コミスジ幼虫とホシミスジの蛹(2014年10月11日)

9月中旬にコミスジの卵や若齢幼虫、ホシミスジの終齢幼虫などを紹介した(→こちら)。
今回はその後の様子を紹介したい。

写真1〜3は主フィールドのニセアカシアにいたコミスジの幼虫たち。
9月14日にはとても小さな幼虫だったが、かなり大きく育っていた。

▼写真1 コミスジ幼虫 その1(2014年10月7日、東京近郊)
d0303129_5344094.jpg

▼写真2 コミスジ幼虫 その2(2014年10月7日、東京近郊)
d0303129_5344250.jpg

▼写真3 コミスジ幼虫 その3(2014年10月7日、東京近郊)
d0303129_5344493.jpg


写真4は主フィールドの萩にいたコミスジの幼虫。
萩の花にはウラナミシジミの姿はなかった(笑)。

▼写真4 コミスジ幼虫 その4(2014年10月4日、東京近郊)
d0303129_5343861.jpg


写真5、6はホシミスジの幼虫。
まだ小さく、目測で約10ミリといったところ。
10月9日には巣の中に頭を突っ込んでじっとしていた(写真6)。
翌朝見に行ってみると葉っぱの裏に移動していた(写真7)。巣のすぐ近くにいたので同じ幼虫で間違いないと思う。お食事時間だったのだろうか(朝6時46分撮影)。

▼写真5 ホシミスジ幼虫 その1a(ノートリミング、2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_534585.jpg

▼写真6 ホシミスジ幼虫 その1b(2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5355798.jpg

▼写真7 ホシミスジ幼虫 その1c(2014年10月10日、東京近郊)
d0303129_5354665.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真8〜10はホシミスジの蛹。
この蛹はかなり黒っぽく、すぐにも羽化しそうな感じだった。側面を見ると翅の模様が浮き出ている(写真9)。
翌朝寄った時に羽化するのではないかと期待したものの、まだ羽化していなかった。

▼写真8 ホシミスジ蛹 その1a(ノートリミング、2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5355630.jpg

▼写真9 ホシミスジ蛹 その1b(2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5362673.jpg

▼写真10 ホシミスジ蛹 その1c 背面(外部ストロボ、ノートリミング、2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5362129.jpg


写真11、12はまだ茶色い蛹。
この日は3個の蛹が見られた。9月16日に行った時には終齢幼虫を1匹だけ見かけた。丹念に探せばもっと幼虫がいたのだろう。

▼写真11 ホシミスジ蛹 その2 背面(2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5354290.jpg

▼写真12 ホシミスジ蛹 その3(2014年10月9日、東京近郊)
d0303129_5361976.jpg


これらの蛹が羽化したら、また交尾して産卵することになるはず。できれば産卵シーン&卵を撮りたいものだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

[PR]

by mikiosu | 2014-10-11 05:36 | | Comments(2)

Commented by banyan10 at 2014-10-11 20:33
ホシミスジの蛹と幼虫ありがとうございました。
幼虫は横に白い部分がしっかりあったのですね。
上からしか写さなかったのが失敗でした。(^^;
コンデジに比べると背景のボケが綺麗ですね。
Commented by みき♂ at 2014-10-11 23:24 x
banyan様
コメントありがとうございます。
こちらこそありがとうございました。
今度はもっと大きなホシミスジ幼虫が見られると良いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード