツバメの記事になってしまった(笑)。
写真1〜4は前回の記事の写真1〜7と同じ個体。同じ場所にとまっているコツバメを、レンズを替えて撮り比べてみた。
写真1は105ミリマクロレンズで、写真2は10.5ミリフィッシュアイレンズ+1.4倍テレプラス装着、写真3は10.5ミリフィッシュアイレンズ単体で撮ったもの。
マクロレンズで撮った後、レンズ交換している間にコツバメはやや斜めになったようで、陽の光を浴びて茶色っぽく見えた。

▼写真1 コツバメ その1a(ノートリミング、2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_338592.jpg

▼写真2 コツバメ その1b(ノートリミング、2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_338117.jpg

※写真2はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED+Kenko 1.4倍テレプラスMC4 DGX

▼写真3 コツバメ その1c−1(ノートリミング、2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_3384925.jpg

※ニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

コツバメは小さいのでテレプラスを装着した方が良いかと思っていたが、目一杯近づけばテレプラスなしでも良いような気がしてきた。
好みの問題もあろうが、試しに家人に対して写真1〜3の中でどれが良いか聞いてみると、写真3が良いとのことだった。
ちなみに、この撮影では草むらに腹這いになり、コツバメに数センチの距離まで近づいて撮った。
写真4は写真3を縦位置にトリミングしてみたもの。

▼写真4 コツバメ その1c−2(2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_3421811.jpg

※ニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

いささか余談になるが、2月に購入したフィッシュアイレンズは結構気に入っているが、どうもピント精度に疑問の余地があり、購入当初から気になっていた。
被写体にAFポイントを合わせてシャッターを半押ししてもきっちり合焦してくれない場合がある。
これまでマニュアルでピント合わせをしたりしていたが、小さな蝶を撮る場合にはうっかりすると指で触れてしまいかねない。触れないまでも飛んで逃げてしまう。
そんなこともあって、3月31日、郊外でコツバメを撮った帰りにレンズを購入した販売店に寄り、馴染みの店員さんに相談してみた。
お店を通してメーカーに送って検査してもらうか、直接メーカーに持ち込むか、カメラ本体と一緒に出すべきかなど話しているうち、まだ買ったばかりなので新品交換しましょうということになった。
自分としてはそこまで考えていなかったが、これからいろいろな蝶を撮りたい時期に、メーカーに検査・調整に出して何日もかかるのは困るなと思っていたので、お言葉に甘えて交換してもらうことになった。
4月2日に新しいレンズが届き、室内でちょっと試した感じでは前より良いような気がしている。いずれ近いうちにフィールドで試してみるつもりだ。
やはり馴染みの店、馴染みの店員さんがいてくれると助かる。
閑話休題。

写真5、6は同じ個体の飛翔写真(SS 1/6400秒)。
マクロレンズで適当な距離にピントを合わせてマニュアルフォーカスに切り替え、コツバメがそのくらいの距離にきた時に連写してみたが、やはり簡単にはいかなかった。

▼写真5 コツバメ その1d 飛翔中(2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_340714.jpg

▼写真6 コツバメ その1d 飛翔中(2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_3394646.jpg


写真7、8は別個体の飛翔写真。
写真7は1/5000秒、写真8は1/4000秒。
この個体は前日の3月31日にコツバメを撮った場所なので、その日に撮った個体と同じかもしれない。こちらの写真には♂の性標が見られた。

▼写真7 コツバメ♂ その2a 飛翔中(2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_34005.jpg

▼写真8 コツバメ♂ その2b 飛翔中(2014年4月1日、東京郊外)
d0303129_3392096.jpg


何とか見られる程度に写っていたのはこの4枚。何度か試したもののまったく手応えがなかったので、早々に諦めてしまった(苦笑)。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-04-04 00:01 | | Comments(4)

Commented by twoguitar at 2014-04-05 08:16 x
コツバメ三昧の日々羨ましいですね。
まだ必ずいるというポイントに巡りあえていません。
テリ張りシーンしか見たことがありませんでしたが 、オオイヌノフグリで口吻を見せている写真、口吻も雄しべもしっかりと写っていて魅力的ですね。
写真3は環境がよく伝わってきます。
フィッシュアイレンズを店頭で新品交換してくれたとは親切な対応ですね。以前、テレコンバーターを修理に出したら、修理不能のため新品交換になりましたが、保険超過分の差額を取られました。
Commented by みき♂ at 2014-04-05 22:11 x
twoguitar様
コメントありがとうございます
コツバメ、今季は当たり年だったのか、そこそこの個体数を見ることができました。
新品交換してもらったフィッシュアイレンズはまだちょっとしか使っていませんが、やはり交換してもらって良かったようです。
これからどんどん使いたいと思います。
Commented by 693 at 2014-04-06 10:09 x
> 写真3が良いとのことだった。

なるほど、虫を大きく撮りたいが背景も入れたい。
フレーミングはいつも悩みますが、Up画像と背景(生息環境)を入れた画像の両方を撮っておくようにしています。

私は双方のバランスのとれた「画像4」が良いと思いました。
Commented by みき♂ at 2014-04-06 12:21 x
693様
コメントありがとうございます。
今季はいろいろな撮り方にチャンレジ中です。
蜻蛉や甲虫もフィッシュアイレンズで撮ってみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード