クジャクチョウ今季初撮り、ほか(2015年7月14日)

好天の7月12日は石川会長のお誘いで山梨方面に遠征。
昨年も7月21日に誘っていただき、ホソバセセリ、ギンボシヒョウモン、フタスジチョウなどを初撮りしたのだった。
峠道で寄り道し、取りあえずヒオドシチョウを撮る(写真1)。

▼写真1 ヒオドシチョウ その1 開翅(ノートリミング、2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14133461.jpg


ヒオドシチョウは現地の伐採木でも見かけた(写真2)。
あとで写真をよく見ると、腹部がパンパンに見えた。

▼写真2 ヒオドシチョウ その2(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14134397.jpg

※写真1、2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真3、4は建物外壁にとまるエルタテハ。
もともと花にくるシーンはあまり期待していないとは言え、もうちょっと見栄えの良いところにとまってくれないか。

▼写真3 エルタテハ その1 開翅(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14135460.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

▼写真4 エルタテハ その2(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_1414478.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

コムラサキは1匹だけ見かけた。前に廻り込む前に飛ばれてしまった(写真5)。

▼写真5 コムラサキ♂ 開翅(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14141463.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真6はギンボシヒョウモン♂。
左前翅がかなり傷んでいた。

▼写真6 ギンボシヒョウモン♂(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14142345.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真7、8はウラギンヒョウモン♂。
熱心に地面で吸水していた。

▼写真7 ウラギンヒョウモン♂ その1a 開翅(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_1414349.jpg

▼写真8 ウラギンヒョウモン♂ その1b(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14144413.jpg

※写真7、8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

写真9〜12はクジャクチョウ。
少なくとも2個体はいて、時折絡んで飛んだりしていた。
暑いせいか、とまった直後しか翅を開いてくれない。翅を開いた瞬間を撮ろうと長いこと粘る。

▼写真9 クジャクチョウ その1a(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14145544.jpg

▼写真10 クジャクチョウ その1b 開翅(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_1415735.jpg

▼写真11 クジャクチョウ その1c 開翅(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14151793.jpg


とまった直後に連写していたら、飛び立った瞬間がたまたま写っていた(写真12)。

▼写真12 クジャクチョウ その1d 飛び立ち(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_14195494.jpg

※写真9〜12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

エルタテハ、ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン、クジャクチョウ、今季初撮り。珍しい蝶ではないものの、これらの蝶は都内で撮るのはほとんど無理なので、遠征に誘ってくださる先輩がいるのはありがたいことである。(つづく)

by mikiosu | 2015-07-14 14:15 | | Comments(2)

Commented by Sippo5655 at 2015-07-14 21:51
本当に東京で見られる蝶は少ないですよね・・・
生物多様性という言葉がいつも頭にあり
いろんな子に会いたい、
みんな元気にしている?心配で、
交通費をかけてでも、会いに行く・・

ウラギンヒョウモンは特に思い入れ強く
大好きな蝶です!

Commented by mikiosu at 2015-07-15 02:50
Sippo様
コメントありがとうございます。
ウラギンヒョウモン、都内では簡単には見られませんが、クジャクチョウともども、やはり毎年一度は見ておきたい蝶ですね。
この時期、貴重な梅雨の晴れ間にどこに何を見に行くか、悩みますね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード