ホトケノザにきた蝶たち(2015年11月12日)

ムラサキツバメの集団を見つけたプチ遠征先の公園外れには、ぺんぺん草のほかにホトケノザが咲いていた。
ひとけのない草むらに蝶が何匹かきて、吸蜜にいそしんでいた。

写真1、2はモンキチョウ。

▼写真1 モンキチョウ その1a(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1331942.jpg

▼写真2 モンキチョウ その1b(2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1332986.jpg


写真3はキタキチョウ。

▼写真3 キタキチョウ その1(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1334084.jpg


別個体のキタキチョウを20ミリレンズで撮ってみた(写真4)。

▼写真4 キタキチョウ その2(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1334940.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

写真5、6はツマグロヒョウモン♂。

▼写真5 ツマグロヒョウモン♂ その1a(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1335827.jpg

▼写真6 ツマグロヒョウモン♂ その1b(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_134859.jpg


写真7は地面で開翅するヒメアカタテハ。

▼写真7 ヒメアカタテハ その1a(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1342257.jpg


ヒメアカタテハもホトケノザにきてくれた(写真8)。

▼写真8 ヒメアカタテハ その1b(2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1343251.jpg


写真9は歩いて帰る途中で見かけたモンシロチョウ。
こんなところでお休みモードなのか、動く気配がないので20ミリレンズで撮ってみた。

▼写真9 モンシロチョウ(ノートリミング、2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1344448.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

今季はもうホシミスジの成虫は見られないようだ。
蛹の姿はまだあったが、羽化してくれるかどうかちょっと怪しい。
写真10は幼虫の巣。これが越冬巣かどうかは分からない。またついでがあったら観察したい。

▼写真10 ホシミスジ幼虫の巣(2015年11月11日、東京近郊)
d0303129_1345792.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2015-11-12 23:59 | | Comments(2)

Commented by Sippo5655 at 2015-11-13 21:40
春の花が秋にまた咲く現象・・・
なんかもう、当たり前のようになってしまいましたよね。
チョウチョたちにとっては、お花の選択肢が増えて
嬉しいことなのかな?
今季は遅くまで、越冬しない蝶も頑張っていますね。
それでも、日に日に出会う蝶の数が減っていることを
実感します。。

ホシミスジ また来年も会いたいな(^-^*)
Commented by mikiosu at 2015-11-14 01:23
Sippo様
コメントありがとうございます。
ぺんぺん草やホトケノザは久し振りに見たので、ちょっと新鮮な気分になりました(笑)。
成虫越冬以外の蝶を見るのは、ぼちぼち最後かもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード