アオバセセリ幼虫、初見初撮り(2014年9月17日)

9月13日は「てくてく写日記」のbanyanさんのお誘いで、丘陵方面へアオバセセリ幼虫を見に行く。
ちょうど「公園昆虫記」のおはるさんと一緒に探しにいくつもりでいたので、ポイントを知っておられるbanyanさんから声を掛けていただき、渡りに船とばかりにお願いした。
思えばアオバセセリは、成虫を撮るのに苦労し、夢にまで見たものだった(その時の記事は→こちら)。
幼虫を見つけるのはさらに難しく、ずっと叶わずにいた。
丘陵手前のバス停付近でbanyanさんと合流し、ポイント近くまで車で向かう。
この丘陵にはもう何度も行っているが、その辺りにはまだ行ったことがなかった。
幼虫の食樹であるアワブキのある場所まで行くと、banyanさんが幼虫の巣を難なく見つけてくださった。

写真1、2がアオバセセリ幼虫の巣。
せっかくなのでフィッシュアイレンズとマクロレンズで撮ってみた。
大きなアワブキの葉を半分ほど使い、綴じ合わせているようだ。

▼写真1 アオバセセリ幼虫の巣 その1a(ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2585677.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

▼写真2 アオバセセリ幼虫の巣 その1b(ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_259073.jpg


巣の写真をひとしきり撮った後、いよいよ幼虫とご対面。ドキドキしますね(笑)。
写真3、4がアオバセセリの幼虫。
うっかり計るのを忘れてしまったが、やや大きめの幼虫。
頭部のオレンジ色が鮮やかで、成虫の後翅肛角部を彷彿とさせる。
黒地に青い斑点もなかなか綺麗だ。

▼写真3 アオバセセリの幼虫 その1a(ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2593030.jpg

▼写真4 アオバセセリの幼虫 その1b(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_259395.jpg


写真5は別個体のやや小さめの巣。
このように茶色く枯れたような色をしているのは、長いこと使っているせいなのだろうか。
ちょっと可哀想だが、これも開けてみる。
中にはやっぱり可愛い幼虫の姿が(写真6、7)。まだ眠いから起こさないで、といった風情か。

▼写真5 アオバセセリ幼虫の巣 その2(外部ストロボ、ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2595380.jpg

▼写真6 アオバセセリの幼虫 その2a(外部ストロボ、ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2595415.jpg


▼写真7 アオバセセリの幼虫 その2b(外部ストロボ、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_213941.jpg


写真8はまた別の巣。
中に幼虫がいるのが透けて見えるようだ。この巣は開けないでおいた。

▼写真8 アオバセセリ幼虫の巣 その3(ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_30493.jpg


この日はせっかくの機会なので海洋堂のガチャポン「イモムシコレクション」のアオバセセリ幼虫を持っていった(笑)。
しかし、本物のアオバセセリ幼虫を見た感激で、ツーショットを撮ることなどすっかり忘れてしまった。
そんなことで、翌日主フィールドのアワブキでも何でもない適当な葉上にイモムシ・ストラップを置いて撮るような羽目になった(いや、別に撮らなくても良いのだが…)。

▼写真9 アオバセセリ幼虫のストラップ(2014年9月14日、東京近郊)
d0303129_302121.jpg


やっぱり本物の方が数段良かった(笑)。

アオバセセリ幼虫は、事前にある程度の場所情報を仕入れていたが、現地に着いてみると、やはりポイントを知っていないと分からない感じだった。お誘いいただいたbanyanさんにあらためてお礼申し上げたい。念願のアオバセセリ幼虫が見られて、感謝感激です。

なお、この日はスミナガシの幼虫も探したが、残念ながら見つけられなかった。
どうも私はスミナガシとは、成虫ばかりでなく幼虫とも縁が薄いようだ。

最後に、過去に撮った成虫の写真を1枚だけ載せておく(写真10)。

▼写真10 一昨年撮影のアオバセセリ(2012年5月26日、東京郊外)
d0303129_2155615.jpg

※写真10はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO


撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2014-09-17 00:01 | | Comments(12)

Commented by konty33 at 2014-09-17 08:02
魚眼の写真から推察すると探しやすそうな場所ですね。
いつも渓谷の薄暗い斜面なので、こんな良い環境で見つかるなんて羨ましいです。
一度見つけると成虫より簡単だと実感できたのではないでしょうか。
玩具もちょっと見ただけでは気が付きませんでした。(笑)
Commented by umajin at 2014-09-17 08:23
おはようございます!
これは色彩に特徴のある幼虫ですね!
オレンジの頭部が面白いです(笑)
図鑑では見たことがありますが、アオバセセリだったのですね(汗)
成虫は過去に1度だけ撮影していますが、撮り直したいと思っています。
みき♂さんの撮られた、一昨年の新鮮で美しいお写真を見せられたら
尚更撮り直したくなりました_(^^;)ゞ
Commented by banyan10 at 2014-09-17 11:29
見たかった幼虫だけあって、こだわってたくさん撮影していますね。
ストラップはよく作られていると思いますが、実物と比べては可哀想でしょうか。
アワブキの葉で撮影するには少し葉を取らないと難しいかもしれません。
最後の成虫は良い色ですね。
Commented by おはる at 2014-09-17 20:48 x
成虫のお写真がとってもきれいで感嘆!
がちゃぽんの幼虫ストラップ、ちょっとほしくなりました(笑)。
Commented by yurin at 2014-09-17 20:57 x
アオバセセリ幼虫の撮影成功、おめでとうございます!
極めて特徴的な色合いでビックリしました。
撮影時のドキドキ感をブログを通じて分けて頂きました!
Commented by Sippo5655 at 2014-09-17 22:12
私が庭にアワブキを植えたのは、
ある新聞記事がきっかけでした。
アオバセセリの幼虫に惚れ込んで
その記事の人は、庭にアワブキをいっぱい植えて
今ではどれも大木に育っているとか、、
その記事の幼虫のなんて可愛らしいこと。
海洋堂の幼虫さん、白線のあたりがもう少し繊細だと良かったですねぇ・・・
いつか私も本物の幼虫さんに会ってみたいです♪
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:05 x
konty様
コメントありがとうございます。
このポイントは、確かに場所さえ分かれば探しやすいところでした。
アワブキの葉っぱ写真も撮ってきたのでよく覚えておきたいと思います(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:07 x
umajin様
コメントありがとうございます。
私も図鑑でしか見たことがなかった幼虫、初めて見られて感激でした。
来年成虫を撮る時にも一層愛着を持って撮れそうな気がします。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:10 x
banyan様
コメントありがとうございます。
この日はお世話になりました。お陰でずっと見たいと思っていたアオバセセリ幼虫を見ることが出来ました。
巣を開ける時には本当にドキドキしました(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:11 x
おはる様
コメントありがとうございます。
おはるさんにもお礼申し上げないといけませんね。ありがとうございました。
幼虫ストラップ、是非ゲットしてください(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:13 x
yurin様
コメントありがとうございます。
この日はスミナガシ幼虫は見られませんでしたが、アオバセセリ幼虫を見られただけで大満足して帰りました。
巣の中に鎮座しているのも可愛いですね。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 00:17 x
Sippo様
コメントありがとうございます。
庭にアワブキを植えているのですか! ちょっとびっくりしました。
幼虫ストラップは、まあ、1回300円のガチャポンですから大目に見てあげましょう(笑)。
Sippoさんも会えると良いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード