イチモンジチョウの裏翅(2015年5月21日)

丘陵方面へ遠征した5月17日はウラゴマダラシジミ、アカシジミ以外にも収穫があった。
写真1、2はテングチョウ。どちらも♂のように見える。
テングチョウはちょっと前に産卵シーンを見たばかりなのに、もう新成虫が出ていた。
写真1は丘陵方面でアカシジミと同じ花にきていた個体を撮ったもの。

▼写真1 テングチョウ その1(2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_2349743.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

写真2は転戦先の道路脇で見つけた個体。
手を差し出すと乗ってきた。裏翅より開翅シーンを撮りたかったが残念ながら開いてくれなかった。

▼写真2 テングチョウ その2(2015年5月17日、東京近郊)
d0303129_23492029.jpg


写真3、4はアカボシゴマダラ夏型。
樹液にはアカボシゴマダラ春型&夏型、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲなどがきていた。

▼写真3 アカボシゴマダラ その1(2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23493088.jpg


一匹だけ下草に舞い降りてくれた(写真4)。

▼写真4 アカボシゴマダラ その2(2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23494270.jpg


写真5〜10はイチモンジチョウ。
先日郊外の林道で見かけた時には開翅シーンしか撮れなかった。
この日は裏翅を思う存分撮らせてくれた。
光線の具合で裏翅が暗くなるのを露出補正したり外部ストロボを使ってみたり、いろいろ試すことが出来た。
写真5は自然光で+0.3補正。

▼写真5 イチモンジチョウ その1a(ノートリミング、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_2349578.jpg


写真6は自然光で+1.0補正。

▼写真6 イチモンジチョウ その1b(ノートリミング、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_235084.jpg


写真7は外部ストロボ使用で+0.3補正。

▼写真7 イチモンジチョウ その1c(ノートリミング、外部ストロボ、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23501920.jpg


写真8は外部ストロボ使用で+0.3補正は同じだが、ストロボ光のみ−0.3補正。

▼写真8 イチモンジチョウ その1d(ノートリミング、外部ストロボ、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23503264.jpg


ちょっと近づいた写真9は自然光で+0.3補正。

▼写真9 イチモンジチョウ その1e(ノートリミング、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23504228.jpg


写真10は外部ストロボ使用で、ストロボ光のみ−0.3補正。

▼写真10 イチモンジチョウ その1f(ノートリミング、外部ストロボ、2015年5月17日、東京郊外)
d0303129_23505426.jpg


蝶の撮影はできるだけ自然光で撮るようにしているが、時にはストロボを弱めに当てるのも悪くないかもしれない。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2015-05-21 00:01 | | Comments(2)

Commented at 2015-11-18 12:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikiosu at 2015-11-18 14:23
鍵コメ様
コメントありがとうございます。
メールを送信しましたのでご覧ください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード