オオスカシバの舞い(2015年9月27日)

プチ遠征先のキバナコスモスには、ヒメアカタテハやツマグロヒョウモンのほかにオオスカシバもきていて、熱心に吸蜜していた。

写真1〜8はオオスカシバ。
複数きていたようなので全部同じ個体かどうか確信はない。
写真1、2は後ろ姿。

▼写真1 オオスカシバ その1a 背面から(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_143033.jpg

▼写真2 オオスカシバ その1b 背面から(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_144019.jpg


写真3〜5は側面から。
吸蜜中は前脚を軽く花に添えて、飛翔に要する体力消費を抑えているのだろう。
ホシホウジャクやオオスカシバの眼は何だか魚の眼に似ていないか。

▼写真3 オオスカシバ その1c 吸蜜中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_145024.jpg

▼写真4 オオスカシバ その1d 吸蜜中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_145684.jpg

▼写真5 オオスカシバ その1e 吸蜜中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_15594.jpg


写真6〜8は口吻のグルグルを撮ってみた。
正確には撮ってみたと言うより撮れていたと言うべきだろう。

▼写真6 オオスカシバ その1f 飛翔中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_152135.jpg

▼写真7 オオスカシバ その1g 飛翔中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_153058.jpg

▼写真8 オオスカシバ その1h 飛翔中(2015年9月22日、東京近郊)
d0303129_153616.jpg


この日は天気も良く、シャッタースピードは1/5000秒でチャレンジしてみた。それでも一部の写真では翅がぶれていた。

写真9はオオスカシバの幼虫。
これは民家の玄関先に植えてあるクチナシ。

▼写真9 オオスカシバの幼虫 その1(2015年9月16日、東京近郊)
d0303129_154524.jpg


写真10はオオスカシバ幼虫の糞だと思う。
写真9の幼虫の下の葉っぱに落ちていた。

▼写真10 オオスカシバ幼虫の糞(2015年9月16日、東京近郊)
d0303129_155632.jpg


写真11、12は主フィールドの花壇にあるコクチナシで見つけた幼虫たち。
もう蛹や成虫になっている個体が多いと思うが、この日は幼虫を3匹ほど見つけた。
幼虫たちは蛹化を前にして葉っぱを食べるのに夢中のようだ。

▼写真11 オオスカシバの幼虫 その2(2015年9月24日、東京近郊)
d0303129_16997.jpg

▼写真12 オオスカシバの幼虫 その3 顔面(2015年9月24日、東京近郊)
d0303129_161933.jpg

※写真11、12はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2015-09-27 01:06 | | Comments(4)

Commented by umajin2 at 2015-09-27 15:04
こんにちは!
オオスカシバ、新鮮な個体で良いですね!
傷んでくると尻尾の毛が抜けたように疎らになってしまいます。
みき♂さんの所に来ると、成虫だけでなく幼虫も見れるので
勉強になります!
Commented by pastel24 at 2015-09-27 18:52
オオスカシバ、極上に撮られています!!
これで、正面があるとパーフェクトですね
極上云々は別として、成虫は撮る機会がありますが
幼虫との同時アップとなると、みき様の独断場です。
そしてその幼虫、より極上に撮れています。
次は羽化直後の透き通っていない翅の生態写真を
期待しております。
Commented by mikiosu at 2015-09-28 03:10
umajin様
コメントありがとうございます。
オオスカシバ、キバナコスモスでタテハチョウ類を撮っている時にちょうどきてくれてラッキーでした。
幼虫は今回初めて撫でてみましたが、なかなか良い肌触りでした(笑)。
Commented by mikiosu at 2015-09-28 03:13
pastel様
コメントありがとうございます。
正面写真、ちょっと念頭になかったです。今度チャンスがあればトライしてみます。
羽化直後の姿はまだ見たことがないので、是非とも見てみたいです。まだチャンスがあるかもしれないので時々食樹をチェックしてみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード