外付けストロボ購入(2014年9月25日)

私事で恐縮だが9月は誕生月だ。
8月末に家人から、「今年はTG−3をプレゼントにする?」と打診された。
昨年は何をもらったか、忘れた。…忘れるなんてひどいな(笑)。
さて、今年はどうするか。新たに深度合成機能を搭載したOLYMPUS STYLUS TG-3 Toughはかなり気になる。
しかし、以前も書いたがTG−2を買って約1年、プレゼントとはいえまた5万円近く出してコンパクトデジカメを買うのにはちょっと抵抗がある。
そんな折、野外での撮影で外付けストロボがあればなあ、というシーンが何度かあり、結局外付けストロボを買うことにした。
買うと決めたらすぐにでも欲しい。誕生日は9月の下旬だが、8月末にもう買ってしまった。
しかも家人は旅行中だったので一人で行って買ってきた。旅行から戻った家人は、「えっ、もう買っちゃったの?」と片付かない顔をしていたが、何とか納得してもらった。

写真1、2はスピードライトSB-910のセット内容。
箱を開けると黒いソフトケースの中にストロボ本体のほか、付属機器が入っていた(写真1)。
写真2は取り出してみたところ。
左側の白いものがバウンスアダプター、その右の赤と緑のものは色補正用カラーフィルター、その下の黒いものはストロボスタンド。スタンドはリモート撮影の時などに使うらしい。

▼写真1 ニコン スピードライトSB-910 ソフトケースを開けたところ
d0303129_13454311.jpg

▼写真2 ニコン スピードライトSB-910 セット内容
d0303129_13451228.jpg


写真3は発光面。
発光面上部にはキャッチライト反射板とワイドパネルが組み込まれていて、引き出して使うようになっている。
フィルムカメラ時代にSB−24というストロボを使用していたがそんなものはなかった。ストロボも進化しているのだった。

▼写真3 スピードライトSB-910の発光面
d0303129_13454697.jpg


写真4はストロボスタンドにSB-910をセットしてD7100と一緒に撮ってみた。
右側に写っているアオバズクのぬいぐるみは付属していない(笑)。

▼写真4 スピードライトSB-910と愛機D7100
d0303129_13454565.jpg


写真5はストロボをカメラに装着したところ。
かなり大きく重くなるのは否めない。ストロボを装着したままお散歩するのはちょっと難儀だ。

▼写真5  D7100にスピードライトSB-910を装着したところ
d0303129_13455761.jpg


写真6は後日買ったストロボディフューザー(ハーバーストロボディフューザー・ジャンボ)。
写真7はストロボディフューザーをセットしたところ。内蔵ストロボ用に影取りというストロボディフューザーを持っているが、外付けストロボには簡単に被せられるこのタイプを選んだ。

▼写真6 ストロボディフューザー
d0303129_13461664.jpg

▼写真7 スピードライトSB-910にストロボディフューザーをセット
d0303129_13463662.jpg


写真8は一緒に買った充電池一式。
SB-910は単三電池4本使用なので、電池を大量に消費することになるなと思っていたところ、お店の人に充電式電池をすすめられた。
単三4本&充電器で約2500円。これで約500回使用できるらしい。電池をストックしたり大量に捨てたりする必要がないのでありがたい。

▼写真8 一緒に買った充電池一式
d0303129_13464146.jpg


電池なども含めて購入価格は約5万円。TG-3&LEDライトガイドを買うのと同じくらいの価格ではないかと思う。
まだ使用頻度は多くないが、今のところ問題なく使用している。
内蔵ストロボに比較してガイドナンバーも大きいわけだが、私にとって外付けストロボの最大の利点は、高速シャッター時にストロボ撮影が出来ること。
その機能で蝶や蛾、トンボの飛翔シーンを撮ってみたいと思っている。
一つ難点をあげれば、荷物が重くなることか。
実を言うと本日9月25日にはSB-500という新しいストロボが発売される。
この機種は軽量コンパクトで、LEDライトも搭載されているらしい。
うーん、ちょっと早まってしまったかな。もうちょっと我慢して、誕生日に近い時に発売される新機種を買った方が良かったような気もしないでもないが、そんなことは家人にはとても言えない(笑)。
まあ、価格はSB-910の半額以下らしいので(SB-910の希望小売価格6万5000円、SB-500は同3万円)、そのうち実機を見て気に入ったらこっそり買うかもしれない。
それにしても、カメラ機材を新しく買うのは楽しいことだ。
身近な機材の中で、携帯やパソコンはいろいろ面倒で買い替えたくないが(私見)、カメラ機材を買うのはいつも楽しい。実際には買った後に長所短所を考えることもあるので、購入前にあれこれ悩んでいる時が一番楽しいと言うことになろうか。

by mikiosu | 2014-09-25 13:46 | その他 | Comments(10)

Commented by おはる at 2014-09-25 17:28 x
秘密兵器、ちょっと拝見しましたが、これで最近ますます写真がきれいになってきたわけですね。
いずれにしても、お誕生日おめでとうございます♪
Commented by twoguitar at 2014-09-25 20:33 x
外部ストロボの紹介記事、とても参考になりました。
このブログはとにかく親切ですよね。
SB-500は要注目ですね。
それはともかく、お誕生日おめでとうございます!
Commented by konty33 at 2014-09-25 22:24
誕生日とのことで、おめでとうございます。
ご家族とのやり取りに羨ましく拝読しておりました。
家には誕生日のプレゼントなどと言うものはありません。(涙)
外部ストロボですか。益々素晴らしい写真が撮れそうですね。
TG-3も気になっておりまして・・・・誰か使い勝手のレポート
してくれないかと思っています。(笑)
Commented by みき♂ at 2014-09-26 01:23 x
おはる様
コメントありがとうございます。
今後は綺麗な写真が撮れるように頑張らないといけませんね(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-09-26 01:25 x
twoguitar様
コメントありがとうございます。
SB-500、ニコンユーザーは要注意です。多分フィールドベストのポケットにすっぽり収まるサイズと思われるので、ちょっとそそられます。
Commented by みき♂ at 2014-09-26 01:28 x
konty様
コメントありがとうございます。
TG-3は私の知り合いも複数の方が既に買っています。
私も欲しいですが、TG-4まで我慢でしょうか…(笑)。
Commented by umajin at 2014-09-26 08:35
おはようございます!
お誕生日、おめでとうございます!!
プレゼントに5万円相当とは羨ましいですよ。
しかも、前借りみたいで(笑)
私も、よくやります(笑)
私も180mmマクロ使用時は外部ストロボを使いますが、
上から照射となるため影が出やすいです。
このディフューザーを装着すれば、影は解消されますでしょうか?
TG-3、私も使っていますが、深度合成については面白いですが、
ISOオートになってしまうこと、画像が小さくなることがイマイチです。
特に前者は暗いときの撮影では高ISOになり画像が荒くなり使えない印象です。
後者はブログに載せる程度なら問題ないですけどね。
フィールドに出る機会も減りましたので、今年導入した機材のレポでもアップしていきます(笑)
Commented by みき♂ at 2014-09-27 02:29 x
umajin様
コメントありがとうございます。
そうなんです、前借りです(笑)。
ストロボ撮影時の影は、ディフューザーでも完全には消せないようで、多少緩和される程度と思います。
TG-3のレポ、是非お願いします。
Commented by at 2014-09-27 21:53 x
新しい機材、いろいろと試すのが楽しいですね。
5万円のストロボセットとはいいですね。
小型のストロボ2個と専用アームセットを数年前に購入しましたが、やはりかさばるのと重量が問題です。
ますます良い写真を期待しています。
Commented by みき♂ at 2014-09-28 00:38 x
秀様
コメントありがとうございます。
気軽に野山を歩きたい自分にとっては、機材が増えるのは善し悪しですが、しばらくは持ち歩いて試してみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード