花壇のアオスジアゲハ(2015年10月8日)

フクロウを見に行った井の頭文化園本園の花壇の花にアオスジアゲハがきていた。
フクロウを撮るために70−200ミリズームレンズをつけていたので、これ幸いと連写しまくる。
こういう花壇の花の名は分からないし、調べる気なし(笑)。名札を立てておいてもらえると助かるのだが。野の花なら少しは調べるのだけれど…。
(この花はウインターコスモスという花らしい。ご教示ありがとうございました)

写真1〜3はやや引き気味に撮ってみたもの。

▼写真1 アオスジアゲハ その1a(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12463748.jpg

▼写真2 アオスジアゲハ その1b(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_124646100.jpg

▼写真3 アオスジアゲハ その1c(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12475933.jpg


写真4、5はややアップで。

▼写真4 アオスジアゲハ その1d 開翅(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12481434.jpg

▼写真5 アオスジアゲハ その1e 側面(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12482842.jpg


写真6、7は大きく拡大してみた。

▼写真6 アオスジアゲハ その1f 前から(2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12484458.jpg

▼写真7 アオスジアゲハ その1g 側面から(2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12485569.jpg


写真8〜11は飛翔シーン。
後ろから前から撮ってみた。側面もたまたま写っていた(写真11)。

▼写真8 アオスジアゲハ その1h 飛翔中 開翅(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_1249421.jpg

▼写真9 アオスジアゲハ その1i 飛翔中 開翅(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12491497.jpg

▼写真10 アオスジアゲハ その1j 飛翔中 腹面(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12492599.jpg

▼写真11 アオスジアゲハ その1k 飛翔中 側面(ノートリミング、2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12493597.jpg


アオスジアゲハはかなり長い間花壇の花で吸蜜していた。
動きが速くてのんびりピントを合わせる暇はなかった。シャッタースピードは1/2000秒。これで飛び立つシーンも撮れたけれど、動きを出すためにもう少し遅いシャッターでも良かったかもしれない。時間はあったのだから、シャッタースピードに変化をつけて撮るべきだったかとやや反省。

同日、継続観察していたアオスジアゲハの終齢幼虫が5匹ほどいなくなっていた。蛹化のためにどこかに移動したのだろうか。同じ場所にはまだ7匹ほどの幼虫がいる。まだ前蛹の写真が撮れていないので、できればこのチャンスを生かしたい。
この日は珍しく臭角を出している個体がいた(写真12)。
臭角の付け根辺りの色が濁っているので、寄生されてしまったのかもしれない。

▼写真12 臭角を出すアオスジアゲハの幼虫(2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_12494410.jpg


撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S Nikkor 70−200mm f/4G ED VR

by mikiosu | 2015-10-08 12:49 | | Comments(4)

Commented by yurinBD at 2015-10-08 21:30
躍動感のあるアオスジアゲハの飛翔、
イキイキしていて素晴らしいですね!
パステルトーンのイエローとアオスジアゲハ
が良く似合っていますね~♪
花が何となくコスモスと似た雰囲気だな、
と感じて調べたら、ウィンターコスモスでは
ないでしょうか。ご参考まで。
Commented by mikiosu at 2015-10-09 09:03
yurin様
コメントありがとうございます。
アオスジアゲハをじっくり撮る機会は意外に少ないので、フクロウを見に行ったついでに撮れたのはラッキーでした(笑)。
ウインターコスモス、ご教示ありがとうございます。花の名前が分かるとすっきりします♪
Commented by 693 at 2016-05-02 14:01 x
いつも楽しませていただき有り難うございます。
昨日、今日と始めてアオスジアゲハの撮影に成功しましたが、少々不可解なことがありましたので、みき♂さんのブログを拝見すれば解ると思い調べさせて頂きました。
というのは、アオスジアゲハの吸蜜している姿を撮影していると、口吻には屈折点が無く真っ直ぐなように見えたからです。
写真11によると他の蝶に比べて屈折点はかなり前の方にあるのですね。
お陰様で疑問が解けました。有り難うございました(謝)。

Commented by mikiosu at 2016-05-03 04:42
693様
コメントありがとうございます。
アオスジアゲハ、確かに口吻は花にまっすぐ伸びていますね。今後は口吻の状態も気をつけて観察したいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード