ナガサキアゲハ今季初撮り、ほか(2015年5月3日)

林道でウスバシロチョウの交尾シーンを撮って帰る途中、街道沿いで黒系アゲハが飛んでいるのを見かけた。
眼で追っていると斜面上の高いところにとまった。望遠ズームレンズに交換して撮ってみるとカラスアゲハ♂だった(写真1)。
遠かったけれど一応今季初撮り。
そういえばオナガアゲハ♂の飛翔シーンも撮った。これはあまりにボケボケなので割愛(苦笑)。ウツギ系の花も咲き始めていたので、これからチャンスがあるだろう。

▼写真1 カラスアゲハ♂ その1a(2015年5月1日、東京郊外)
d0303129_13583485.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

翌日は河川敷を軽く散歩した後に川沿いを歩いて帰ると、黒い大きな蝶が飛んでいた。ナガサキアゲハだ。
写真2、3は民家の庭木でしばし吸蜜したナガサキアゲハ♂。庭に入り込むのはどうかと思われたので遠くから連写して何とか撮った。

▼写真2 ナガサキアゲハ♂ その1a(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_13584356.jpg

▼写真3 ナガサキアゲハ♂ その1b(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_13585399.jpg


写真4、5はハルジオンで吸蜜するダイミョウセセリ。
写真4以外では翅をやや畳んでとまっていた。

▼写真4 ダイミョウセセリ その1a(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_1359442.jpg

▼写真5 ダイミョウセセリ その1b(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_13591355.jpg


写真6、7はホシミスジ幼虫。
体長は20ミリを超えていたし、多分終齢幼虫だと思う。
幼虫がとまっていたユキヤナギの先端には若齢幼虫の巣と思われる葉っぱも残っていた。この幼虫が使った巣だろうか。

▼写真6 ホシミスジ幼虫 その1a(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_1419132.jpg


写真7は背面から撮ったもの。
尾部の緑色をはっきり出してみたくてカメラのピクチャーコントロールを「ビビッド」に設定してみた。
…どうも色が乗りすぎて怖い(笑)。

▼写真7 ホシミスジ幼虫 その1b 背面(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_13593324.jpg


写真8〜10はホシミスジの蛹。
写真8は「ビビッド」設定、写真9は「スタンダード」設定で撮ってみたもの。
好みはあろうが、やはり普通の設定の方が無難だろうか。

▼写真8 ホシミスジ蛹 その1a(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_1359449.jpg

▼写真9 ホシミスジ蛹 その1b(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_1359545.jpg


写真10は側面から撮ってみたもの。
まだ色は薄茶色なので羽化までは時間がかかりそうだ。

▼写真10 ホシミスジ蛹 その1c 側面(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_140346.jpg


今季は何とかホシミスジの卵を撮ってみたい(昨年も同じことを言っていたような気がする)。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

[PR]

by mikiosu | 2015-05-03 14:00 | | Comments(6)

Commented by umajin2 at 2015-05-03 17:53
こんにちは!
大型のチョウとなると、望遠ズームが使い勝手が良い時がありますね!
どうしても100mm程度のマクロでは、接近しすぎて逃げられますし、
200mmマクロですとフォーカスが遅く、動きの早い虫は難しいです。
カラスアゲハ、過去に裏翅しか撮ったことが無く、いつか撮り直したいチョウです。
Commented by ainomidori443zeph at 2015-05-03 23:49
ホシミスジ、残念ながら静岡からは行けそうにありません。
Commented by mikiosu at 2015-05-04 03:53
umajin様
コメントありがとうございます。
カラスアゲハ♂はマクロレンズでも撮りましたが、この時は遠くて何蝶か不鮮明なくらいでした。望遠ズームが役に立ちました。
高い位置の花に来るアゲハチョウ科を撮るのにも活躍してくれそうです。
Commented by mikiosu at 2015-05-04 03:55
愛野緑様
コメントありがとうございます。
この場所のホシミスジ幼虫は晩秋まで見られると思います。
何かついでの時にでも寄ってみられると良いと思います。
Commented by twoguitar at 2015-05-04 15:33 x
黒いアゲハ類が続々登場していますね。
今年の春はさんざんでウスバシロチョウも見送りになりそうです。
7100のビビッドモードでは、蛹の淡い緑色が蛍光色のような発色になっていますね。
7000だとそう極端ではないのでは。
でも時々鮮やかすぎと感じることがありますね。
Commented by mikiosu at 2015-05-05 04:11
twoguitar様
コメントありがとうございます。
たまにはいつもと違う設定で撮ってみようと試してみました。
被写体や撮影状況によってはアリかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード