アサギマダラの幼虫・2月編(2015年3月6日)

昨年11月21日に観察したアサギマダラの幼虫を2月3日に見に行ってみた。
この日は3個体見られた。
写真1はかなり小さい個体。計っていないので推測だが7ミリくらいではないか。

▼写真1 アサギマダラの幼虫 その1(2015年2月3日、東京郊外)
d0303129_10373250.jpg


写真2、3はもう少し大きな個体。これは9ミリだった。

▼写真2 アサギマダラの幼虫 その2a(2015年2月3日、東京郊外)
d0303129_10375046.jpg

▼写真3 アサギマダラの幼虫 その2b(2015年2月3日、東京郊外)
d0303129_1038022.jpg

※写真3はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真4、5はやや大きくて色の濃い個体。これは10ミリだった。

▼写真4 アサギマダラの幼虫 その3a(2015年2月3日、東京郊外)
d0303129_10381399.jpg

▼写真5 アサギマダラの幼虫 その3b(2015年2月3日、東京郊外)
d0303129_10382465.jpg

※写真5はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

11月21日に見た幼虫に比較してあまり成長したと言う感じはしなかった。
次は3月に見に行く予定だったが、2月28日に行ってみた。まあ大体3月みたいないものだろう(笑)。
写真6は色の濃い個体。
これは写真4、5と同じ個体ではないかと思う。やや大きい感じもしたが計ったところでは同じ10ミリだった。
葉っぱの穴は大きくなっていたものの、写真を比較すると同じ位置にいるようにみえる。2月3日からほとんど動かずに同じ場所にいたのだろうか。

▼写真6 アサギマダラの幼虫 その4(2015年2月28日、東京郊外)
d0303129_10383619.jpg


写真7は約12ミリの個体。
過去2回は10ミリを超える個体は見つけていないので、少しは成長していると言えるかもしれない。

▼写真7 アサギマダラの幼虫 その5(2015年2月28日、東京郊外)
d0303129_10385124.jpg


写真8はまだ小さな個体で約8ミリ。

▼写真8 アサギマダラの幼虫 その6(2015年2月28日、東京郊外)
d0303129_1038555.jpg


写真9は計っていないので分からないがあまり大きくはなかった。9〜10ミリといったところだろうか。
キジョランの葉を摂食していたように見えた。

▼写真9 アサギマダラの幼虫 その7(2015年2月28日、東京郊外)
d0303129_1039777.jpg


写真10はこの日一番大きな個体。この状態で13ミリ強だったので、ちょっと伸びをすれば15ミリはあったように思う。しかも横幅もあって、かなり大きく見えた。

▼写真10 アサギマダラの幼虫 その8(2015年2月28日、東京郊外)
d0303129_10392017.jpg


2月末日には5個体見ることができた。厳冬期を過ぎて5個体見られたと言うことは、幼虫越冬していると考えて良いように思う。
3月に入って暖かい日が増えれば摂食する機会も多くなり、どんどん大きくなってくるのではなかろうか。
アサギマダラの幼虫はまだ20ミリを超えた姿を見たことがないので今後が楽しみだ。
毎年4月くらいになると蝶を撮るのに忙しくて幼虫を見に行くのをさぼってしまう。今年は時間を作って観察に行きたい。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2015-03-06 10:38 | | Comments(6)

Commented by pastel24 at 2015-03-06 19:03
なかなか贅沢な食べ方ですね。コンパスで下書きしたような(笑)
しかし観察者にとっては、ここに居るぞと言う目安になるのでしょう
それにしても、みき様の観察眼はとどまるところを知りませんね
常緑葉での幼虫越冬、何という生命力なのでしょう!!
小生は成虫しか見た事はありませんが、終齢幼虫から黄緑の光沢の
サナギへの観察記録楽しみにしています
身近で羽化したチョウがどこまで旅をするのかと思うと、なおさら
惹かれるものがある事でしょう
Commented by みき♂ at 2015-03-07 00:44 x
pastel様
コメントありがとうございます。
アサギマダラ、今年は終齢幼虫や蛹も何とか見てみたいです。と言うか産卵シーン、交尾シーン、卵もまだ見たことがありません。
若齢幼虫が作る丸い穴は、葉から出る液体(摂食阻害物質)から身を守る知恵なのだと思います。
北米のオオカバマダラの一齢幼虫がトウワタの葉を食べる時には、この液体のために半分以上は死んでしまうという話です。
Commented by あかね at 2015-03-08 11:24 x
みき♂さま
こんにちは!
御無沙汰いたしておりますがブログはいつも
楽しみに拝見してます
アサギマダラの幼虫は私も先日見に行って
来ました
余り長い時間居る事ができませんでしたが
2固体見てきました
そのうち一固体は2センチほどに育っていて
小さいのはまだ5ミリほどしか有りませんでした
それにしてもみき様はいつも綺麗に
撮影されています!!
私はどうもタフの使い方が下手で
特にアサギマダラは上手く撮影できません
二センチほどに育った幼虫のその後を観察して
今年は蛹を見て見たいです
Commented by みき♂ at 2015-03-08 21:24 x
あかね様
コメントありがとうございます。
私もいつもあかねさんのブログを拝見しております。
アサギマダラの幼虫は葉裏にいるので、左手で葉を裏返し、右手一本で片手撮りになるので、私も苦労してます。
コンデジで片手撮りだとブレることが多いです。
デジタル一眼でストロボ撮影した方がブレがなくて撮りやすいです。
Commented by yurinBD at 2015-03-10 06:44
東京でもアサギマダラはしっかりと育っているのですね!
独特な色合いの幼虫で、面白いですね、
それに加えて食痕の円形がお見事です!
こうした幼虫を見つけるには、
食草植物に関する知識も身に付けないといけませんね、
今年は植物も覚えるように頑張ります!
Commented by みき♂ at 2015-03-11 04:20 x
yurin様
コメントありがとうございます。
アサギマダラの幼虫、次回はもっと大きくなった姿をお見せできればと思っております。と言うか自分が見てみたいです(笑)。
蝶の食草は自分も勉強中です。若い頃と違ってなかなか頭の中に入ってくれないのがもどかしいです…(涙)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード