アカボシゴマダラの卵&幼虫(2015年8月12日)

主フィールドではアカボシゴマダラをよく見かけるので、あまり熱心に撮る被写体とは言えない。それでもよく目につくので他に撮るものがない場合には撮るかな…と言った感じ。
卵や幼虫も結構見られる。
写真1〜4はアカボシゴマダラの卵。
写真1は散策路脇のエノキの葉上で見つけた卵。

▼写真1 アカボシゴマダラの卵 その1(ノートリミング、2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_220162.jpg


写真2はどういうわけかカラスウリの葉上で見つけた卵。
なぜこんなところに? と思ったが、カラスウリのすぐ近くにエノキの葉があった。エノキの葉にとまって産卵したら、すぐそばのカラスウリの葉に尾端を押し付けてしまったらしい。

▼写真2 アカボシゴマダラの卵 その2(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_2202774.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真3、4はエノキの葉上にあった孵化しそうな感じの卵。

▼写真3 アカボシゴマダラの卵 その3a(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_2203889.jpg


写真4は上の写真の右側の卵。

▼写真4 アカボシゴマダラの卵 その3b(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_2204844.jpg


写真5〜10はアカボシゴマダラの幼虫たち。
写真5、6は約4.5ミリの若齢幼虫(多分一齢幼虫)。
この幼虫は8月3日に産卵シーン&卵を撮影したエノキの葉上にいたので、その時の卵が孵化したのかもしれない。

▼写真5 アカボシゴマダラの幼虫 その1a(ノートリミング、2015年8月8日、東京近郊)
d0303129_2205868.jpg

▼写真6 アカボシゴマダラの幼虫 その1b(2015年8月8日、東京近郊)
d0303129_221831.jpg


写真7は計っていないが上の写真とほぼ同じくらいの大きさだった。
若齢幼虫は葉っぱの先端が好きなのだろうか。

▼写真7 アカボシゴマダラの幼虫 その2(ノートリミング、2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_2211852.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真8は突起先端まで約20ミリの中齢幼虫。

▼写真8 アカボシゴマダラの幼虫 その3(2015年8月8日、東京近郊)
d0303129_2212753.jpg


写真9、10はやはり20ミリくらいの中齢幼虫。

▼写真9 アカボシゴマダラの幼虫 その4a(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_2213613.jpg

※写真9はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

顔面を撮ろうとしたら恥ずかしそうにうつむいてしまった。アカボシゴマダラ幼虫は意外にシャイなあんちくしょうなのだ。

▼写真10 アカボシゴマダラの幼虫 その4b(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_2214673.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

アカボシゴマダラは成虫も卵も幼虫も、蛹さえ結構見られる。なのに交尾シーンはどうも見た記憶がない。求愛シーンは何度か見たことがあるので、是非とも交尾シーンを撮っておきたい。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2015-08-12 02:32 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード