都心のムラサキツバメ、ほか(2014年8月12日)

8月9日は科学技術館で開かれた博物フェスティバルを見に行ってみた。と言うか見に行こうとした。
ちょっと覗いてみたいブースがあったのだが、行ってみると大変な入場行列。50分ほど並んだものの、まだ半分くらいしか進まない。入れるまでもう1時間かかると思うと嫌になり、並ぶのはやめて公園をブラブラして帰って来た(苦笑)。

8月7日にプチ遠征先の公園でムラサキツバメを見かけたので、いつも初冬にムラサキツバメを観察にくる場所をチェックしてみる。
やはりいた。
最初はこんな写真しか撮れなかったが、葉上で開翅していた(写真1)。
これは肉眼ではほとんど見えないほど高い場所だった。夏でも開翅シーンが見られるかもしれないと言う証拠写真として捨てずにとっておいた。

▼写真1 ムラサキツバメ その1(2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2255761.jpg


しばらく粘ると別個体も出てきた(写真2〜5)。
写真2がノートリミング。
微妙な高さで撮りにくい。ほぼ同じ場所から撮ったものを拡大したのが写真3。

▼写真2 ムラサキツバメ その2a(ノートリミング、2014年8月9日、都心にて)
d0303129_225154.jpg

▼写真3 ムラサキツバメ その2b(2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2254230.jpg


その後少し近くの葉上に移動してくれた(写真4、5)。
やや逆光気味だったのでストロボ撮影も試みた(写真5)。

▼写真4 ムラサキツバメ その2c(2014年8月9日、都心にて)
d0303129_225511.jpg

▼写真5 ムラサキツバメ その2d(ストロボ撮影、2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2263327.jpg


この場所にはムラサキシジミもいるので確実とは言えないが、マテバシイと思われる木の高いところを飛んでいる姿がいくつか見られた。3〜4個体くらいはいたように思う。

写真6、7はアカボシゴマダラ。
アカボシゴマダラは都心でも見られるようだ。ゆらゆらゆっくり飛んでいるのを見ていると葉上にとまった。そこにはエノキの幼木があったので、産卵場所を探しに来た♀なのかもしれない。

▼写真6 アカボシゴマダラ その1a(ノートリミング、2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2255480.jpg

▼写真7 アカボシゴマダラ その1b(ノートリミング、2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2261274.jpg

※写真7はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

写真8はサトキマダラヒカゲ。
今年はあまり撮っていなかったので一応撮っておく。

▼写真8 サトキマダラヒカゲ(ノートリミング、2014年8月9日、都心にて)
d0303129_2262388.jpg


博物フェスティバルは翌10日も開催されていた。しかし、土曜より日曜が空いているとは思えず、入場に2時間もかかるのでは到底行く気になれなかった。
どんなイベントであれ、2時間待って入場するくらいなら、野山をブラブラ歩くほうが良い気がする私であった。

撮影機材:ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2014-08-12 00:01 | | Comments(2)

Commented by 693 at 2014-08-13 19:48 x
> どんなイベントであれ、2時間待って入場するくらいなら、野山をブラブラ歩くほうが良い気がする私であった。

私も待つのは大嫌いなので、全く同感です!
一方、同好の士が多いことに安堵感も憶えますね(^_^)/
Commented by みき♂ at 2014-08-14 01:53 x
693様
コメントありがとうございます。
そうなんです。よく食べ物屋さんで行列しているのを見かけますが、私はそういう店にはまず行きません(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード