300ミリで撮るシジミチョウ類(2015年10月16日)

新しい300ミリ単焦点レンズで気になるのは小さなシジミチョウ類がちゃんと撮れるかどうか。
写真1、2は街道脇の小さな草地で見つけたヤマトシジミたち。
センダングサの仲間にきていたヤマトシジミを拡大してみた(写真1)。
ややカリッとした印象の写りは、割りと好みかもしれない。

▼写真1 ヤマトシジミ♀ その1(2015年10月12日、東京郊外)
d0303129_10332753.jpg


カタバミで開翅する♀も(写真2)。
もうちょっと青鱗粉が乗っていると良かったが(笑)。

▼写真2 ヤマトシジミ♀ その2(2015年10月12日、東京郊外)
d0303129_10333782.jpg


写真3は主フィールドの花壇で見つけたベニシジミ。
ウインターコスモスで吸蜜しているのを正面から撮ってみた。

▼写真3 ベニシジミ(2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_1033466.jpg


写真4、5は同じ花壇で見つけたウラナミシジミ♂。
写真4は順光で、写真5は逆光で撮ってみたもの。
ウラナミシジミ、今季ようやく主フィールドで確認できた。例年より一か月半も遅い。と言うかどこに行ってもあまり見かけない。

▼写真4 ウラナミシジミ♂ その1a(2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_10335712.jpg

▼写真5 ウラナミシジミ♂ その1b(2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_1034591.jpg


300ミリでシジミチョウ類もしっかり撮ることができた。とは言え、小さな蝶は愛用してきた105ミリマクロレンズの方が撮りやすいことは間違いない。慣れの問題も多少はあるかもしれない。105ミリと300ミリ、どちらをメインにするかは、その日の狙い次第と言うことになろうか。

写真6はイチモンジセセリ。
セセリチョウ類も300ミリでいけそうだ。

▼写真6 イチモンジセセリ その1a–1(2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_10341856.jpg


同じ写真を拡大すると触角先端の模様まで写っていた(写真7)。

▼写真7 イチモンジセセリ その1a–2(2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_157591.jpg


写真8は萩の花にきていたキタキチョウ。
背景が大きくボケるのは300ミリならではと言えるかも。

▼写真8 キタキチョウ その1(ノートリミング、2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_10343186.jpg


写真9は東京郊外の河原で見かけたキタキチョウの集団吸水。
河原に降りて広角レンズで撮ることも考えたが、手抜きをして遠くから300ミリで撮っておしまい(笑)。

▼写真9 キタキチョウ その2 集団吸水(2015年10月12日、東京郊外)
d0303129_10344166.jpg


最後におまけ。
写真10は主フィールドの池のほとりで見つけたカワセミ。
木漏れ日があたる難しいシーンで、実際の画像はかなり暗くなってしまったのを明るく補正してある。
羽毛の1本1本まで写っているのは300ミリ単焦点ならではという感じがした。今後は野鳥を撮る機会も増えるかもしれない。

▼写真10 カワセミ♂(ノートリミング、2015年10月12日、東京近郊)
d0303129_10345140.jpg


撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2015-10-16 10:34 | | Comments(10)

Commented by ダンダラ at 2015-10-16 14:47 x
新しい300㎜レンズ、やはりシャープですね。
私も購入しようと思った時があったのですが、納期がかなりかかるので我慢できませんでした。
シジミやセセリでこのシャープさなら文句ありませんね。
Commented by mikiosu at 2015-10-16 15:16
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
あとで写真7を追加しました。うまくハマれば小さい蝶でもマクロレンズなみに撮れそうなので、積極的に使っていきたいと思っています。
Commented by nika4 at 2015-10-16 19:25 x
ニコンの300mmF4、素晴らしい写りですね。私はオリンパスの4/3を使っていますが、カリッとした写りは似ています。オリンパスの300mmF4の販売待っているのですが、遅れて来春にズレ込むとの噂です。ニコンF4へ乗り換えも考える、この頃です。
Commented by yurinBD at 2015-10-16 21:13
新しい300mm、とても鮮明な写りでとても良い
感じですね~♪細部まできっちり表現されていますね!
特に遊歩道タイプで蝶に近づけないフィールドでは
強い味方になりますね!
私も新しいレンズが欲しくなりました、レンズ沼は
深いですね(笑)
Commented by 虫愛でるミセス at 2015-10-16 21:29 x
カワセミ、可愛いです! 野鳥のアップも楽しみにしています。
Commented by pastel24 at 2015-10-16 23:12
テスト撮影の楽しさが伝わってきます。
中でも、アサギマダラのノートリ画像、構図と前後のボケ感がイイデスネ。カワセミ3m弱でしょうか? レンズ馴れしているようですね。 難しい状況下での撮影、若干の補正はしたとはいえ、鮮明です。
このレンズ、随分とコンパクトなのですね!! 数本持ち歩くフィールドでは重宝することでしょう。
小生の常用もC社ですが、300F4です。 常用と言うか、これ一本と言う感じで愛用しております。
資金の後ろ盾があり出来ることなのでしょうが、レンズの病、かなり進行しているご様子お気を付け下さいませ(笑)
Commented by mikiosu at 2015-10-17 04:27
nika様
コメントありがとうございます。
ニコンの新サンヨン、軽量コンパクトさに惹かれましたが、写りも申し分ないようです。あとはお値段ももう少し軽量になると良かったです(笑)。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 04:29
yurin様
コメントありがとうございます。
そうなんです、普段は105ミリマクロレンズで十分なのですが、近づけない場所もあるので、そういう時に重宝してくれそうです。70−200ミリズームレンズに比べてコンパクトで、収納性が良いのも魅力です。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 04:33
虫愛でるミセス様
コメントありがとうございます。
3〜4年前は、冬は結構野鳥を撮っていました。冬にフユシャクを撮るようになってからは、野鳥撮影はほとんどやめていましたが、今後は少し増えるかも…です。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 04:38
pastel様
コメントありがとうございます。
新しい300ミリ単焦点、まだ慣れていないので、積極的に使っています。
カワセミは確かに近かったです。いつもならとうに逃げる距離でした。
このレンズは従来のサンヨンに比較するとかなり軽量コンパクトなので、ボディに装着したままザックに収まるのもありがたいです。
もう当分レンズは買わないと思います。欲しいのはあと2〜3本だけだし…(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード