ヤマトシジミの卵&幼虫(2015年8月13日)

ここ数日は何とかヤマトシジミの幼虫を見つけようと執念を燃やしていた(笑)。
主フィールドでカタバミの葉っぱの状態をチェックして歩くと、食痕がかなり目についた。
写真1は食痕の目立つカタバミの葉。
こういう葉があっちにもこっちにもあるので、幼虫が見つからない訳がないと思う。
ところが、カタバミの葉にも茎にもいない。根元に潜んでいるとも聞くが、根元を見てもなかなか見つからない(涙)。

▼写真1 カタバミにヤマトシジミ幼虫の食痕(2015年8月10日、東京近郊)
d0303129_147072.jpg


写真2は幼虫探しのついでに撮ったヤマトシジミ♀。
♀の乗っている葉もかなり食痕が目立つ。

▼写真2 食痕のあるカタバミにヤマトシジミ♀(2015年8月10日、東京近郊)
d0303129_147996.jpg


なかなか幼虫は見つからないが、卵はいくつか見かけた(写真3、4)。

▼写真3 ヤマトシジミの卵 その1a(ノートリミング、2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_1472113.jpg


ヤマトシジミの卵はこれまでも何度か撮っているが、これまでで一番綺麗に撮れたかもしれない(写真4)。

▼写真4 ヤマトシジミの卵 その1b(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_147397.jpg


この日フィールドでお会いした「公園昆虫記」のおはるさんに、「ヤマトシジミの幼虫が見つからない」とぼやくと、近くのカタバミで探してくださった。
幼虫は見つからなかったが、前蛹が見つかった(写真5)。
はやっ!
計ってみると9ミリくらいだった。

▼写真5 カタバミにヤマトシジミの前蛹(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_14815.jpg


前蛹を撮らせてもらった後、もう一度カタバミのたくさんあるポイントで幼虫を探してみる。
やっと見つけた!
カタバミの根元に転がっていた枯葉の裏に潜んでいた(写真6)。

▼写真6 枯葉裏にヤマトシジミの幼虫 その1a(ノートリミング、2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_1481331.jpg


汚れを払ってコンパクトデジカメで接写してみる(写真7)。
大きさは4ミリ強といったところか。

▼写真7 枯葉裏にヤマトシジミの幼虫 その1b(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_1482341.jpg


幼虫の撮影後に枯葉をもとに戻してみたのが写真8。
まあ大体こんな感じだったような気がする。

▼写真8 食痕のあるカタバミとヤマトシジミ幼虫のいた枯葉(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_1483277.jpg


翌日も主フィールドに出かけたので、同じ場所をチェックしてみた。
枯葉の裏にいた幼虫は、表側に移動していたものの、まだそこにいた。
アリもきていたのでスケールを当てて撮ってみた(写真9)。

▼写真9 枯葉にヤマトシジミの幼虫 その1c(2015年8月12日、東京近郊)
d0303129_1484172.jpg


前日見つけてもらった前蛹も見に行ってみた。これで蛹が撮れれば一石二鳥だな、楽勝楽勝。
…いや、甘かった。これと思うカタバミをひっくり返しても見つからない。その辺のカタバミを全部ひっくり返したような気がするが、とうとう見つからなかった(汗)。
代わりに小さな幼虫が見つかった(写真10)。

▼写真10 カタバミにヤマトシジミの卵&一齢幼虫(2015年8月12日、東京近郊)
d0303129_1485047.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

これは多分一齢幼虫だろう。
葉裏に卵も付いているので大きさを比較してみる。
『虫の卵ハンドブック』によるとヤマトシジミの卵は直径0.55ミリとある。見た感じでは2倍くらいなので、この幼虫は1.2ミリくらいではあるまいか。

それにしても、ヤマトシジミの幼虫探しにこんなに苦労するとは思わなかった。
次はベニシジミ幼虫でも探しに行こうか。

参考文献:『虫の卵ハンドブック』(鈴木知之著、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

by mikiosu | 2015-08-13 01:48 | | Comments(8)

Commented by yurinBD at 2015-08-13 06:25
ヤマトシジミの卵、幼虫、前蛹を発見され、
おめでとうございます!
たくさんいる筈なのに、小さくてなかなか見つからない
ですよね。特に前蛹は貴重ですね!
写真9でアリが来ている点に興味を持ちました。
Commented by banyan10 at 2015-08-13 19:39
ヤマトシジミの幼虫は結構探しましたが、自力では1齢を1度しか見つけられていません。
前蛹はすごいですね。
同じように何度も探しても見つからないのがモンキチョウの幼虫です。数が多い身近な蝶でも幼虫や蛹は難しいですね。
Commented by mikiosu at 2015-08-14 02:59
yurin様
コメントありがとうございます。
ヤマトシジミの幼虫にもアリが結構寄ってくるようです。
まだ少ししか見つけていませんが、頑張れば見つかることが分かったので、今後も継続して探してみたいです。
Commented by mikiosu at 2015-08-14 03:01
banyan様
コメントありがとうございます。
ヤマトシジミの一齢幼虫は翌日も別の場所で見つけました♪
何とかして蛹も見つけたいですね。
モンキチョウは交尾シーンは結構見ますが、卵や幼虫は見たことがないので、今後の課題ですね。
Commented by Sippo5655 at 2015-08-14 21:06
我が家の庭にはカタバミがいっぱいあって、
食痕もあり、
当然親もいれば産卵も目撃しているのに。
やはり、幼虫を見つけられません;_;
なぜでしょう・・・
意地でも見つけたいところですが
暑い夏。その上、我が家の庭には水槽がいっぱりあって
蚊の宝庫。
断念する日々です(笑)
いつか見つけてみた~~い!!
Commented by mikiosu at 2015-08-14 22:49
Sippo様
コメントありがとうございます。
拙宅の庭には蝶がくるような植物がほとんどありません(涙)。せめてカタバミやシロツメクサくらいは生えて欲しいです。
この時期は蚊の襲来が凄いので、幼虫探しはお勧めしません(笑)。
Commented by umajin2 at 2015-08-18 12:33
こんにちは!
今年、私はカミキリを追っかけていますが、
みき♂さんは、チョウ三昧で凄いですね~!
ヤマトシジミはカタバミに産卵するんですよね!
息子がプランターで色々な種を蒔いて育てています。
これは虫に来てもらう為だそうです(笑)
カタバミもその1つで、ヤマトシジミの幼虫も見ることができました。
Commented by mikiosu at 2015-08-19 04:09
umajin様
コメントありがとうございます。
今年は蝶の卵&幼虫を積極的に撮りたいと思っていたので、せめてヤマトシジミやベニシジミは撮っておかないと…と思っております。まだベニシジミは撮れてません(汗)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード