ヒメクロホウジャクとホシホウジャク(2015年9月7日)

9月5日は好天予報だったので気合いを入れて郊外に出かける…つもりだったが、なんやかやで寝たのが朝5時過ぎになってしまい、あまり早起きはできなかった。早く寝ろよ!(といつも思う)。
そんなことで郊外に着いたのは昼近くになってしまった(苦笑)。
最近は山麓でもチェックポイントが多くなって、あちこち見ていると林道を歩く時間が無くなったりする。だから早く起きて出かけなくちゃいけないのに、オレのバカ(といつも思う)。
まあそれはともかく、蝶の出は今ひとつだったものの、蛾はいろいろ撮れた。

写真1〜4はヒメクロホウジャク。
これは15時過ぎの帰り道、街道脇でひと休みして余ったおにぎりを頬張っているとき、眼の前のキバナコスモスに吸蜜にきていたもの。
シャッタースピードは1/4000秒にしていたのに、それでも翅はぶれていた。
花がたくさんあったおかげで、吸蜜シーンをたっぷり見ることができた。

▼写真1 ヒメクロホウジャク 飛翔中 その1a(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_15324927.jpg

▼写真2 ヒメクロホウジャク 飛翔中 その1b(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_1533056.jpg

▼写真3 ヒメクロホウジャク 飛翔中 その1c(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_1533977.jpg

▼写真4 ヒメクロホウジャク 飛翔中 その1d(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_15331827.jpg


写真5、6はホシホウジャクの産卵シーン。
ヒメクロホウジャクが撮れてやや気を良くしたあと、街道脇の土手でホシホウジャクがあっちへ行ったりこっちへ行ったりしていた。
これは産卵でもするのかと思っているとやはりそうだった(写真5)。

▼写真5 ホシホウジャク♀ 産卵中 その1a(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_15332863.jpg


眼の前で2度ほど産卵したようだ(写真6)。
あまり確信はないが、産みつけたのはいずれもヘクソカズラではないかと思う。ちょっと見たところでは、土手の中でこの草を探して産んだように見えた。サッと産みつけて去っていくようだ。

▼写真6 ホシホウジャク♀ 産卵中 その1b(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_15333730.jpg


写真7は産みつけられた直後の卵。
直径は1ミリ強といったところか。なかなか綺麗な卵だ。

▼写真7 ホシホウジャクの卵 (2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_15334733.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

ちなみに幼虫はこんな感じ(写真8)。
これは近所の公園のヘクソカズラで撮ったもの。ムラサキツバメを探している時、マテバシイの木にヘクソカズラが絡まっていたのでたまたま見つかった。

▼写真8 ホシホウジャクの幼虫(2015年8月18日、東京都区内)
d0303129_15335612.jpg


同日同場所ではホシヒメホウジャクの幼虫も撮っていた(写真9)。

▼写真9 ホシヒメホウジャクの幼虫(2015年8月18日、東京都区内)
d0303129_1534641.jpg


写真10は街道脇で見つけたコスズメの幼虫。
かなり大きく、もう蛹化する寸前くらいではないかと思う。

▼写真10 コスズメの幼虫(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_153416100.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

コスズメの成虫の写真は→こちら。以前緑色の幼虫も撮ったような気がするが、どうも見つからなかった。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2015-09-07 15:34 | | Comments(8)

Commented by Sippo5655 at 2015-09-07 20:58
ひゃ~、ずいぶん夜更かし型なんですね^^;
私だったらそんな時間に寝たら
起床はたぶん14:00・・・(笑)
オオスカシバもホウジャクも
いくらss上げても、翅止まりませんよね。
ヒメクロ・・どこかで会っていると思います。
ホシホウジャクはヘクソカズラでしたか。
そういえば我が家の庭にヘクソカズラが繁茂していた頃
来てました、来てました。
ホシホウジャクの幼虫も、よく見かけるあの幼虫だ!
コスズメの成虫、見てきました。
近所の壁に止まっていて、思わずコンデジで撮影したことがあります。
幼虫あ~、これだ、先日撮影して何の幼虫だか
調べる気力もありませんでした(笑)
Commented by yurinBD at 2015-09-07 22:14
ホウジャクさんの仲間は飛翔しながらの
吸蜜シーンを撮影するのが楽しいですよね!
1枚目のお写真、SS 1/4000で翅がぶれると
いうことは、凄い速い翅の動きですね!
ヒメクロホウジャクは見たことがありません
ので、ホウジャクの仲間に会った際には、
注意深く観察してみたいと思います!
Commented by mikiosu at 2015-09-08 02:47
Sippo様
コメントありがとうございます。
私は夜型なのでこういうことが多いです。歳をとっても朝型になるのは難しそうです(苦笑)。
ホウジャク系の飛翔シーン、まだ1/8000秒で撮ったことがないので、今度試してみます。
Commented by mikiosu at 2015-09-08 02:56
yurin様
コメントありがとうございます。
ホウジャク系も微妙に違う種があるので、同定作業が難儀です(笑)。
飛翔シーンでは、SSを速くすれば翅はとまるのでしょうが、ISO感度との兼ね合いもあるので、ピタッととめて撮るのは難しいですね。
Commented by nika4 at 2015-09-08 14:38 x
ホウジャクの飛翔写真、お見事です。1/4000秒でもブレるとは、晴れた日の明るい場所でしか写真は撮れませんね。よく幼虫を見ただけで、種類を同定できますね、尊敬します。
Commented by pastel24 at 2015-09-08 19:30
ホウジャクやスカシバの吸蜜はよく目にしますが
静止や産卵、幼虫となると見つけるのも難しく、みき様なら
ではの観察眼ですね。
以前、ホシホウジャクに付いてですが、独断と偏見の式で
翅先端のブレ量とSSから振幅を計算したことがあります。
結果は61回/秒という凄い結果が出ました
(ちなみにハチドリは55~80回と言う公式見解あり)
ホバリング吸蜜を見て、いつも思うのですが吸蜜の運動エネ
ルギーと吸蜜量がペイできるのか心配になります(笑)
そんなことでいつも自転車操業なのかなと思って見ています
オオスカシバの様に、前足を花などに添えれば少しは
楽だろうと、余計なお世話を・・・
長々とくだらないこと書いてしまいました。
Commented by mikiosu at 2015-09-09 05:42
nika様
コメントありがとうございます。
もっと速いシャッターを切りたくてもISO感度の問題で難しいですね。
幼虫は、スズメガ科に関しては色合い、模様のほかに尾角の形状も識別ポイントになるので頑張って調べれば結構分かります。
Commented by mikiosu at 2015-09-09 05:53
pastel様
コメントありがとうございます。
ホウジャク類は毎年結構見るのに、これまで産卵シーンや卵を見たことがなかったので、初めて撮れてちょっと嬉しいです。
いつか、夜に飛ぶスズメガの飛翔シーンを撮るのが夢です(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード