ゴイシシジミ今季初撮り、ほか(2014年5月25日)

丘陵方面へ遠征した5月22日、タテハチョウ科の幼虫&蛹のほかには、以下のような蝶たちを見かけた。

写真1はサトキマダラヒカゲ。
サトキマダラヒカゲの姿も増えてきた。この日はコナラと思われる木の幹にたくさんきていた。

▼写真1 サトキマダラヒカゲ(ノートリミング、2014年5月22日、東京郊外)
d0303129_4141695.jpg


写真2は園路脇の柵にとまるコジャノメ。

▼写真2 コジャノメ(ノートリミング、2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4143280.jpg


写真3〜6はヒメキマダラセセリ♂。
葉上にとまって徐々に翅を開いてくれた。

▼写真3 ヒメキマダラセセリ♂ その1a(ノートリミング、2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4154159.jpg

▼写真4 ヒメキマダラセセリ♂ その1b(2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4145974.jpg

▼写真5 ヒメキマダラセセリ♂ その1c(2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4155339.jpg

▼写真6 ヒメキマダラセセリ♂ その1d(2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4151713.jpg


写真7、8は今季初撮りのゴイシシジミ。
ゆらゆら飛んで、とまったら撮ろうと待ち構えていても、とまりそうでとまらないのがこの蝶の特徴だ(苦笑)。
姿を見失う前に、飛んでいるところを撮っておいた。

▼写真7 ゴイシシジミ 飛翔中 その1a(2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_416111.jpg

▼写真8 ゴイシシジミ 飛翔中 その1b(2014年5月22日、埼玉県)
d0303129_4161967.jpg


ゴイシシジミは昨年もこのポイントで撮っている(昨年の記事はこちら)。
日付を調べると6月1日だった。あと一週間もすれば、ゼフィルス類に加え、ヒオドシチョウの新成虫も見られるかもしれない。

撮影機材:ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2014-05-25 00:01 | | Comments(4)

Commented by himeoo27 at 2014-05-25 14:13
やや薄暗い場所にいてチョコマカせわしなく
飛び回る小さなゴイシシジミの飛翔を上手に
撮られてますね!
Commented by みき♂ at 2014-05-25 16:51 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
ゴイシシジミ、やはりとまらずにどこかへ行ってしまったので、念のため撮っておいて良かったです。
可愛らしい静止シーンはまた今度のお楽しみです。
Commented by twoguitar at 2014-05-26 10:12 x
こんにちは。
消える前に飛翔写真をものにできて流石ですね。
ゴマシジミの翅表が撮れましたね、地味なんですね。
テングチョウも見られ、次はヒオドシの番ですね。
Commented by みき♂ at 2014-05-26 21:30 x
twoguitar様
コメントありがとうございます。
ゴイシシジミ、翅表は確かに地味です(笑)。
ヒオドシチョウは今週末あたりから新成虫が見られるのではないかと期待しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード