クロアゲハの幼虫、ほか(2015年8月7日)

8月6日朝、起きて予報を見ると36度。こんな日にカメラを担いで遠くまで出かけるのは正気の沙汰ではない。そんな気がして、近場でお茶を濁すことにする(笑)。近場と言ってもどこに何を見に行くかが問題だ。
そういえば「てんとう虫の歳時記2」のてんとう虫さんが、とある温室でクロアゲハの幼虫を撮られていたのを思い出して、行ってみることにした。

温室に入ってすぐ、黄色い花にイチモンジセセリがとまっていた(写真1、2)。
この花はキバナツルネラというらしい。

▼写真1 イチモンジセセリ その1a(ノートリミング、2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2455859.jpg

▼写真2 イチモンジセセリ その1b(ノートリミング、2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2505241.jpg


温室に入って気がついたが、クロアゲハ幼虫のいる植物名を確認してくるのを忘れた。
…オレのバカ(笑)。
ま、まあそれでも何か柑橘系の植物だろう。温室はさほど大きくないので頑張れば分かるのではないか。
…頑張らなくても分かった(笑)。
ブシュカンという鉢植えにクロアゲハ幼虫はいた。
2匹見つけたが、どちらも葉っぱではなく幹や枝にとまっていた。
写真3、4は枝にとまっていた若齢幼虫。
やや高い位置にいてデジタル一眼では撮りにくかった。腕を伸ばして高い位置からコンパクトデジカメで撮ってみた。

▼写真3 クロアゲハの若齢幼虫 その1a(ノートリミング、2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_246191.jpg

▼写真4 クロアゲハの若齢幼虫 その1b(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2464967.jpg

※写真3、4はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真5〜7は幹にいた別個体。
大きさは約23ミリ。4齢くらいだろうか。
ちょっと突ついて臭角を出してもらった(写真5)。

▼写真5 クロアゲハの若齢幼虫 その2a 臭角あり(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_247498.jpg


頭部に黄色い突起があるので、ここから臭角が出るのかと思ったら、そうではなかった(写真6)。

▼写真6 クロアゲハの若齢幼虫 その2b(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2471337.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

黄色い突起の間に臭角が出る部分があるようだ(写真7)。
臭角はすぐに引っ込めてしまうので素早く撮らねばならなかった。

▼写真7 クロアゲハの幼虫 その2c 臭角あり(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2472328.jpg


それにしても暑い。こんな暑い日に温室に閉じこもって蝶の幼虫を撮るなど、正気の沙汰ではない(汗)。
外の花壇に出ると、もっと暑い気がした…。

ここの花壇にはウラナミシジミを撮りにきたことがある。そろそろ気の早い個体が出ていないかと期待したが、残念ながら見かけなかった。

花壇の一角にクズがあった。繁茂する葉をかき分けてみる。いくつかしょぼい花穂が見つかったので卵を探すと…。
ありました、ウラギンシジミの卵(写真8)。
写真8には2つ付いていた。

▼写真8 ウラギンシジミの卵 その1(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2473510.jpg


写真9にはウラギンシジミの卵と、もっと小さな孵化後の卵が付いていた。

▼写真9 ウラギンシジミの卵 その2a(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_2475288.jpg


写真10は同じものを少し角度を変えてコンパクトデジカメで撮ってみたもの。
ウラギンシジミの卵の下と右斜め上に見える孵化後の卵は、大きさからしてルリシジミかウラナミシジミの卵ではないかと推測する。ウラナミシジミはまだ発生前のようだし、ルリシジミの可能性大だと思う。

▼写真10 ウラギンシジミの卵 その2b(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_248297.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

それにしても暑い。炎天下で小さな卵を撮り続けるのは正気の沙汰ではない(大汗)。ひょっとしてマジで温室よりも外の方が暑いのではないか。
温室の温度が何度なのか見てみようと思ったが分からなかった。その代わり入口に置いてあった温度計には36.7度とあった。
自分の感覚では温室内が34〜35度、外気が36〜37度といった感じ。やっぱり温室より外の方が暑かったのだと思う。温度計を見たら余計暑くなったので早々に撤収した。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2015-08-07 02:48 | | Comments(4)

Commented at 2015-08-08 21:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikiosu at 2015-08-09 04:49
Sippo様
コメントありがとうございます。
このところ暑くて木下沢林道すら行っておりません(汗)。温室で頑張るくらいなら林道行った方が良かったかもしれませんね(笑)。
Commented by yurinBD at 2015-08-09 07:36
クロアゲハの幼虫は、アゲハと比べて何となく
テカテカしている点がお気に入りです(笑)
ウラギンシジミはこの時期に産卵しているのですね、
今日は若干涼しくなった気もしますので、
近所の公園で探してみたくなりました!
Commented by mikiosu at 2015-08-09 17:10
yurin様
コメントありがとうございます。
クロアゲハ幼虫、おっしゃる通り見た目はテカテカしていて、触るとベトベトしていました(笑)。
チャンスがあれば終齢幼虫も見てみたいですが、暑いのでまた行くかどうか分かりません(汗)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード