オオムラサキ三昧(2014年7月13日)

7月12日は今季二度目の山梨遠征をしてみた。
一度目の7月2日は野外を歩き回った。今回は一度行ってみたいと思っていたオオムラサキセンターを覗いてみることにした。
入館料を払い、本館の展示を見るのももどかしく、足早に生態観察施設に向かう。
写真1〜5は生態観察施設内で撮ったオオムラサキたち。

写真1はメロンに群がるオオムラサキ。
開翅しているのは♀だ。♀の開翅シーンは初めて見たのだった。

▼写真1 生態観察施設のオオムラサキたち(2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12523887.jpg


写真2はオオムラサキ♀。
やや擦れているが、腹部が立派な♀だったので載せてみた。

▼写真2 生態観察施設のオオムラサキ♀ その1 開翅(2014年7月12日、山梨県)
d0303129_1253598.jpg


写真3はフィッシュアイレンズで撮ってみたもの。
大きさからして♀ではないかと思う。オオムラサキは近づいてもまったく動じないようだ。

▼写真3 生態観察施設のオオムラサキ♀ その2(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_1253238.jpg

※写真3はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

写真4は樹液を吸うオオムラサキ♀。
これもフィッシュアイレンズで撮ってみた。

▼写真4 生態観察施設のオオムラサキ♀ その3 開翅(ストロボ撮影、ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_1253108.jpg

※写真4はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

写真5はこの日唯一撮れた♂と♀の開翅シーン。
やはり♀は大きい!

▼写真5 生態観察施設のオオムラサキ♂&♀ その4 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12533748.jpg


生態観察施設を見たあとには、野外でオオムラサキを探して歩く。
公園内の一角にあるクヌギに数匹のオオムラサキがきていた。
施設内の飼育個体は擦れている個体が多かったが、野外の個体はまだ擦れが少なかった。
写真6、7はクヌギにきていたオオムラサキ♂。
樹液を吸っている間も翅を閉じていることが多く、時折一瞬だけ開翅していた。
クヌギの前で辛抱強く開翅するのを待って撮った。

▼写真6 オオムラサキ♂ その1 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12533159.jpg


▼写真7 オオムラサキ♂ その2 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12534466.jpg


写真8〜10は同じクヌギに来ていた♀。
裏翅はもういいので、開翅するのをひたすら待って撮る。スズメバチやカナブンと小競り合いをする時にちょっと開く。なかなか全開までいたらず、じりじりした(笑)。
♂の明るいブルーの表翅ももちろん良いが、大きな♀の開翅シーンが野外でも撮れて嬉しい。

▼写真8 オオムラサキ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12535477.jpg

▼写真9 オオムラサキ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_1254748.jpg

▼写真10 オオムラサキ♀ その1c 開翅(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12541312.jpg


野外でもオオムラサキを撮ることができたので、もう一度施設内に戻り、展示を見て廻る。
最後にまた生態観察施設に入ってみると、係員の方がオオムラサキの卵の場所を教えてくれた。
写真11は下から見上げて撮ったもの。
葉っぱの表側に産卵していたようだ。
写真12は枝を引き寄せて葉っぱの表側から撮ったもの。

▼写真11 オオムラサキの卵 その1a 葉裏から(ノートリミング、2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12543662.jpg

▼写真12 オオムラサキの卵 その1b(2014年7月12日、山梨県)
d0303129_12543054.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

オオムラサキの産卵は、葉っぱの表側に限ったものではなく、葉裏、小枝などに産卵することもあるらしい。
一度に産む数は40〜100個で、生涯に300〜500個ほど産むと言う。
この葉の卵は46個あった。
卵の状態で♂と♀の比率はほぼ半々になっているとか。これは施設内で買った冊子「読むとわかるオオムラサキの秘密」に書いてあった。

次回は野外で出会った他の蝶たちを取り上げる予定。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-07-13 12:54 | | Comments(6)

Commented by LUFFYY at 2014-07-13 14:40
オオムラサキどんぶりですね!(笑)
オオムラサキセンター外でも観察できるのですね
毎年家族と一緒で、センターの中だけの観察しか
知りませんでした。今季は無理かなぁ・・・
Commented by みき♂ at 2014-07-13 21:05 x
LUFFYY様
コメントありがとうございます。
オオムラサキセンターは、前回の山梨遠征で寄り損なったので行ってみました(笑)。
一度にこんなに見たのは初めてで、楽しかったです。
Commented by inakichi88 at 2014-07-13 21:44
みきさん、こんばんは。
過日は拙ブログにおいで頂いた上、貴重なアドバイスまでいただき、ありがとうございました。
また、返礼が遅れ、申し訳ありません。

いや~、素晴らしいお写真の数々に感服しました。
撮影努力にも頭が下がります。
ワタクシのようなインチキとは大違いです(汗)

オオムラサキ、美しさはピカイチですね。
メロンを与えているのにもビックリです。
さすがは国蝶、待遇が違います(笑)

これからも勉強させて頂きますね。
よろしくお願い致します。
(リンク頂いてもよろしいですか?)
Commented by みき♂ at 2014-07-13 23:28 x
inakichi様
ご来訪&コメントありがとうございます。
インチキだなんてとんでもない。
いつも貴ブログを溜息とともに眺めさせていただいております。
こちらからもリンクさせていただきました。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by umajin at 2014-07-14 08:59
おはようございます。
実はこの日は私もここへ行こうかと思っておりました!
結果的には、群馬の方へ行く事になりましたが…。
しかし、メロンには凄い数のオオムラサキですね!
温室の外でも、オオムラサキが撮影できたのは嬉しいですね。
群馬でもオオムラサキ♂♀を見ることが出来ましたが、
薄暗い森の中で、思うような撮影は出来ませんでした…。
Commented by みき♂ at 2014-07-14 20:08 x
umajin様
コメントありがとうございます。
オオムラサキセンターでは、メロンの他にパイナップルも与えられていました。
でもメロンの方が人気があったようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード