イチモンジセセリが可愛い(2014年10月6日)

蝶の写真をマクロレンズで撮るようになって、一番印象が変わったのがセセリチョウ科の蝶たち。
それまではご多分に漏れず、茶色で地味な蝶と思っていた。
しかし、蝶を熱心に撮っている方々の中では、セセリチョウ類は可愛いという人が多い。
セセリチョウ類は近づきやすいし、マクロレンズで狙うのにもってこいの蝶だと言える。
そうして撮ったセセリチョウ類をしげしげ見ていると、確かに可愛い。小さい割りに眼が大きいせいだと思う。

写真1はアザミの花にとまるオオチャバネセセリ。
オオチャバネセセリはセセリチョウ科の中では比較的眼は小さい方かも。

▼写真1 オオチャバネセセリ(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_3313086.jpg


写真2〜4はチャバネセセリ。
葉上で吸い戻しをしていた。
写真3の腹端には水滴も写っていた。
写真4は斜め前から撮ってみたもの。セセリチョウ類を至近距離から撮ると複眼と触角が重なってしまうことがよくあるが、ここまで近づくと触角がボケて大丈夫だった。

▼写真2 チャバネセセリ その1a(2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_331558.jpg

▼写真3 チャバネセセリ その1b(2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_3313113.jpg

▼写真4 チャバネセセリ その1c(2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_332626.jpg


写真5はクズの花にきていたイチモンジセセリ。
角度は悪かったが、クズの花にきているところは珍しいかもと撮ってみた。

▼写真5 イチモンジセセリ その1(2014年9月12日、東京郊外)
d0303129_3324025.jpg


写真6はノコンギクらしき花にきていたイチモンジセセリ。
イチモンジセセリはやっぱり眼が大きい。

▼写真6 イチモンジセセリ その2(2014年9月13日、東京郊外)
d0303129_3325136.jpg


写真7〜10は主フィールドのシラヤマギクと思われる花にきていたイチモンジセセリ。

▼写真7 イチモンジセセリ その3a(ノートリミング、2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_332283.jpg

▼写真8 イチモンジセセリ その3b(ノートリミング、2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_333230.jpg


吸蜜に夢中なイチモンジセセリをアップで捉えてみると、クルンクルンしていた口吻に水滴状のものが写っていた(写真9、10)。
何これ! 可愛すぎだろ(笑)。

▼写真9 イチモンジセセリ その3c(2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_3323693.jpg

▼写真10 イチモンジセセリ その3d(2014年10月2日、東京近郊)
d0303129_3333365.jpg


(追記)
puntamama様のご指摘により、イチモンジセセリの口吻を仔細にチェックしてみた。
すると、こんな画像があった(写真11)。
どうも2本一対の口吻の他に、左側にもう1本伸びているように見える。
水滴が付いているのはその1本の方で、そのせいで水滴が吸い込めなかったのかもしれない。

▼写真11 イチモンジセセリ その3e(2014年10月2日、東京近郊)

d0303129_1481839.jpg


撮影機材:ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

[PR]

by mikiosu | 2014-10-06 03:33 | | Comments(14)

Commented by yurin at 2014-10-06 05:55 x
写真9、10の水滴、可愛いですね!
水滴が徐々に落ちてきているのがよく分かります。
口元も何とも可愛い感じですね、
セセリチョウ科のマクロ撮影は私もはまりそうです(笑)
Commented by puntamama at 2014-10-06 10:43
こんにちは ^^
仕事先が台風で休みになってしまいました (笑)

イチモンジはほんとに可愛いです (^^)
ところで ラスト2枚水滴が可愛いのはもちろんですが
口吻が2本に別れていますね! @@
確かに普通でも細密に見れば2本がくっついて1本になったようなスジは見られますが・・・
私は知識が無かったので調べてみたら
羽化直後は2本でそれが徐々に1本になるらしいですね
アゲハだと翅が乾くまでに1本になるようです
セセリは小さいから翅が伸びる方が速いのでしょうか?
それとも羽化不全のように、くっつかなかったのでしょうか?
面白い事象を見させて頂きました!
Commented by みき♂ at 2014-10-06 14:13 x
yurin様
コメントありがとうございます。
セセリチョウ科の口元を見ると、私はいつもぬいぐるみのようだと思ってしまいます。
マクロ撮影、是非ハマってください(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-10-06 14:27 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
イチモンジセセリ、口吻の状態を他の画像で確認してみました。
写真を1枚追加しました。
口吻がちょっと変わっていたようにも見えましたがどうでしょうか。
Commented by あかね at 2014-10-06 17:15 x
みき♂さま
こんにちは。
精力的に活動されていて羨ましいなと思いながら拝見
致しております
私もセセリチョウは大好きで飽きずによく撮影します
ジャコウアゲハの羽化を間近に観察した事がありますが
口吻はくるりと丸めるともう一本にくっついていました
セセリチョウの場合は見たことがありませんが
本来の口吻のほかにもう一本あるように見えます
面白いところを撮影されましたね!!
Commented by himeoo27 at 2014-10-06 20:46
貴兄の口吻についた水滴までクリアーに
写した興味深い画像、お見事ですね!
Commented by konty33 at 2014-10-06 21:29
セセリは確かに一般的にはあまり好かれませんが、
目が大きくて可愛らしいと思います。
口吻のアップの画像は興味深いですね。
これまでチョウ全体をイメージ通り撮ることに夢中でしたから
各部のアップの写真は持ち合わせておりませんでした。
これから気にしながら見てみたいと思います。
Commented by puntamama at 2014-10-06 21:59
再び失礼します
> どうも2本一対の口吻の他に、左側にもう1本伸びているように見える

口吻の巻きがとても緩いので もう一本あるのではなく
2本1対にくっついた1本の口吻の先が出ているではないでしょうか?

Commented by みき♂ at 2014-10-06 22:37 x
あかね様
コメントありがとうございます。
セセリチョウ科とシジミチョウ科は見られる時期も長いし、いつも身近な場所で見られるので、大事にしたい蝶たちです。
Commented by みき♂ at 2014-10-06 22:39 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
セセリチョウ科はちょっとした仕草も可愛らしく見えたりするのでなかなか侮れませんね(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-10-06 22:42 x
konty様
コメントありがとうございます。
イチモンジセセリの口吻の中途半端な畳み方が、ちょっとおちょぼ口みたいに見えてしまいました(笑)。
Commented by みき♂ at 2014-10-06 22:46 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
あ、なるほど、そういう風に考えればそんなに違和感なく見えますね。
ちなみに追加の写真11の方が他の掲載写真より先に撮っていて、何かブラブラしているなと、撮りながら思った記憶があります。
Commented by puntamama at 2014-10-07 05:12
再々です ^^;
う~~ん
同じ個体だとしたら・・・
1本にくっつけたり2本に離したり、自由にできるってこと?
ますます謎ですね~
考えたら眠れなくなっちゃいました (笑) それはウソですけど ^^;
Commented by みき♂ at 2014-10-07 23:37 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
悩ませてしまって済みません(汗)。
当の本人はさほど悩まずにぐっすり寝てしまいました…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード