MFのナガサキアゲハ、ほか(2014年8月27日)

MFとはマニュアルフォーカスではなく、マイフィールドの略です、念のため(笑)。
8月ももうじき終わるというのに、今月はまだ一度も主フィールドを歩いていないことに気がつき、慌てて行ってみる。
一か月前にカラスアゲハ♂がきていたボタンクサギの花にはナガサキアゲハ♂が何匹か、入れ替わり立ち替わりきていた。その割りには碌な写真が撮れなかった(写真1、2)。
それにしてもボタンクサギの花はいつまで咲いているのだろう。
今年は彼岸花にくるナガサキアゲハ♀の写真でも撮りたいところだ。

▼写真1 ナガサキアゲハ♂ その1a(ノートリミング、2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23423014.jpg

▼写真2 ナガサキアゲハ♂ その1b 飛翔中(ノートリミング、2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23424798.jpg


写真3、4はクロアゲハ♂。
散策路脇の路上で、行ったり来たりしていた。どうも湿ったところがお気に入りのようだ。

▼写真3 クロアゲハ♂ その1a 飛翔中(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_2342452.jpg

▼写真4 クロアゲハ♂ その1b(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23423959.jpg


写真5はダイミョウセセリ。
相変わらずきびきびとした飛翔。暑くないのかな…。

▼写真5 ダイミョウセセリ(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23424882.jpg


いつのまにか主フィールドにはキツネノマゴの花が咲いていて、イチモンジセセリが何匹か吸蜜していた(写真6、7)。
やっぱりイチモンジセセリの眼は大きい!
昔、CMで「芸能人は歯が命」とかいうのがあったが、「イチモンジセセリは眼が命」と言いたい感じだ。

▼写真6 イチモンジセセリ その1a(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23432098.jpg

▼写真7 イチモンジセセリ その1b(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23433066.jpg


葉上で求愛中のように見えた個体もいた(写真8)。左の個体がしきりに右の個体の後翅を頭で押すような仕草をしていた。しばらく眺めていたが、交尾には至らなかった。ひょっとすると♂が♂に求愛していたのか。いつまでも交尾に至らないのでそんなことを考えたりした。
私にはイチモンジセセリの雌雄の判別は難しい。強いて言えば左側が♂、右側が♀だろう。
その理由は、迫っていたのが左側の個体だったことと、
1.右の個体は後翅の白斑の並びが直線状なのに左の個体はややバラツキがある。♂の方がやや乱れる傾向があるので、やはり左が♂、右が♀と思われる。
2.左の個体の方がやや複眼が大きく見える。♂の方が大きい傾向があるそうなので、やはり左が♂、右が♀と思われる。
など。
個体差もあると思うので、一応の目安と考えれば良いと思う。

▼写真8 イチモンジセセリ その2(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_2343232.jpg


写真9、10はキマダラセセリ。
キマダラセセリは1匹だけいて、キツネノマゴだけではなく(写真9)、フジカンゾウの花にもきていた(写真10)。
夏の終わりのキマダラセセリは何だか小さく見える。

▼写真9 キマダラセセリ その1a(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_2355157.jpg

▼写真10 キマダラセセリ その1b(2014年8月25日、東京近郊)
d0303129_23543273.jpg


久し振りに主フィールドを歩いてみたが、アカボシゴマダラ成虫、ゴマダラチョウ幼虫なども見られ、思ったより成果があった。やはり主フィールドは大事にしないといけないな。

参考サイト:蝶鳥ウォッチング、ほか

参考文献:『フィールドガイド 日本のチョウ』(日本チョウ類保全協会編、誠文堂新光社)

撮影機材:ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-08-27 00:01 | | Comments(6)

Commented by yurin at 2014-08-27 06:44 x
写真7のイチモンジセセリ、立ち上がっての吸蜜のようで
可愛いですね!眼が命、同感です。
ナガサキアゲハはクサギ類が大好きですね!
Commented by みき♂ at 2014-08-28 01:07 x
yurin様
コメントありがとうございます。
そうなんです、後脚と腹部で立っていました(笑)。
セセリチョウの眼は本当に可愛いですね。こういうシーンをもっと撮りたいです。
Commented by twoguitar at 2014-08-28 13:44 x
突然イチモンジセセリの季節に突入しましたね。
目が大きくて斑紋に乱れありが♂、目がつぶらで斑紋整列が♀なんですね。勉強になりました。
これからこの判別法を思い出して2頭並ぶ時にチェックしてみたいと思います。
Commented by 虫林 at 2014-08-28 15:41 x
クロ系のアゲハの撮影は、シャッター速度を上げてやらないと翅
先がぶれることが多いので、意外に撮影が難しいと思います。写真はとてもシャープで素晴らしいですね。
キマダラせせりは現在減少しつつある蝶ですが、これも良い写
真ですね。
Commented by みき♂ at 2014-08-29 02:27 x
twoguitar様
コメントありがとうございます。
イチモンジセセリ、急に増えた感じですね。
雌雄判別できるよう、もうちょっと頑張って観察してみます。
Commented by みき♂ at 2014-08-29 02:29 x
虫林様
コメントありがとうございます。
都内でこの時期に見られる蝶は限られてきますので、出会った蝶を丹念に撮れたらと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード