ダイミョウセセリの卵(2014年9月18日)

「てくてく写日記」のbanyanさん、「公園昆虫記」のおはるさんと同行した丘陵遠征では、ミゾソバにくるダイミョウセセリの姿が目についた。
しかし、吸蜜時間は短く、どうもビシッと撮れない。
写真1〜3はミゾソバの花にきたダイミョウセセリ。
この個体はどうも♂のように思える。
写真3は好きな構図だが、花にピントが合い、蝶の方はややピンボケになってしまった。

▼写真1 ダイミョウセセリ♂ その1a(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2482678.jpg

▼写真2 ダイミョウセセリ♂ その1b(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2483454.jpg

▼写真3 ダイミョウセセリ♂ その1c(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2485099.jpg


写真4〜6はダイミョウセセリ♀。
光線の具合もあるだろうが、写真4は茶色っぽく、写真5、6は黒っぽかった。
私はダイミョウセセリは小首を傾げることがあると思う(写真6)。

▼写真4 ダイミョウセセリ♀ その1(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2494671.jpg

▼写真5 ダイミョウセセリ♀ その2a(ノートリミング、2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_249776.jpg

▼写真6 ダイミョウセセリ♀ その2b(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2491410.jpg


この日はbanyanさんがダイミョウセセリの産卵シーンを撮っておられた。
ダイミョウセセリは都内でもあちこちで見られる蝶だが、卵は初めて見た(写真7)。
banyanさんによると、ダイミョウセセリは葉上にただとまっているように見えて、実は産卵していることがあると言うことだった。
(訂正:産卵シーンが分かりにくいのは、ダイミョウセセリではなく、コミスジでした。)

▼写真7 ダイミョウセセリの卵(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_2493381.jpg


卵に毛を被せるということから、ダイミョウセセリの腹端を仔細に眺めてみた。そのうちに♂と♀の識別ができそうな感じがした。♂の腹端はやや尖り、♀の腹端は太く、毛が密生しているようだ。「フィールドガイド 日本のチョウ」の記述とも一致している。

ダイミョウセセリの幼虫は以前撮ったことがあるはず。
画像を探してみると2011年に東京郊外の林道脇で撮っていた(写真8、9)。

▼写真8 ダイミョウセセリ幼虫 その1a(内蔵ストロボ、ノートリミング、2011年7月9日、東京郊外)
d0303129_2492969.jpg

▼写真9 ダイミョウセセリ幼虫 その1b(2011年7月9日、東京郊外)
d0303129_2494276.jpg

※写真8、9はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

ダイミョウセセリ幼虫の食草はヤマノイモなど。当時はまったく気にしていなかったが、葉っぱの一部を裏返している部分は幼虫の巣なのだろう(写真8)。久し振りにこの画像を見て初めて気がついた次第だ。
ヤマノイモはその辺にも生えているので、今後はもっと気をつけて観察してみたい。

今後は気をつけて…と思ったその日、主フィールドでダイミョウセセリの幼虫を見つけた。
しかもたくさん…。
1点だけ写真を追加し、詳細はまた後日に譲ることにする。

▼追加写真 ダイミョウセセリ若齢幼虫(2014年9月18日、東京近郊)

d0303129_19574069.jpg


参考文献:『フィールドガイド 日本のチョウ』(日本チョウ類保全協会編、誠文堂新光社)

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-09-18 00:01 | | Comments(4)

Commented by yurin at 2014-09-18 06:10 x
卵に毛をかぶせるのですかっ!初めて知りました。
蝶にはまだ不思議がイッパイですね。
写真9、こちらを振り返って見ているようで面白いです!
Commented by banyan10 at 2014-09-18 08:54
ダイミョウセセリの卵は僕も3度目の観察でした。
産卵が分かりにくいと言ったのはコミスジですが、ダイミョウセセリも意識してみていないと気付かないかもしれません。
幼虫の巣は探しやすいですが、このように巣の外側にいるのはめったに見れませんね。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 09:09 x
yurin様
コメントありがとうございます。
毛を被せるというより、産卵時に毛が付着するという感じでしょうか。
一部のフユシャクでは、こすりつけるように毛を被せる場合もあります。
ダイミョウセセリ幼虫はちょっと可愛いです。これからはもっと熱心に探したいです。
Commented by みき♂ at 2014-09-18 09:12 x
banyan様
コメントありがとうございます。
あ、間違えました。訂正しておきました。
実は翌日コミスジの産卵シーンを見かけました。産卵シーンは撮り忘れましたが、卵は撮れました。
ダイミョウセセリ幼虫、まだ一度しか見ていないのでこれからは注意して探してみようと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード