ギンイチモンジセセリ三昧の日(2014年4月21日)

前回の続きでギンイチモンジセセリ春型の静止写真を紹介したい。
この日はやや気温が低く、太陽も雲から出たり入ったりという天気。
河川敷のギンイチモンジセセリは、とまるとすぐに開翅する個体ばかりで、最初は翅裏がなかなか撮れなかった。
写真1は♂の開翅シーン。
昼前はこういうシーンが多かった。

▼写真1 ギンイチモンジセセリ♂ その1 開翅(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12365955.jpg


写真2、3は上記と別個体の♂。
最初は半開翅状態だったが、すぐに開翅状態になった(写真3)。

▼写真2 ギンイチモンジセセリ♂ その2a(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_1237394.jpg

▼写真3 ギンイチモンジセセリ♂ その2b 開翅(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12372075.jpg


昼過ぎには枯れ枝にとまって翅裏を見せている姿が見られるようになった。
どうもほとんどは♂のように見えた(写真4〜8)。
写真4〜6は枯れ枝にとまる♂。

▼写真4 ギンイチモンジセセリ♂ その3(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12374116.jpg

▼写真5 ギンイチモンジセセリ♂ その4(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_1238192.jpg

▼写真6 ギンイチモンジセセリ♂ その5(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12382996.jpg


写真7、8は草にとまってじっとしていた♂。
どちらの写真も同じレンズでノートリミング。写真7を撮った後に、枯れ枝の上を匍匐前進して撮ったのが写真8。
草被りしているのは分かっていた。こういう場合は草被りも良いような気がした。

▼写真7 ギンイチモンジセセリ♂ その6a(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12384733.jpg

▼写真8 ギンイチモンジセセリ♂ その6b(ノートリミング、2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_123958.jpg


写真9は写真8の個体が少し移動したところをフィッシュアイレンズで撮ったもの。
撮り方次第では遠景の橋も真っすぐに写るようだ。
近づくと飛んでしまう場合が多い中で、この個体はかなり接近させてくれた。お日様が陰ったからだろうか。
飛翔写真もこんな風に撮れると良いが、これで蝶はレンズ先端から数センチ。広角飛翔はハードルが高い。

▼写真9 ギンイチモンジセセリ♂ その6c(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12381149.jpg

※写真9はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED+Kenko 1.4倍テレプラスMC4 DGX

写真10〜13はおまけ画像。
写真10は露出もピントも今ひとつだが、前翅裏にある黒い部分が撮れたので載せてみた(性別不明)。

▼写真10 ギンイチモンジセセリ その7 前翅の翅裏(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12384855.jpg


写真11は正面から撮ってみたもの(性別不明)。
もう少し下から撮りたかったかな。

▼写真11 ギンイチモンジセセリ その8 正面(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12383969.jpg


写真12は触角のアップ(写真2と同じ個体)。
複眼の上の毛が睫毛のように見えなくもない。

▼写真12 ギンイチモンジセセリ♂ その2c 触角アップ(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_123976.jpg


写真13は複眼のアップ(写真7と同じ個体)。
複眼周辺は結構毛深く、個体によっては複眼の上に被さっていて、何だかお洒落だ(笑)。
いやその前に、これだけ毛が被さっていると前が見にくいということは無いのか…。
複眼だから大丈夫なのだろうか。複眼に付いた花粉を前脚で拭う仕草をよく見かけるので、やはり毛が被さっていると見にくいような気がする。

▼写真13 ギンイチモンジセセリ♂ その6d 複眼アップ(2014年4月19日、東京郊外)
d0303129_12391723.jpg


中にはダブって撮っている個体もあるかもしれないが、この日撮ったギンイチモンジセセリは飛翔中を除いて15個体。
先日出かけたプチ遠征先とは広さも段違いなので、やはり個体数も多かった。
夏型も一度くらい撮りに行かなければならないかな。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2014-04-21 00:01 | | Comments(10)

Commented by puntamama at 2014-04-21 12:57
こんにちは!
ギンイチモンジ、楽しませていただきました ^^
枯れヨシの河原で飛翔を追いかけて大変だったでしょう!
私も会いたいですが なかなか見つけられません ーー;
私は8番や6番のような雰囲気のお写真好きなんです (笑)
毛深いですね 長すぎるツケマしているみたい ^^;
裏の銀一文字も素敵ですが翅表のシックなチョコレートブラウンも良いですねです
10番の前翅が写っているのは珍しくて参考になりました!
Commented by ダンダラ at 2014-04-21 18:01 x
広い河川敷でこの蝶を追いかけるのは楽しいですね。
歩き回っても、走っても足元の植物を傷める心配はしなくていいし、きれいなギンイチをファインダーにとらえた時の喜びは格別ですよね。
広角飛翔の考え方、参考になりました。
Commented by みき♂ at 2014-04-21 23:22 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
ギンイチモンジセセリ、茎の中ほどにちょこんととまる姿勢が可愛いですよね。
複眼周辺はいつも暗めでよく分からなかったのですが、今回初めてはっきり撮れた気がします。
Commented by みき♂ at 2014-04-21 23:25 x
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
広い河川敷にベースキャンプを構えて、美味しいおにぎりを持参して行きました。
もうちょっと天気が良いとなお楽しかったのですが…。まあ、贅沢を言ってはキリがありませんね(笑)。
Commented by grassmonblue at 2014-04-22 11:59 x
こんにちは、ごぶさたしています。
今日はひさしぶりでUPした当方ブログお訪ねいただきありがとうございます。
こちらも久しぶりでお訪ねしたのですが、春の蝶の魅力いっぱいのすばらしい写真の数々、見あきることなくヒドシチョウのところまで堪能させていただいたところです。
モンシロチョウ調査、すすめる方が何人もおられるので遅ればせながらやってみたいと思っています。よろしくお願いします。
Commented by Sippo5655 at 2014-04-22 21:00
ギンイチたくさんいたのですね!
角度を変えての撮影がまた面白いです。
複眼も、まん丸のようでいて、角度で違うニュアンスに見えるから
不思議・・!
Commented by みき♂ at 2014-04-23 02:11 x
grassmonblue様
コメントありがとうございます。
モンシロチョウは井の頭公園では4月4日が初撮りでした。今年はだいぶ遅かったですが、やはりおはるさんの方が数日早く見られていたようです。
Commented by みき♂ at 2014-04-23 02:15 x
Sippo様
コメントありがとうございます。
ギンイチモンジセセリ、このポイントは先般のSippoさんの個展でお会いした時にお話しした場所です。
もう少し粘って花に来るシーンも撮りたかったです(反省)。
Commented by twoguitar at 2014-04-24 17:24 x
ギンイチ、開翅、いろいろな角度から、そしてフィッシュアイと充分に撮影を堪能できましたね。
素晴らしい!の一言です。
昨日、ようやく1頭見つけましたが、ワンシーンだけでした。アップが遅れそうです。
Commented by みき♂ at 2014-04-24 21:32 x
twoguitar様
コメントありがとうございます。
ギンイチモンジセセリ、飛翔シーン、交尾シーン、吸蜜シーンなどまだまだ撮り足りないシーンが多々あります(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード