ヤマトシジミの卵(2015年7月2日)

好天予報の6月29日は意外に曇りがちで、郊外駅のホームに降り立った時には肌寒いくらいだった。
これでは蝶の出は期待薄かな…。そうは思っても今更引き返すわけにもいかない。雨が降っていないだけ良しとしよう。

林道手前の街道脇でヤマトシジミ♀が産卵行動をしていた。
写真1、2はカタバミの花にとまるヤマトシジミ♀。

▼写真1 ヤマトシジミ♀ その1a(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_142501.jpg

▼写真2 ヤマトシジミ♀ その1b(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_142593.jpg


しばらく眺めていると産卵したように見えた。
葉っぱをめくると…、やはり卵があった。これ幸いとコンパクトデジカメのTG-4を取り出して卵を撮ってみる(写真3、4)。
小さなヤマトシジミの卵が片手撮りでこれくらい写っていればまずまずか。

▼写真3 ヤマトシジミの卵 その1a(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1431157.jpg

▼写真4 ヤマトシジミの卵 その1b(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1431973.jpg

※写真3、4はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真5、6は別個体の♀。
擦れもなく新鮮な♀のようだ。

▼写真5 ヤマトシジミ♀ その2a 開翅(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1432983.jpg

▼写真6 ヤマトシジミ♀ その2b 開翅(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1433845.jpg


写真7、8は林道入口で見かけたベニシジミ。
ちょっと遠かったが、これでもかと大開翅していたので撮ってみた(写真7)。

▼写真7 ベニシジミ その1a 開翅(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1434855.jpg


するとちょっと近くに飛んできて、また大開翅(写真8)。
ここまで思い切り翅を開く個体はあまりないかも。

▼写真8 ベニシジミ その1a 開翅(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1435922.jpg


この日はできればオオムラサキを撮りたかった。残念ながら出会いはなく、諦めて帰路につく。
林道を抜けて街道を歩きながら、この辺りのクズの花でウラギンシジミの卵を撮ったっけ。そう思って路傍に目をやると、
葉上に何かいる!
オオミドリシジミだ。
さすがにちょっと擦れが目立つので、拡大しないでノートリミングで載せてみる。

▼写真9 オオミドリシジミ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_144919.jpg

▼写真10 オオミドリシジミ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1441986.jpg

▼写真11 オオミドリシジミ♀ その1c(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1442834.jpg

▼写真12 オオミドリシジミ♀ その1d 開翅(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1444425.jpg


ここはバスも通る街道脇の葉上。撮っているとちょうどバスが通りかかり、飛ばされないように必死に葉っぱにしがみついていた。
オオミドリシジミは例年1〜2個体くらいしか撮ったことがなかったのに、今年はずいぶんと縁があった。これで今年は撮り納めかな。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2015-07-02 00:01 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード