アサギマダラの蛹、ほか(2015年10月17日)

今日はどこに行こうかなあ(暇だし)、とやや迷っていた10月15日、思いがけなく「あかねの独り言 パート2」のあかねさんから郊外へのお誘い。
先日アサギマダラの卵を初撮りした場所で、蛹のポイントを教えてくださると言うので喜び勇んで行ってみる。

写真1はアサギマダラの蛹。
食草の裏側にいるのを、葉っぱをめくってクリップでとめて撮らせてもらった。
なるほど、クリップがあると左手で葉っぱをめくって右手で片手撮りしなくて済む。

▼写真1 アサギマダラの蛹 その1a−1(ノートリミング、2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13193285.jpg


写真2は同じ写真を拡大したもの。
銀粉を散らしたようなキラキラ感がなかなか写し取れない。
蛹の薄い緑色を出すために、ピクチャーコントロールをいつものスタンダードからビビッドに変えて撮ってみた。

▼写真2 アサギマダラの蛹 その1a−2(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_14272297.jpg


写真3は腹面側から撮ってみたもの。
羽化直前には翅が透けて見えるらしいので、また観察に行きたい。

▼写真3 アサギマダラの蛹 その1b 腹面から(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13195017.jpg

※写真1〜3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

卵はこの日も複数見られた。
写真4はコンパクトデジカメの深度合成で撮ってみたもの。
ふだんは深度合成で撮るより、顕微鏡モードの大きなサイズで撮る方が綺麗なのでそちらを使っている。

▼写真4 アサギマダラの卵 その1(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13195922.jpg

※写真4はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真5は二つ並んだ卵。
これまで見たところでは、葉裏に一個ずつ産みつけるようなので、これは別のチョウが後からきて産みつけたのではないかと推測する。

▼写真5 アサギマダラの卵 その2(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_1320957.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

尾根道を歩いているとフワフワ飛んでいる成虫の姿が。
こんなこともあろうかと持参した白いハンカチを振ってみる。
やはり効果はあるようで、かなり近くまで寄ってくる。
写真6はフィッシュアイレンズで撮った飛翔シーン。
こう見えてもかなり近くにきている。

▼写真6 アサギマダラ♂ 飛翔中(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13201945.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED&スピードライトSB-910

写真7はルリタテハの蛹。
サルトリイバラの葉っぱはほとんど食べられたようだ。

▼写真7 ルリタテハの蛹(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13203156.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

最近イネ科の葉っぱが気になると話しながら歩いていると、あかねさんがクロコノマチョウの幼虫を見つけてくれた。
写真8は10ミリくらいの幼虫。
黒猫頭が可愛い(笑)。

▼写真8 クロコノマチョウの幼虫 その1(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_13204293.jpg


するともう1匹、20ミリくらいの幼虫もいた(写真9)。
なんだか頭部の様子が変だ。よく見ると脱皮して黒い頭を脱ぎ捨てた後らしい。

▼写真9 クロコノマチョウの幼虫 その2a(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_1320548.jpg


新しい耳(角)の毛と、脱ぎ捨てた耳(角)の毛が絡まったりしていた(写真10)。

▼写真10 クロコノマチョウの幼虫 その2b(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_1321244.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

アサギマダラの蛹は初見初撮り。これだけでも成果として十分だったのに、ルリタテハの蛹、クロコノマチョウの幼虫まで見られて良かった。
その上、あかねさんには地元の美味しいお豆腐もいただいた。ありがとうございました♬
[PR]

by mikiosu | 2015-10-17 00:01 | | Comments(12)

Commented by 2008oharu at 2015-10-17 08:36
わぁ、やりましたね、アサギマダラの蛹!一度は見てみたいです。アサギマダラも卵・幼虫・蛹をコンプリートされ、素晴らしい追求の成果ですね!
Commented by himeoo27 at 2015-10-17 10:31
自然界におけるアサギマダラの蛹撮影おめでとう
ございます。この色合い、形状何とも言えない美
しさですね!
Commented by yurinBD at 2015-10-17 13:29
アサギマダラの蛹のグリーン、
素晴らしい色合いですね~♪
ピカピカと光ってますね!
クロコノマチョウ幼虫の黒猫顔、
可愛いです!
Commented by 虫愛でるミセス at 2015-10-17 18:10 x
写真10、すご~くいいです! 脱ぎ捨てた顔が直ぐ横にくっつているなんて。何度みても見あきません。
Commented by pastel24 at 2015-10-17 18:19
“ 瀟洒なるサナギ ” と言っても過言ではありません!!
羨ましいです。
一度だけ、飼育ケースの中で見た事はありますが
自然態が一番です。次は羽化に立会えるといいですね。
加えて、ルリタテハとクロコノマチョウ、素敵な みきワールド
を十分堪能させていただきました。
白いハンカチとクリップ、ポケットの入れておこうと(笑)
Commented by Sippo5655 at 2015-10-17 22:45
この時期に東京で、アサギマダラの蛹!
ここで羽化して、旅に出るのでしょうか!?
凄い~☆
本当に綺麗な蛹ですね!
クロコノマチョウの幼虫も可愛いです。
ラストのお写真は脱皮?直後??
この仮面手にとってみたいです^^
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:21
おはる様
コメントありがとうございます。
アサギマダラは産卵シーンや交尾シーンをまだ見ていないので、何とかしたいところです。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:22
himeoo様
コメントありがとうございます。
どうも肉眼で見たような美しさが写真では再現できていません。もう一回撮りに行きたいです。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:24
yurin様
コメントありがとうございます。
アサギマダラの蛹、色合いもさりながら、キラキラしていました。眼福ですね♪
クロコノマチョウ幼虫も思いがけず面白いところが撮れました。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:25
虫愛でるミセス様
コメントありがとうございます。
クロコノマチョウ幼虫、こんな風に頭を脱ぐようです。最初は脱いだ頭を食べちゃうのかと思いましたが、そうではなかったようです。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:27
pastel様
コメントありがとうございます。
蛹はもうちょっと綺麗に撮りたかったです(苦笑)。
蛹以外にもいろいろ収穫があり、楽しい一日でした♪
白いハンカチ、思った以上に効果がありました。また試したいです。
Commented by mikiosu at 2015-10-17 23:30
Sippo様
コメントありがとうございます。
アサギマダラ蛹は昨冬(と言うか今春)撮り損なっているので、この秋に見られて嬉しいです。
そういえば早く羽化しないと旅立ちが遅くなってしまいますね。何だか心配になってきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード