ウラギンシジミまだ越冬中、ほか(2015年3月14日)

主フィールドで越冬中のウラギンシジミが残り1匹になったと聞き、名残を惜しみに行ってみた。
写真1、2は外部ストロボ使用、写真3は自然光。
自然光ではプラス補正しても暗くなってしまった。

▼写真1 ウラギンシジミ その1a(ノートリミング、2015年3月12日、東京近郊)
d0303129_1572313.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ その1b(ノートリミング、2015年3月12日、東京近郊)
d0303129_1574095.jpg

▼写真3 ウラギンシジミ その1c(ノートリミング、2015年3月12日、東京近郊)
d0303129_1574972.jpg


写真4、5は大きく拡大してみたもの。
正面からも撮ってみた(写真5)。
このウラギンシジミを見られるのもそう長くないだろう。ただじっとしているだけでも、冬の間そこに行けば蝶を見られると思うと何となく心が和んだものだ。

▼写真4 ウラギンシジミ その1d(2015年3月12日、東京近郊)
d0303129_1575683.jpg

▼写真5 ウラギンシジミ その1e(2015年3月12日、東京近郊)
d0303129_1581176.jpg

※写真1〜5はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR&スピードライトSB-910

写真6はようやく今季初撮りのキタテハ。
フユシャク探しに出かけた河川敷では、数匹のキタテハが飛んでいた。

▼写真6 キタテハ(2015年3月13日、東京近郊)
d0303129_1583883.jpg


土手でモンキチョウを探しても見当たらなかった。
この日は河川敷で2〜3度見かけた。

▼写真7 モンキチョウ♂ その1a(ノートリミング、2015年3月13日、東京郊外)
d0303129_1585113.jpg

▼写真8 モンキチョウ♂ その1b(2015年3月13日、東京郊外)
d0303129_1584353.jpg


そろそろ花にくる姿を撮りたい、などと言っては贅沢だろうか(笑)。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2015-03-14 01:58 | | Comments(4)

Commented by pastel24 at 2015-03-14 09:03
まるで脚に接着剤でも付いているかのように
鳥たちにも見つけられることもなく、雨の日も強風の日も
同じ葉裏で頑張っていたと思うと、気丈さに心和みますね
MFでは秋には例年以上に成虫を見かけましたが
とうとう越冬態を見つける事は出来ませんでした
探し方が悪かったのか、それとも人間にも見つからない
場所を選んだのか? ウラギンの方が一枚上手でした(笑)
いずれ、元気な姿を見れること楽しみにしております
Commented by みき♂ at 2015-03-15 06:23 x
pastel様
コメントありがとうございます。
葉裏で越冬する蝶たち、いると分かっていてもちょっと眼を離すと分からなくなったりします。
このウラギンシジミ、二日後に見に行くとちょっと動いていました。そろそろお目覚めのようです。
Commented by himeoo27 at 2015-03-15 19:48
そちらのウラギンシジミも無事越冬
出来そうで良かったですね!
こちら見沼田んぼでも1頭ですが、
冬を越してくれそうです。
Commented by みき♂ at 2015-03-16 10:13 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
このウラギンシジミは3月14日に見た時には微妙に動いたように見えたので飛び出すのは時間の問題のようです。
まだいるかどうか確かめに行ってみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード