5月の甲虫たち(2014年5月27日)

ハムシ類に続いて、5月中に撮った甲虫類を紹介してみる。別にゼフィルス類が撮れなくてヤケになっているわけではない(笑)。

写真1はカタモンコガネ。
これは埼玉県に遠征した時に河川敷で見つけた。

▼写真1 カタモンコガネ(2014年5月7日、埼玉県)
d0303129_1340285.jpg


写真2はヒラタアオコガネ。
オオスジコガネかと思ったが、光沢が鈍く、毛が多いので調べ直すと、どうもヒラタアオコガネらしい。これは東京郊外の林縁で見つけた。

▼写真2 ヒラタアオコガネ(2014年5月12日、東京郊外)
d0303129_1340379.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真3はアシナガコガネ。
これは東京郊外の公園内に咲くハルジオンにきていた。最初は花に来ていたのだが、写真を撮ろうとすると下に落ちてしまった。

▼写真3 アシナガコガネ(2014年5月17日、東京郊外)
d0303129_13404879.jpg


写真4、5はヒゲブトハナムグリ。
写真4は♀、写真5は♂。
ヒゲブトハナムグリは昨年もほぼ同時期に同じ場所で♂と♀を見つけている(東京郊外の林縁)。例年見られる昆虫に出会うと何となくホッとする。そうではあるまいか。

▼写真4 ヒゲブトハナムグリ♀(2014年5月19日、東京郊外)
d0303129_1340571.jpg

※写真4はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

▼写真5 ヒゲブトハナムグリ♂(2014年5月19日、東京郊外)
d0303129_1341629.jpg


写真6はドロハマキチョッキリ。
ドロハマキチョッキリは色の変異が多くてあまり自信がない。
おまけにこの個体は、手の上を歩き回って全身をしっかり撮ることが出来なかった。
チョッキリ&オトシブミ類は、近づいただけで葉っぱから地面に落ちてしまうことが多いのに、この子は平気なようだった。

▼写真6 ドロハマキチョッキリ 手乗り(2014年5月4日、東京郊外)
d0303129_13412048.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真7はカシルリオトシブミ。
ドロハマキチョッキリとカシルリオトシブミは東京郊外の里山方面でほぼ同じ場所で見つけた。

▼写真7 カシルリオトシブミ(2014年5月4日、東京郊外)
d0303129_13413296.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真8はヒゲナガオトシブミ♂。
これは東京郊外の林縁で毎年よく見られる。

▼写真8 ヒゲナガオトシブミ♂(2014年5月19日、東京郊外)
d0303129_13412170.jpg


写真9は初見のシロトラカミキリ。
これは東京郊外の林道手前のガードレールを歩いていた。このガードレールではシロトゲエダシャク♀を初めて見つけたりして、しばしばお世話になっているのだった。

▼写真9 シロトラカミキリ(2014年5月19日、東京郊外)
d0303129_13421097.jpg

※写真9はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真10はキマダラカミキリ。
やや大きめのカミキリムシ。ゼフィルス狙いで出かけたプチ遠征先の公園で見つけた。

▼写真10 キマダラカミキリ(2014年5月23日、東京近郊)
d0303129_13421117.jpg


写真11、12はヒゲコメツキ。
写真11は♀、写真12は♂。♀は東京郊外の林道入口のガードレールで、♂はプチ遠征先の公園で見つけた。♂の触角が少し傷んでいたのが残念。
コメツキムシの眼ははっきり写っていないことが多い気がするが、ヒゲコメツキの眼は少女マンガの主人公みたいにパッチリお目目だ。

▼写真11 ヒゲコメツキ♀(2014年5月12日、東京郊外)
d0303129_13422046.jpg

▼写真12 ヒゲコメツキ♂ 手乗り(2014年5月23日、東京近郊)
d0303129_13422735.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真13は初見のルイスコメツキモドキ。
小さいが光沢の綺麗な甲虫だった。これは東京郊外の林縁で見つけた。

▼写真13 ルイスコメツキモドキ(2014年5月2日、東京郊外)
d0303129_13423983.jpg

※写真13はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真14はシロオビナカボソタマムシ。
これも東京郊外の林縁で見つけた。小さくてなかなか綺麗に撮れなかった。左側に写っているのはカキドオシの花なので小さな甲虫であることがお分かりいただけると思う。

▼写真14 シロオビナカボソタマムシ(2014年5月2日、東京郊外)
d0303129_13424896.jpg


写真15は初見のクロホソナガクチキ。
ゼフィルス狙いで出かけた丘陵方面の木の幹で見つけた。
なかなかうまく撮れず、デジタル一眼で撮ったりコンパクトデジカメで撮ったり…。
デジタル一眼+ストロボ撮影&ディフューザーで何とか見られるように撮れた。

▼写真15 クロホソナガクチキ(ストロボ撮影、2014年5月26日、東京郊外)
d0303129_13424714.jpg


頭部の形が変わっていて、こんな甲虫初めて見たなあと、ネット上で調べてみると特に珍しい甲虫ではないらしい。
まったく甲虫も奥が深い。

参考サイト:虫Navi東京23区内の虫Mr. Soda's Gallery 、ほか

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-05-27 13:42 | 甲虫 | Comments(4)

Commented by hirokou at 2014-05-27 19:50 x
みき♂さん こんばんは
クロホソナガクチキ。初めての虫でした。
甲虫は本当に奥が深い、種が多いですね!
Commented by twoguitar at 2014-05-27 20:25 x
こんばんは。
甲虫類、ハムシ類をこうして拝見すると、キレイだし形にも変化がありなかなか面白い世界ですね。
自分には小さくて見付けられそうもないのもあるけど、極小のをしっかりと撮ることができるとやめられなくなりそうですね。
Commented by みき♂ at 2014-05-28 01:16 x
hirokou様
コメントありがとうございます。
先日は失礼しました。あの後、アカシジミを1匹だけですが、何とか見つけて撮って帰りました。
Commented by みき♂ at 2014-05-28 01:20 x
twoguitar様
コメントありがとうございます。
甲虫類の撮影はどちらかというと苦手です。
小さな甲虫をとても綺麗に撮っておられる方々もいらっしゃいますが、びっくりです。
今度出るTG-3には深度合成機能があるらしいので、それがあれば甲虫も綺麗に撮れるかも…と思ったりしているところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード