まだ新鮮なウラゴマダラシジミ、ほか(2015年6月3日)

今季初めて行った丘陵方面で見たウラゴマダラシジミは、別の丘陵方面に比べると発生がやや遅いのか、まだ新鮮に見えた。まあ、何十キロも離れているわけではないので単なる個体差かもしれないが…。
写真1は舗装路脇の葉上にとまっていた個体。

▼写真1 ウラゴマダラシジミ その1(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_34021.jpg


写真2〜5は散策路脇にとまっていた個体。

▼写真2 ウラゴマダラシジミ その2a(ノートリミング、2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_341074.jpg


今季初めて開翅シーンが撮れるかと期待したが、ここまでしか開いてくれなかった(写真3)。
ちょっとだけ見えた表翅の色から♀っぽく見えた。

▼写真3 ウラゴマダラシジミ その2b(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_342193.jpg

※写真2、3はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

小飛してもとまるのはやはり直接日の当たらない場所(写真4)。

▼写真4 ウラゴマダラシジミ その2c(ノートリミング、2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_343241.jpg


少し見えた腹部はややポッテリしていてやはり♀っぽい感じがした(写真5)。

▼写真5 ウラゴマダラシジミ その2d(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_344013.jpg


ミズイロオナガシジミは1匹だけ見かけた(写真6)。

▼写真6 ミズイロオナガシジミ(ノートリミング、2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_344941.jpg


アカシジミとウラナミアカシジミはあちこちで見かけたが、やはり栗の花が多かった。
写真7は栗の木の下草にとまっていたアカシジミ。

▼写真7 アカシジミ(ノートリミング、2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_35044.jpg


写真8、9は栗の花にきていたウラナミアカシジミ。

▼写真8 ウラナミアカシジミ その1(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_351178.jpg

※写真8はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

▼写真9 ウラナミアカシジミ その2(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_352045.jpg

※写真9はニコンD7100+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

写真10は帰り際、公園外れの葉上にとまっていた個体。
見かけた時には、もう撮らなくてもいいかと思ったりしたけれど、綺麗な個体だったので撮ってみた。

▼写真10 ウラナミアカシジミ その3(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_352975.jpg


この日はゴイシシジミも狙っていた。ここ2〜3年続けてゴイシシジミを見かけている笹薮には、刈られた笹が山と積まれていて、ゴイシシジミの姿は見られなかった。

撮影機材:※印以外はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2015-06-03 03:05 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード