信州の蝶たち2014、その3 ゴマシジミ初見初撮りほか(2014年8月23日)

山道脇では、あちこちにワレモコウの花が咲いていた。
ワレモコウと言えばゴマシジミ…。
家人にシジミチョウがいたら教えてくれと言っておいたところ、標高約1800メートルのところで、ワレモコウの花にとまるゴマシジミを見つけてくれた。
かなり黒い。
家人には「裏翅は白く、表翅はやや青っぽい。ヤマトシジミみたいな感じ」と言っておいたので、話が違うと言われた(笑)。まあ♀だから仕方ない。
写真1、2はそのゴマシジミ♀。
ちょっと撮ったら飛ばれてしまった。

▼写真1 ゴマシジミ♀ その1a(2014年8月18日、長野県)
d0303129_139557.jpg

▼写真2 ゴマシジミ♀ その1b 開翅(2014年8月18日、長野県)
d0303129_13910100.jpg


写真3〜6は翌日見つけたゴマシジミ♀。
これもほぼ同じような場所にいた。前日も見かけた場所なので注意していると、飛んできてカライトソウにとまった。
これは花の後ではなく、蕾らしい。
見ていると産卵行動をはじめた(写真5、6)。
家に帰ってから調べて、カライトソウも食草と知った。

▼写真3 ゴマシジミ♀ その2a(2014年8月19日、長野県)
d0303129_1324194.jpg

▼写真4 ゴマシジミ♀ その2b 半開翅(2014年8月19日、長野県)
d0303129_1325109.jpg

▼写真5 ゴマシジミ♀ その2c–1 産卵行動(ノートリミング、2014年8月19日、長野県)
d0303129_13242465.jpg

▼写真6 ゴマシジミ♀ その2c–2 産卵行動(2014年8月19日、長野県)
d0303129_13272527.jpg


ゴマシジミが飛び去った後、卵を見てみようとしたが、見つからなかった。
どうやらワレモコウでもカライトソウでも、でこぼこした表面の奥に産みつけるらしい。もっと丹念に探せば見つかったかもしれない。

写真7〜12はヒメシジミ。
一昨年の7月下旬に訪れた時には既に擦れた個体が多かったので、ヒメシジミの時期はもう過ぎたのではないかと思っていた。19日にかなり擦れた♀を1匹だけ見かけた。
20日には、新鮮とは言えないまでもまだ綺麗な♂と♀が見つかった。
写真6〜9はヒメシジミ♂。
ここは標高1600メートルくらい。
せっかくなのでフィッシュアイレンズでも撮ってみる(写真10)。

▼写真7 ヒメシジミ♂ その1a 半開翅(2014年8月20日、長野県)
d0303129_1395120.jpg

▼写真8 ヒメシジミ♂ その1b 開翅(2014年8月20日、長野県)
d0303129_13103112.jpg

▼写真9 ヒメシジミ♂ その1c 開翅(2014年8月20日、長野県)
d0303129_1310416.jpg

▼写真10 ヒメシジミ♂ その1d 開翅(ストロボ撮影、2014年8月20日、長野県)
d0303129_1310265.jpg

※写真10はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

♂から2〜3メートル離れたところには♀もとまっていた(写真11、12)。

▼写真11 ヒメシジミ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2014年8月20日、長野県)
d0303129_13104583.jpg

▼写真12 ヒメシジミ♀ その1b 開翅(2014年8月20日、長野県)
d0303129_13103876.jpg


シジミチョウ類はゴマシジミとヒメシジミの2種のみ見られた。
ゴマシジミの♂が撮れればなお良かったが、初見のゴマシジミが撮れただけでも良しとしよう。(つづく)

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-08-23 17:30 | | Comments(8)

Commented by banyan10 at 2014-08-23 19:47
やはり行ったことない場所でした。
ここの山ゴマ一度は見たいと思っていますが、この時期でも結構綺麗なのですね。行くときの参考になります。
たぶん、ここのは雄も青くはないはずです。
カライトソウの方がワレモコウよりも卵が見つけやすそうな気もしますが、どうなのでしょうか。
Commented by maximiechan at 2014-08-23 22:08
あの場所なのかなと前の記事も含めて推測しましたが、
私が昨年行った場所のようですね。
だとすると、この時期でもこの程度の個体がいることは驚きです。
結構だらだらと発生しているのでしょうか。それとも、昨年と今年では何か違うのでしょうか。
いずれにしてもゴマシジミ初撮影おめでとうございます。
Commented by みき♂ at 2014-08-24 02:41 x
banyan様
コメントありがとうございます。
山ゴマ、やや黒っぽい傾向があるのですね。また機会があれば見比べてみたいです。
卵は確かにワレモコウよりは見つけやすそうですね(笑)。カライトソウが食草とは知らず、半信半疑で探したので見落としてしまったようです。
Commented by みき♂ at 2014-08-24 02:44 x
maximiechan様
コメントありがとうございます。
ゴマシジミは三日間で3個体しか目撃できませんでした。ワレモコウの周辺ばかり注意して、カライトソウのほうはあまりよく見ていなかったせいかも知れません。勉強不足でした。
Commented by himeoo27 at 2014-08-24 07:53
山ゴマ撮影おめでとうございます。
ヒメシジミ、ベニヒカゲ、クジャクチョウ、アサギマダラと
この尾根は蝶たちのパラダイスですね!
Commented by ダンダラ at 2014-08-24 09:33 x
カライトソウに産卵するゴマシジミは新鮮な感じがしていいですね。
ワレモコウの控えめな赤もいいですが…
ワレモコウはあちこちにありますが、それを探してゴマシジミを見つけるなんてすばらしいです。
Commented by みき♂ at 2014-08-24 19:29 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
旅行前にはここでゴマシジミに出会えるとは思っていなかったので、嬉しい出会いでした。
雨にたたられた一昨年のリベンジが果たせた思いです。
Commented by みき♂ at 2014-08-24 19:31 x
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
この場所にはワレモコウがかなりたくさん見られました。
ゴマシジミももっといていいはずと思いましたが…。
今度チャンスがあればカライトソウ周辺も気をつけてみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード