エルタテハ今季初撮り、ほか(2014年8月16日)

8月14日は石川会長のお誘いで、再び山梨県のやや標高の高い場所へ日帰り遠征した。
前日までの天気予報はかなり微妙で、この日の朝は晴れていたが、現地に近づくに連れて雲が多くなってくる。到着直前には小雨が降りはじめた。
おかしいな、私は晴れ男のはずなのだが(笑)。
10時前に到着するとどんより曇ってはいるものの、取りあえず雨は降っていなかった。天気は下り坂が予想されたのでひと休みするとすぐに宿の庭を見て廻る。

この日最初に撮った蝶はエルタテハ(写真1〜3)。
宿の裏手にパイナップルの皮が2〜3個置いてあり、そこにヒカゲチョウと一緒にきていた。まだ新鮮なのかかなり赤っぽく見えた。
先に撮ったのが写真2で、飛び立って地面にとまったのを撮ったのが写真1だ。
14時過ぎに同じ場所にきていたのが写真3。
これらはいずれも♂ではないかと思う(写真1、2=後翅前縁の白斑が鮮明、写真3=裏翅の濃淡が強く斑紋が明瞭)。
エルタテハは昨年ろくな写真が撮れていないので、開翅シーン&裏翅が撮れたのは嬉しい。

▼写真1 エルタテハ♂ その1a(2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3365960.jpg

▼写真2 エルタテハ♂ その1b(2014年8月14日、山梨県)
d0303129_337835.jpg

▼写真3 エルタテハ♂ その2(ノートリミング、2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3371817.jpg


前回7月21日に同じ場所に来た時にはミドリヒョウモン♂がたくさん見られたが、この日はまったくその姿はなく、♀が1匹見られたのみ(写真4、5)。
♂は建物外壁や積み上げた薪にとまったりしていたが、♀はキクイモモドキで吸蜜していた。

▼写真4 ミドリヒョウモン♀ その1a(2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3372992.jpg

▼写真5 ミドリヒョウモン♀ その1b(ノートリミング、2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3374338.jpg


敷地内のあちこちにコオニユリが咲いていた。時折ミヤマカラスアゲハがきて吸蜜するものの、なかなか良い写真は撮れなかった(写真6〜8)。

▼写真6 ミヤマカラスアゲハ♂ その1a(2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3381535.jpg

▼写真7 ミヤマカラスアゲハ♂ その1b(ノートリミング、2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3382393.jpg

▼写真8 ミヤマカラスアゲハ♂ その1c(2014年8月14日、山梨県)
d0303129_3382266.jpg


コムラサキ♂も時折見かけた。天気が良くないせいか、セセリチョウ類はまったく見られなかった。
14時半頃からはずっと雨になり、この日一番のお目当てだったキベリタテハには最後までお目にかかれなかった。
やや残念な天気で蝶の姿は少なかったものの、今季初撮りのエルタテハが撮れたのは嬉しい。
小雨の中でも蛾はたくさん見られ、同定するのに嬉しい悲鳴をあげている(笑)。
お誘いいただいた石川会長はもちろん、行きも帰りも一人で運転してくれた石川会長の奥様にお礼を申し上げたい。

参考文献:『フィールドガイド 日本のチョウ』(日本チョウ類保全協会編、誠文堂新光社)

撮影機材:ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-08-16 03:38 | | Comments(2)

Commented by umajin at 2014-08-16 06:42
おはようございます!
10日に台風が過ぎましたが、その後もしばらく不安定な天気が続きましたね・・・。
私も12~14日は山梨へ遠征してました。
みき♂さんのこの記事と同じところかもしれません!
12~13日は此処の宿にいましたが、天気も悪くあまり収穫がありませんでしたが
此処からクルマで登り、右手の冬季閉鎖のゲートを入っていくと
キベリタテハが何頭も確認できました。
止まっているのはアスファルトの上ですが・・・。
Commented by みき♂ at 2014-08-16 11:24 x
umajin様
コメントありがとうございます。
そうだったんですか!
キベリタテハ、前日には見られたと宿の方が言っておられました…。
バイクでちょっと先に行った方はアサギマダラがたくさんいたとのこと。
天候が今ひとつだったので、宿の敷地内をウロウロし、雨の間は大広間でゴロゴロしておりました(苦笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード