ムラサキシジミの幼虫(2015年8月6日)

前回はムラサキシジミの産卵&卵を取り上げた。二日後には幼虫を見つけたので紹介しておきたい。

写真1は再掲載になるが、前回の写真8をトリミングを少し変えたもの。
この写真のあと、葉っぱを確認したのだが、どうも葉の表側しか見なかったような気がした。

▼写真1 再掲載のムラサキシジミ♀ 産卵シーン(2015年8月3日、東京近郊)
d0303129_243468.jpg


二日後に行った時に葉の裏側を見てみると、ちゃんと卵がついていた。
しかも孵化した後のものまであった(写真2)。

▼写真2 ムラサキシジミの卵 その1(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_244635.jpg


この日ご一緒した「公園昆虫記」のおはるさんが、他にも複数の卵を見つけてくれた(写真3)。

▼写真3 ムラサキシジミの卵 その2(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_245593.jpg


卵ばかりか、幼虫も見つけてくれた。
写真4、5はとても小さな幼虫。
計っていないが多分5ミリくらいではないか。

▼写真4 ムラサキシジミの幼虫 その1a(ノートリミング、2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_25599.jpg

▼写真5 ムラサキシジミの幼虫 その1b(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_251294.jpg


写真6〜8はかなり大きめの幼虫。
手つかずの状態では幼虫の姿はよく見えない(写真6)。

▼写真6 ムラサキシジミの幼虫 その2a(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_252496.jpg


ちょっと失礼して葉っぱを少し開いてみる(写真7)。
一緒にいたアリは逃げてしまった。

▼写真7 ムラサキシジミの幼虫 その2b(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_2533100.jpg


しばらくすると一度逃げたアリは戻ってきてくれた(写真8)。

▼写真8 ムラサキシジミの幼虫 その2c(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_254424.jpg


ムラサキシジミの幼虫には蜜腺があり、アリが群がると言われている。
この日、アリの姿は少ししか見られなかったが、今後も継続して観察してみたい。

撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

[PR]

by mikiosu | 2015-08-06 02:05 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード