ヒメアカタテハの産卵シーン、ほか(2015年9月18日)

主フィールドの花壇にあるユキヤナギでホシミスジの蛹を探している時には、近くの葉上でヤマトシジミの求愛シーンが見られた(写真1、2)。
ヤマトシジミの求愛シーンは毎年何度か見ている気がするが、そのまま交尾に至ったのを見たことがない。この日も結局♀は飛び去ってしまった。

▼写真1 ヤマトシジミの求愛シーン その1a(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_11393889.jpg

▼写真2 ヤマトシジミの求愛シーン その1b(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_11395029.jpg


最近は道端のカタバミを見てもヤマトシジミ幼虫の食痕はほとんど見られない。今は成虫が多いタイミングなのだろう。
主フィールドには新鮮な♀がたくさん見られる(写真3、4)。
写真3はドクダミの葉上で全開する♀。

▼写真3 ヤマトシジミ♀ その1(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_1140082.jpg


写真4はキツネノマゴで吸蜜する♀。
青い鱗粉が乗るのは次の世代だろうか。

▼写真4 ヤマトシジミ♀ その2(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11401050.jpg


写真5はちょっと移動した場所で見つけたベニシジミ。
ついでに幼虫も探してみたが見つからない。今夏はヤマトシジミの幼虫探しを熱心にしたので、秋はベニシジミの幼虫を探そうかと思ったりしている。

▼写真5 ベニシジミ(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11402429.jpg


写真6は主フィールドでは珍しいヒメアカタテハ。
散策路脇の葉上にとまったので産卵しているかもと思って撮っておいた。

▼写真6 ヒメアカタテハ♀ 産卵中(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11403451.jpg


葉っぱに近づいてみるとやまり産卵していた(写真7)。
ヒメアカタテハの食草はヨモギ類などだが、この葉はそう見えない。オオバコみたいに見える。

▼写真7 ヒメアカタテハの卵 その1a(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11404499.jpg


写真8はコンパクトデジカメで撮ったもの。
ヒメアカタテハの卵はタテハチョウの割りに小さい。

▼写真8 ヒメアカタテハの卵 その1b(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_1141324.jpg

※写真8はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

『虫の卵ハンドブック』によると直径0.57ミリとなっている。コミスジ0.75ミリ、ルリタテハ0.95ミリ、アカボシゴマダラ1.4ミリなどなので、コミスジよりも小さい。ちなみにアカタテハは0.6ミリらしい。アカタテハも小さいなあ。

写真9、10はミドリヒョウモン♀。
何かヒョウモンチョウ類がいると思ったらミドリヒョウモンだった。

▼写真9 ミドリヒョウモン♀ その1a(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11412127.jpg


地面に口吻を突き立てている(写真10)。ミドリヒョウモンは♀も吸水するのだろうか。

▼写真10 ミドリヒョウモン♀ その1b(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_11413063.jpg


昨秋は主フィールドでミドリヒョウモンの産卵シーンが見られた。
今年もそんなシーンが見られるだろうか。

参考文献:『虫の卵ハンドブック』(鈴木知之著、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2015-09-18 11:41 | | Comments(4)

Commented by ダンダラ at 2015-09-18 21:41 x
ヒメアカタテハの食草にはオオバコも含まれるようですね。
私もずっと昔に確認したことがありますが、それほど多くは利用していないのかもしれませんね。
いよいよミドリヒョウモンが人里でも見られるようになってきましたね。
Commented by Sippo5655 at 2015-09-18 22:17
そういえば、ヤマトのその過程は見たことがありません。
イチモンジセセリだって、あんなにいるのに
交尾シーンはほとんど見れない
なんで?????

ヒメアカタテハはいるところにはいっぱいいるのに
いないところには、いない。。。。。
ミドリもそうですよね。。
Commented by mikiosu at 2015-09-19 00:42
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
やっぱりオオバコで良かったんでしょうか。いささか確信が持てませんでした(苦笑)。
ミドリヒョウモン、昨秋はかなり多く見られた気がしますが、今年はどうなるでしょうね。
Commented by mikiosu at 2015-09-19 00:44
Sippo様
コメントありがとうございます。
ヤマトシジミもイチモンジセセリも、求愛シーンは結構見ていますが、交尾シーンまで連続的に見る機会はあまりないですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード